メニューを開く
アスタリフト;

奥二重の美しいアイラインのつくり方!【必見!】アイラインの引き方&選び方!

奥二重 アイライン「奥二重だとアイラインを引くバランスが難しいし、引いてもすぐににじんでしまう…。」とお困りではありませんか?

奥二重タイプのアイラインは引き方を間違えてしまうと、逆に目を小さく見せてしまったり、すぐ、にじんでしまうなどコツをつかまないとなかなか難しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、奥二重の方必見!アイラインの上手な引き方&選び方についてご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.奥二重タイプのアイライナーを選ぶポイント

奥二重タイプの方は、綺麗なアイラインを維持するためにもアイライナー選びが大切なポイントです。たくさん種類のあるアイライナーから、奥二重を美しく魅せるためには何でもOKというわけではありません。
奥二重タイプの方は、まぶたにやや厚みがあるのでアイラインがにじみやすく取れてしまうこともあります。

アイライナーを選ぶ際は「素早く乾く(速乾性)」「にじみにくい」「ウォータープルーフ(汗に強い)」という特徴を持つものを選びましょう。

アイライナーの中でも奥二重に適しているのはリキッドタイプのアイライナーです。リキッドタイプのアイライナーは難しく感じるかもしれませんが、素早く乾き、にじみにくく、皮脂に強いメリットがあります。

ペンシルタイプのアイライナーと比較すると書きにくいイメージがありますが、引き方のコツさえつかめば誰でも簡単に引くことができます。

奥二重タイプの方は、上記3つのポイントをクリアした「リキッドタイプのアイライナー」を使うことをおすすめします。

【おすすめアイライナー】
POLA ミュゼルノクターナルアイライナーリキッド
ttttttttくっきりとしたつややかなラインが描ける、筆ペンタイプのリキッドアイライナーです。

皮脂・汗に強いウォータープルーフタイプでありながら、ぬるま湯で落とすことができます。

POLA 公式HPはこちら

資生堂 インテグレート キャットルックリキッドライナー
インテグレート キャットルックリキッドライナーラインを描きやすい極細で短めな筆が特徴的な、筆ペンタイプのリキッドアイライナーです。

にじみにくいウォータープルーフタイプで、くっきりとしたラインを引くことができます。

資生堂 公式HPはこちら

Pocket
LINEで送る