メニューを開く

奥二重の美しいアイラインのつくり方!【必見!】アイラインの引き方&選び方!


Pocket
LINEで送る

奥二重 アイライン
「奥二重だとアイラインを引くバランスが難しいし、引いてもすぐににじんでしまう…。」とお困りではありませんか?

奥二重タイプのアイラインは引き方を間違えてしまうと、逆に目を小さく見せてしまったり、すぐ、にじんでしまうなどコツをつかまないとなかなか難しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、奥二重の方必見!アイラインの上手な引き方&選び方についてご紹介します。


1.奥二重タイプのアイライナーを選ぶポイント

奥二重タイプの方は、綺麗なアイラインを維持するためにもアイライナー選びが大切なポイントです。たくさん種類のあるアイライナーから、奥二重を美しく魅せるためには何でもOKというわけではありません。
奥二重タイプの方は、まぶたにやや厚みがあるのでアイラインがにじみやすく取れてしまう事もあります。

アイライナーを選ぶ際は①「素早く乾く(速乾性)」・②「にじみにくい」・③「ウォータープルーフ(汗に強い)」特徴のものを選びましょう。

アイライナーの中でも奥二重に適しているのはリキッドタイプのアイライナーです。リキッドタイプのアイライナーは難しく感じるかもしえませんが、素早く乾き、にじみにくく、皮脂に強いメリットがあります。

ペンシルタイプのアイライナーと比較すると書きにくいイメージがありますが、引き方のコツさえつかめば誰でも簡単に引くことができます。

奥二重タイプの方は、上記3つのポイントをクリアした「リキッドタイプのアイライナー」を使うようにしましょう。
tttttttt

POLA ミュゼルノクターナルアイライナーリキッド

2.奥二重を活かす!アイラインの引き方

奥二重タイプの方のアイラインの引き方は、他のタイプと異なるポイントがあります。

引き方を間違えてしまうと、目が小さく見えてしまったり、目元がにじみやすくなるので注意しましょう。

2-1.【基本】の奥二重アイラインの引き方

<アイラインを引く部分>
アイライン02

アイライン01

<奥二重アイラインの引き方>
1.まぶたを軽く引っ張り、アイライナーでまつ毛とまつ毛の間をしっかり埋めることを意識しながら【中央⇒目尻】へ向かってアイラインを引いていきます。

この時アイラインは極力細めに引いて、一気に引かずに少しずつ動かします。ポイントは力を加えないこと!筆先を押しあてるときは先端だけにすると失敗せずに太さを調整することができます。
おくふたえ3
参考:AllAboutBeauty

2.【目頭⇒中央】へ向かってアイラインを引いていきます。この時もアイラインは細く引いて、先ほど引いたアイラインに繋げていきます。

3.次に【目尻】のみ、少し太めにアイラインを書き足します。あまりハネ上げず目尻の延長線上に引くのがポイントです。
奥二重
参考:AllAboutBeauty

4.まつげの間がアイラインで埋まっているかを確認し、足りない部分は書き足します。

5.目を開けた時に、まつげの間が埋まっていて二重幅にかぶっていなければ完成です。
allabout奥二重
参考:AllAboutBeauty

■奥二重タイプのアイラインを引くポイント
・まつげの間をしっかり埋める
・二重幅にアイラインを入れない
・目の際に細くアイラインを入れて目尻に向かって太くする

2-2.【応用】奥二重を活かすアイライン&アイメイク

次に「なりたい仕上がり」に合わせた奥二重のアイラインの引き方とアイメイク法をご紹介します。

■より目元を大きく見せたい!

より目元を大きく見せたい場合は、下まぶたの目尻3分の1部分に茶系のアイライナーかアイシャドウを入れると、自然と目元を大きく見せることができます。

下まぶたに黒のアイライナーやアイシャドウを使用すると、キツイ印象になってしまうので、やわらかな印象を演出したい時はブラウン系がおすすめです!

■目元を優しく見せたい!

目元を優しく見せたいナチュラルに見せたい場合は、アイラインは茶系を選びましょう。アイラインの良さを生かしつつも抜け感のある柔らかい印象になります。

3.奥二重でもにじまない!パンダ目を防ぐ対策方法&対処法

f107317ea8f07dee3bcb99ca8ef5be79_s
アイラインがにじみ、目周りが黒くなってしまう「パンダ目」はお化粧直しも大変です。

奥二重まぶたの場合は一重まぶた同様にアイラインがにじみやすくパンダ目にもなりやすいので、パンダ目にならない【対策法】と【対処法】を理解していきましょう。

3-1.奥二重のパンダ目を対策する2つのポイント

■アイメイクを行う前は目元にしっかりとパウダーをのせてサラサラな状態にする

眉_整え方03

アイライナーがにじんでしまう主な原因は、まばたきをしている時にアイライナーの成分が目元の油分(乳液や下地の過剰な油分)と混ざり合って付着してしまうからです。

メイクを行う前は、目元の過剰な油分を取り除きましょう。

■アイライナーを引いた後にもう一度アイシャドウを重ねる

アイメイクの順番は①アイシャドウ②アイライナーですが、アイラインを引いた後にもう一度アイラインの部分に軽くアイシャドウをのせると密着度が高くなるので、アイラインが落ちにくくなります。

3-2.パンダ目の対処法

513e35e564517c1753d0c6f382a302dd_s
パンダ目の状態は、軽い状態であれば綿棒で簡単にオフすることが可能です。

かなり目元が真っ黒になってしまった場合は、乳液を付けた綿棒で軽くまぶたをなぞると簡単にオフできます。

その後は、リキッドファンデーションを1滴程つけた綿棒で軽く下まぶたを伸ばしてお粉を目元にのせましょう。メイク直後のような綺麗な仕上がりになります。

4.まとめ

奥二重タイプの方は目の形に合わせた引き方を行うと、簡単かつ綺麗でにじまないアイラインを仕上げることができます。

引き方のポイントを意識して綺麗な状態のアイラインをキープしていきましょう!

この記事は2016年5月29日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る