メニューを開く

美人眉への近道!アイブロウの使い方をマスターしよう


Pocket
LINEで送る

アイブロウ 使い方
「アイブロウってどうやって使ったらいいんだろう」「自己流のアイブロウの使い方に自信がないな」とお悩みではありませんか?

顔の印象を左右する眉メイクに欠かせないアイブロウアイテムですが、種類や特徴を活かした使い方をすることで簡単にキレイな眉を描くことができます。

今回はアイブロウの使い方の、知っているようで知らないアイブロウの特徴を生かした使い方についてご紹介します。


1. 知っておきたい!アイブロウ主要4アイテムの使い方

アイブロウには主に4種類のアイテムがあります。
そして、各々のアイテムには得意とする使い方があります。

何を使うかは眉毛の量や仕上がりの好みにもよりますが、ここではそれぞれの特徴と使い方についてご紹介します。

①アイブロウペンシル

pola アイブロウ
(参考 画像出典:POLA

アイブロウペンシルは、部分的に薄い箇所などを繊細なラインで埋めるときに使います。
眉のフォルムを描くときなどにも適しています。

アイブロウペンシルで隙間を埋めるような使い方をすることで眉毛1本1本が自然に生えているように見せることができます。

アイブロウペンシルはアイライナー同様、えんぴつ、カートリッジ(繰り出し式)等のタイプがあります。

芯の柔らかさや形など、バリエーションも豊富なので好みに合わせて選んでみましょう。

②アイブロウパウダー

pola アイブロウパウダー
(参考 画像出典:POLA

アイブロウパウダーは自然なグラデーションを利用してふんわり感や立体感を出すときに使います。

ナチュラルにボリュームを出したい時などにも、アイブロウパウダーがおすすめです。

多色パレットになっているアイブロウパウダーは、髪色などに合わせて色を混ぜる使い方もできます。

単色使いで眉の薄い部分や濃い部分などにプラスするなど、色味を調節するときにも良いでしょう。

③アイブロウリキッド

資生堂インテグレートアイブロウリキッド
(参考 画像出典:資生堂

リキッドタイプのアイブロウは、繊細なラインで細かな部分を描き足すときに使います。

筆ペンのようなタイプで、比較的色持ちもよいため時間の経過とともに落ちやすい眉尻を描く場合にも活躍します。

アイブロウペンシルに比べて、発色に透け感があるのが特徴です。

④アイブロウマスカラ

資生堂アイブロウマスカラ
(参考 画像出典:資生堂

眉色を明るくチェンジさせるカラーリングアイテムで立体感を出したり、髪色などに合わせて使います。

ブラシがコームタイプになっているものは、マスカラ液が毛に絡み濃い眉を柔らかい印象にしてくれます。

アイブロウマスカラを使うことでふんわりと自然な眉を演出することができます。

2. 美人眉を目指せる!アイブロウ基本の使い方

自然で美しい眉メイクの完成度を高めるには、複数のアイブロウを併用することがおすすめです。
それぞれのいいとこ取りをすることで、より美眉に仕上げることができます。

ここではまず、基本である2アイテムを中心に、アイブロウの使い方をご紹介します。

■使用するアイテム

①アイブロウペンシル(芯が柔らかく淡めの色)

<初心者にもおすすめの参考アイテム>
POLA ミュゼル ノクターナル アイブロー ペンシル
POLAミュゼル ノクターナル アイブロー ペンシル
◆ホルダー・リフィル別売り
◆全2色

②アイブロウパウダー

<初心者にもおすすめの参考アイテム>
POLA ミュゼル ノクターナル アイブロー パウダー
pola アイブロウパウダー
◆パレット一体型(リフィルなし)
◆ブラシ付き

・アイブロウマスカラ(自分の髪色とアイブロウに合わせた色)

・スクリューブラシ

資生堂スクリューブラシ
(参考 画像出典:資生堂

■アイブロウの使い方

①スクリューブラシで毛流れを整えます。
2眉
②まず眉毛が薄い部分や眉尻に、アイブロウペンシルで1本1本毛を増やすように描き足していきます。
眉3
眉尻など前髪が触れて落ちやすい部分や、眉毛が生えていない部分などにはアイブロウペンシルを使うのがおすすめです。

③アイブロウパウダーで眉の中央⇒眉尻⇒眉頭の順に描いて自然な眉感を出していきます。
眉4
アイブロウパウダーはふんわりとナチュラルな眉に仕上げることができます。

★眉頭はアイブロウパウダーで、眉頭より2mm程離した部分から眉頭に向かって描くと自然に仕上がります。
一気に引かず細かくブラシを動かして描くと自然なグラデーションができます。
5眉

④ 眉マスカラを毛の流れに逆らってつけ、その後眉毛の流れに沿って眉毛を整えるようにつけます。
11眉
自眉とアイブロウパウダー&ペンシルが自然になじむようにします。

⑤ブラシで整えたら完成です。

3. アイブロウの使い方+αテクニック

アイブロウの使い方がわかったところで、知っておきたい+αテクニックについてご紹介いたします。

①フェイスパウダーを活用する

フェイスパウダー 
ベースメイクでリキッドファンデーションやBBクリームなどを使用するときには、眉部分には控えめにするとよいでしょう。

油分などの浮きをフェイスパウダーで軽く押さえて肌表面をサラサラにすることで、アイブロウで仕上げた眉の持ちがよくなりおすすめです。

②利き手と逆の眉から描く

天秤
眉メイクで難しいことといえば、左右対称に描くということです。

眉を描く時は、利き手と反対の眉から描いていくのがおすすめです。
例えば、右利きの方は左の眉から描くということです。

利き手と逆の眉の方が描きづらいので、それに合わせて利き手側の眉を描いた方が仕上げやすくなります。

また、大きめの鏡を見ながら全体のバランスをチェックすると良いでしょう。

4. まとめ

アイブロウの使い方は難しいイメージがありますが、複数のアイブロウアイテムを使うことで自然な眉を完成させることができます。

それぞれのアイブロウの特徴を上手に生かして、使ってみましょう。

※この記事は2016年2月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る