2017年9月1日 更新

膝の黒ずみのお手入れ方法|膝に生活感なんていらない!

膝の黒ずみをとる方法
夏が来ると、ショートパンツを履いたり、水着になったりする機会が増えますが、鏡の前でふと自分の膝の黒ずみが気になったことはありませんか?
膝の黒ずみに、生活感や老化を感じるなんていう厳しい意見もあります…。

膝の黒ずみが気になって、対処方法をお探しの方に必要なのは、古い角質のお手入れと日ごろの対策です。

今回は、古い角質のお手入れ方法と黒ずみの原因、日ごろの対策をご紹介します。

夏本番がやってくる前に、今から丁寧なお手入れを始めましょう。



1.膝の黒ずみのお手入れ方法|重曹によるお手入れ

膝の黒ずみをとる方法膝が黒ずんで見えているのは、古い角質が分厚くなっていることや、色素沈着などが主な原因として考えられています。

膝の黒ずみ度合いや原因などによっては、皮膚科や美容クリニックに相談すべき場合もありますが、「とりあえず自力でお手入れしたい」という方は、重曹を使った古い角質のお手入れを始めてみてはいかがでしょうか?

重曹は、スーパーマーケットなどでも手に入るので、手軽に始めることができるでしょう。

ここでは、重曹を使った膝のお手入れ方法をご紹介します。古い角質を取り除き、すこやかな肌にしていきましょう。

◆用意するもの

・重曹(肌に直接触れるものなので、掃除用ではなく、食用の重曹がおすすめです。食用のほうが粒子が細かいと言われていることからも、お手入れ用には食用の重曹がよいでしょう。)
・水
・化粧水(顔に使っているものでOK。)
・保湿クリーム(顔に使っているものでOK。)

※ひどく手荒れしている方などは、スクラブが肌に負担をかけないように、念のため手袋などで保護してからお試しください。

◆手順

重曹を使ったお手入れの手順をお伝えします。

①重曹大さじ1杯に、水を小さじ1杯程度加えて、混ぜ合わせ、重曹ペーストを作ります。

膝の黒ずみをとる方法もしもペーストが固すぎたら、水を少しずつ足して調節してみてください。

②膝の黒ずみの気になるあたりに、重曹ペーストを塗り、マッサージするようになじませます。

膝の黒ずみをとる方法手の指のはらで、円を描くようにやさしくマッサージします。ゴシゴシとこすらず、やさしく丁寧になじませるようにしましょう。

③洗い流します。

膝の黒ずみをとる方法重曹が肌に残らないようによく洗い流します。

④タオルでやさしく水分を拭き取ります。

膝の黒ずみをとる方法ここでも、ゴシゴシとこすって強い摩擦を与えないように気をつけましょう。

⑤化粧水でうるおいを与え、保湿クリームで肌を保護します。

膝の黒ずみをとる方法膝の角質が非常に厚く硬いと感じる場合は、顔用の保湿クリームではなく、ひじやひざ用の保湿クリームを試してみるのもおすすめです。

◆注意点

足 ダイエット重曹でのお手入れは、毎日行うものではありません。1週間以上間隔を空けて行うようにしてください。

月に1~2回のペースで続ければ、古くなった角質が洗い流され、徐々に肌をすこやかに整えることが期待できるでしょう。

重曹やスクラブでのお手入れとあわせて、第3章で紹介する日ごろの対策を行いましょう。

2.膝の黒ずみのお手入れにおすすめ!ボディスクラブ5選

膝の黒ずみをとる方法膝の黒ずみのお手入れは、市販のボディスクラブを使って行うこともできます。

ボディスクラブは、古い角質を取り除いて肌をなめらかにするだけでなく、肌をやわらげることも期待できます。また、保湿成分などが配合されているものも多く、ボディ全体のケアもできるのが魅力です。

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたいボディ用スクラブをご紹介します。今回は、ジャータイプのボディスクラブを選んでみました。

ハウスオブローゼ Oh! Baby ボディ スムーザー N

Oh!Baby (膝の黒ずみをとる方法)

やさしくマッサージするだけで、全身つるつる・すべすべのボディに導くボディスクラブです。
3種のスクラブ*が肌を清浄にして、マッサージにより古い角質をやさしく取り除きます。*硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム

公式HPはこちら

サボン ボディスクラブ パチュリラベンダーバニラ

SABON ボディスクラブ(膝の黒ずみをとる方法)

ミネラル豊富な死海の塩をベースにつくられたボディスクラブです。
シルクのようななめらかでつるつるの肌に磨き上げます。甘くてやわらかなパチュリラベンダーバニラの香り。

公式HPはこちら

ラリン ボディスクラブ チェリーブロッサム

ラリン ボディスクラブ(膝の黒ずみをとる方法)

死海のミネラルソルトを使用した、首から下の全身に使用できるボディスクラブです。
しっとりすべすべのなめらか肌に導きます。咲き誇るサクラをイメージした上品な香り。

公式HPはこちら

マークス&ウェブ ハーバルマッサージスクラブ ラベンダー/ゼラニウム

マークス&ウェブ(膝の黒ずみをとる方法)

無機塩の粒子を使用した、マッサージしながら使用するボディスクラブです。
古い角質をやわらかくして落とし、すべすべに整えます。ラベンダーとゼラニウムの精油の香り。

公式HPはこちら

ジョバンニ シュガーボディスクラブ

ジョバンニ シュガーボディスクラブ

オーガニックシュガーと細かくなめらかに砕いたクルミの殻を使用したボディスクラブです。
不要な角質をやさしくオフし、うるおったなめらかな肌に整えます。チョコレートの甘い香りに包まれてボディケアを楽しめます。

公式HPはこちら

★ボディスクラブの使い方について知りたい方はこちらの記事をチェック!

3.膝の黒ずみの原因

膝の黒ずみの主な原因は、「摩擦」「日焼け」の2つと言われています。

①摩擦

膝の黒ずみをとる方法膝に摩擦を与えると、外部影響から肌を守るために角質が厚くなると同時に、肌を守ろうとメラニン色素が作られ、黒ずみにつながると考えられています。

②日焼け

膝の黒ずみをとる方法日焼けは、ご存じの方も多いかもしれませんが、メラニン色素を発生させてしまうため、膝の黒ずみにつながってしまう場合もあるようです。

4.膝を黒ずませないための、日ごろの対策

膝の黒ずみをとる方法日ごろから、膝を黒ずませない対策を取り入れることも大切です。

膝の黒ずみの原因となる「摩擦」「日焼け」、を防ぐ対策を行いましょう。それぞれについてご紹介しますので、膝の黒ずみが気になる方はぜひ取り入れてみてください。

4-1.「摩擦」の原因となる行動をやめる

膝の黒ずみを避ける第一歩は、摩擦を避けることです。摩擦は、主に生活習慣から起きているものが多いとされています。

下記を参考に、摩擦を起こすような行動を見直すようにしましょう。

・座敷などで膝立ちで移動しない
・正座を避ける
・立ったり座ったりする際に、膝をつかない
・足を組まない
・ナイロンタオルでゴシゴシ強くこすって洗わない
・スキニージーンズなど、素材が硬くぴったりしたボトムはできるだけ避ける
・膝が出るミニスカートやショートパンツのときは膝を擦らないよう気を付ける

日本人は生活スタイルの影響で、膝が黒ずみやすい部分もあると言われていますが、できる範囲で気をつけることが大事です。

4-2.「日焼け」させない

膝の黒ずみをとる方法膝は関節部分なので、伸び縮みに対応するために皮膚がじゃばらのようになっていて、そもそも少し黒ずんで見えやすいと言われています。日焼けによってメラニン色素が作られると、さらに膝が黒ずんで見えると考えられています。

日焼け止めを塗る、または紫外線が膝に直接あたらないように膝の隠れる丈のボトムスを履くなどして、膝が日焼けしないように気をつけましょう。
ちょっとした買い物の際のショートパンツスタイルなども、膝が出ているので、要注意です。

【参考商品】
ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

紫外線から肌を守る、みずみずしい使い心地の日焼け止めです。(SPF30/PA+++)
肌に負担のかかりにくいマイルドな設計で、専用クレンジング不要です。紫外線吸収剤フリー。

公式HPはこちら

上記2つの対策を行いつつ、スペシャルケアとして、重曹やスクラブを使った古い角質のお手入れを実践してみてください。

正直、時間はかかるかもしれませんが、根気強く続けてみましょう。

5.まとめ

肌の露出が特に多い夏。
せっかくおしゃれをしても、ダイエットやマッサージをして美脚を手に入れても、膝が黒ければあなたの魅力がダウンしてしまうかもしれません。

ぜひ、日ごろから膝の黒ずみをお手入れして、生活感のないような美しい膝を目指してみてください。