メニューを開く
アスタリフト;

マスカラ下地は必要?!おすすめのマスカラ下地と選ぶポイント

マスカラ下地
マスカラ下地を使ってまつげのメイクしてますか?
マスカラだけでまつげのメイクをしている方も多いのではないでしょうか。

マスカラ下地には様々な魅力があり、より印象的な目元を作ることが可能です。

しかしマスカラ下地はたくさん種類があり、商品ごとに異なる特徴を持っています。
そこで今回はマスカラ下地の魅力や、マスカラ下地を選ぶポイント、おすすめのマスカラ下地をご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.マスカラ下地の魅力

マスカラ下地は、マスカラの働きをサポートしてくれるものです。
「マスカラベース」と呼ばれるものも、マスカラ下地と同じものです。

マスカラ下地の主な働きは、

・まつげのカールをキープする
・まつげの長さを出す
・ボリュームを出す
・まつげケア

…などがあります。

マスカラの前にマスカラ下地を塗ることで、より印象的なまつげを作ることが可能です。

見た目の他にも、マスカラの付きがよくなり、マスカラが塗りやすくなるという点もあります。
特に、マスカラが塗りづらい下まつげにマスカラ下地を塗ると、マスカラが塗りやすくなります。
また、マスカラ下地を塗ることで、マスカラが落ちるのを防いでくれます。

2.マスカラ下地を選ぶポイント

マスカラ下地は、機能と使いやすさで選びましょう。

2-1.働き

マスカラ下地の主な働きは以下の通りです。

・カールをキープする(カールタイプ)
・長さを出す(ロングラッシュタイプ)
・ボリュームを出す(ボリュームタイプ)
・まつげケアをする  など

マスカラ下地だけではなく、お使いのマスカラとの組み合わせ次第で、より自分好みのまつげに近づくかもしれません。

①カールをキープする(カールタイプ)

カールを一日キープさせたい、ビューラーをしてもまつげが落ちてきてしまう、という方におすすめのタイプです。

②長さを出す(ロングラッシュタイプ)

まつげが短い、まつげに長さを出したいという方はロングラッシュタイプの下地を選びましょう。

③ボリュームを出す(ボリュームタイプ)

まつげにもっとボリュームを出したい、密度の濃いまつげにしたいという方は、ボリュームタイプのマスカラ下地を選ぶことをおすすめします。

④まつげをケアする

マスカラはしっかり使いたいけどまつげを痛めたくないという方は、美容成分などが入ったまつげケアもできるマスカラ下地を選ぶと良いでしょう。

複数の働きをもつマスカラ下地は多くありますので、お好みのものを選んでみてください。

また、今お使いのマスカラと違う働きをもつマスカラ下地を選ぶのも良いでしょう。

たとえば、長さを出してカールもキープしたい!という場合は、カールキープタイプのマスカラ下地+ロングタイプのマスカラというように組み合わせで使うのもおすすめです。

2-2.使いやすさ

マスカラ下地の使いやすさは、色と先端の形状で決めるのが良いでしょう。
マスカラ下地

マスカラ下地の主な色・形状は以下です。

色:透明、白、黒
先端の形状:ブラシ型、コーム型

~色~

①白

色が白いものは、マスカラ下地をしっかり塗りたいという方におすすめです。
透明や黒のものよりも、塗ったことが分かりやすいので、しっかりと下地を塗りたい方は白いものを選ぶと良いでしょう。

白い下地は、下地の後にうまくマスカラが付かないと、まつげが白く見えてしまうことがありますので、マスカラを丁寧に塗るようにしましょう。

②透明・黒

マスカラ下地が白く残りやすい方などは、透明・黒のものをおすすめします。

黒・透明のものは塗れたかどうか見えにくいかもしれませんが、下地以外にトップコートとして使用できるものもありますので試してみて下さい。

~形状~

マスカラ下地の先端の形状はブラシ型・コーム型の2種類です。
現在販売されているマスカラ下地では、ブラシ型のものが多いです。

先端は、ブラシ・コームが小さいものの方が、端のまつげまで塗りやすいです。

①ブラシ型

ブラシ型のものはまつげに密着しやすく、楽に塗ることができます。
多くのマスカラと同じ形状なので、ブラシ型のものは比較的使いやすいでしょう。

まつげ同士が束のようにくっついてしまうこともありますので、1本1本分かれた状態のまつげにしたい方は、コーム型の方がキレイに仕上がりやすいです。

②コーム型

クシ状になっているので、1本1本キレイに分かれたまつげにしやすいです。
ブラシ型に慣れている方の場合、下まつげが少し塗りにくいかもしれませんが、コツをつかめばキレイに塗れるようになります。

他にもウォータープルーフかどうかという点なども、マスカラ下地を選ぶポイントになります。
にじんだり落ちてしまうのは避けたいという方は、ウォータープルーフタイプを選ぶと良いでしょう。

次の『3.おすすめのマスカラ下地』で、おすすめの商品を紹介しますので、求める働きや形状でマスカラ下地を選んでみてください!

Pocket
LINEで送る