2019年9月3日 更新

下まつげのマスカラ、もう落ちないにじまない!塗り方の基本やおすすめを解説

下まつげ マスカラ

マスカラが上手に塗れない、にじんでパンダ目になってしまう、きれいに落とせない…など、下まつげのマスカラの使い方でお悩みではないでしょうか?

きれいに塗るのが難しいイメージのある下まつげですが、これからご紹介するコツをおさえれば理想の仕上がりに近づけるかもしれません♡

今回は、基本の塗り方から失敗してしまったときのポイント、おすすめのマスカラまで徹底的に解説いたします!

1.下まつげにマスカラを塗るメリット

下まつげ マスカラ下まつげがしっかり広がっていると、目から下の部分の肌の面積が狭く見え、目元の縦幅も強調されます。また、マスカラを塗らない場合よりも顔のパーツの重心がやや下がるため、キュートな印象を与えやすくなります。

下まつげにマスカラを塗るメイクは、小顔効果を求める方や目を大きく見せたい方、キュートな印象に仕上げたい方にぴったりです♡

2.下まつげのマスカラ|基本の塗り方

下まつげ マスカラ おすすめ 塗り方 にじむ ビューラーまず、基本的な下まつげのマスカラの塗り方をご紹介します。

★全体的なマスカラの塗り方についてはこちらをご覧ください。

●用意するもの

・ティッシュ
・マスカラ
・スクリューブラシ(眉や目元を整えるブラシ)

●下まつげのマスカラ|基本の塗り方

① スクリューブラシで下まつげをとかします。
② マスカラの液だまりをティッシュオフします。
マスカラ ティッシュオフ 使い方容器のふちで液だまりをしごくと、マスカラ液が乾いてこびりつき、ダマの原因になることがあるので気をつけましょう。

③ マスカラを下まつげの根元から先端に向かって放射状に塗っていきます。
下まつげ マスカラ 塗り方 使い方 ①④マスカラを縦に持ち替えて、1本1本伸ばすように丁寧に塗っていきます。
下まつげ マスカラ 塗り方 使い方 ②さらに目元を大きく見せたい方は、中央の部分を2度塗りするとボリュームが出るのでおすすめです。逆に目元に横幅感を出したい方は目尻の部分を2度塗りしましょう。

3.下まつげのマスカラ Q&A

下まつげにマスカラを塗っているとき、もしくは塗った後、「あ、どうしよう!」と困った経験はありませんか?ここでは、下まつげメイクでよく上げられるお悩みの解決方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

◆下まつげがくっつく(ダマになる)

マスカラ コーム下まつげにつけたマスカラがダマになってしまったときは、乾ききる前にコームでとかしてダマをとりましょう。

マスカラ コーム 1またマスカラを何度もボトルに出し入れすると、ブラシに付き過ぎてしまったり、マスカラ液の劣化につながったりする可能性があります。ダマができやすくなる原因にもなるので注意しましょう。

マスカラの使用期限については、【6.マスカラの使用期限】でご説明します。

◆下まつげにボリュームを出したい

●下まつげ全体のボリュームを出したい場合

下まつげ マスカラ 塗り方 使い方 下地下まつげが短めでボリュームが出にくい方は、下まつげ全体にマスカラ下地を使うことをおすすめします。下地を塗った後、乾いてからマスカラを重ねましょう。まつげ1本1本にボリュームと長さを出すことができます。

●関連記事
マスカラ下地のおすすめ&メイクポイント

●下まつげをより強調したい、束感が欲しい場合

下まつげ マスカラ 塗り方 使い方 ピンセット下まつげをより強調させたい場合は、ピンセットで束感を出すことをおすすめします。方法はとてもシンプルで、下まつげを2~3本ずつピンセットで挟んで束にするだけです。

目の中央部分から左右に向かって少しずつ束をつくっていくと、目元のバランスも崩れにくくなります。お人形のようなパッチリした目元を目指したい方は、ぜひ試してみてください。

◆下まつげがうまく下がらない

下まつげ マスカラ 塗り方 使い方 ビューラー下まつげがうまく下がらないときは、ビューラー(アイラッシュカーラー)を使用しましょう。上まつげとは逆さまにビューラー(アイラッシュカーラー)を構え、下まつげを何回か挟むだけです。

はじめはやりにくさを感じるかもしれませんが、何回か練習するうちに慣れてくるかと思います。うまくできない場合は、下まつげ専用につくられたものかホットビューラーを活用してみるのもよいでしょう。

◆下まつげのマスカラがにじむ(パンダ目)

●マスカラがにじんでパンダ目になってしまった場合

下まつげ マスカラ 塗り方 使い方 綿棒 パンダ目 にじむマスカラがにじんでパンダ目状態になってしまった場合は、乳液かリムーバーでしめらせた綿棒で軽く撫でるようにオフしましょう。まつげに触れてしまうとマスカラが落ちてしまうので、気をつけてください。
取り除いた箇所にはパウダータイプのアイシャドウを軽く乗せておくとにじみにくくなります。

マスカラがにじんでしまう主な原因は、過剰な油分です。
乳液など油分の多いスキンケアアイテムはまつげに過剰につかないよう気を付け、マスカラをつける前には上下のまぶたにフェイスパウダーなどを重ねてサラサラな状態にしておきましょう。

●マスカラがまぶたに付いてしまった場合

マスカラがまぶたに付いてしまった場合も、パンダ目状態になってしまったときと同様に綿棒で修正します。

ウォータープルーフタイプのマスカラであれば、先ほどと同じく乳液などをつけてオフしましょう。お湯落ち(フィルム)タイプの場合は、まぶたについてしまったマスカラが乾くまでいったん待ちます。乾いた後に何もついてない綿棒で軽く撫でるだけで簡単に落とすことができます。

下まつげ マスカラ 塗り方 使い方 トップコートマスカラがまぶたに付いてしまう主な原因はマスカラとまぶたの接触です。

特に元のまつげが長い方はまつげがまぶたに接触しやすいので、マスカラを塗った後にマスカラ用の透明トップコートを使うのもよいでしょう。まつげに塗ったマスカラがコーティングされ、にじみにくくなることが期待できます。

●関連記事
マスカラトップコートのおすすめ

◆下まつげのマスカラがきれいに落ちない

しっかりマスカラを塗った日、お風呂上がりに鏡を見たら下まぶたが真っ黒!なんて経験をしたことはありませんか?

まつげ美容液 効果 ランキング 画像 塗り方 おすすめウォータープルーフマスカラの場合は、全顔用のメイク落としとは別にポイントメイクリムーバーを使いましょう。

お湯落ち(フィルム)マスカラの場合は、顔を洗うときにしっかりぬるま湯でなじませるようにしてください。38度~40度ほどの温度で落ちるように作られているものが多いので、水では落ちないことがほとんどです。

マスカラのタイプに合わせて、きちんとオフすることも意識しましょう。

●関連記事
マスカラの落とし方
ポイントメイクリムーバーのおすすめ

番外編:下まつげのマスカラ、「あえて塗らない」もあり?

下まつげ マスカラ 無し下まつげにマスカラを塗ると、目元が強調されはっきりとした印象に仕上がりますが、幼い印象や抜け感を演出するために、あえて塗らないというメイク方法も注目されているようです。

どちらにもメリットがあり、簡単に雰囲気を変えることができるので、その日の気分で使い分けてみるのも楽しいかもしれませんね。

4.下まつげのマスカラ|選び方

下まつげ用のマスカラは、仕上がりをイメージしながら選びましょう。マスカラの種類や特徴を知ることで、理想のまつげに近づきやすくなります。