メニューを開く
アスタリフト;
提供:健康コーポレーション株式会社

今すぐ見直そう!オイリーがちな肌に選びたい洗顔料&洗顔方法

shutterstock_357348110

オイリーがちな肌だからと言って、おでこや鼻、頬など、テカリが気になるたびに洗顔してしまったり、スッキリしたいからといってスース―するだけで実は肌に合わない洗顔料を使ってしまったり…そんな経験はありませんか?

一般的に語られるオイリーがちな肌(脂性肌)とは、肌表面の“皮脂量”と“水分量”が多い状態で、毛穴は開きやすく、肌のキメも荒くなり、顔のテカリやベタつきも目につきます。

男性に多いイメージが強いかもしれませんが、女性でもオイリーがちな肌で悩んでいる方は少なくありません。今回は、オイリーがちな肌(脂性肌)の方におすすめの洗顔料と洗顔方法などをご紹介いたします。



astalift
astalift

1.オイリーがちな肌(脂性肌)の基本の洗顔

まずは基本的な洗顔について、肌らぶ編集部から2つのポイントをご紹介します。

1-1.洗顔は1日2回、洗顔料を使おう!

オイリー肌 洗顔オイリーがちな肌の方は、基本的に朝と夜の1日2回、洗顔料を使って洗顔することをおすすめします。

油分が気になるからといって洗いすぎると、肌が乾燥してしまい余計に皮脂を出してしまうことがあると言われているので、1日の始まりと終わりの2回で十分でしょう。

また、オイリーがちな肌の方は水洗顔だけでは皮脂が十分に落ちない可能性があるとされているので、しっかり洗顔料を使って洗い流してあげましょう。

1-2.洗顔料は固形石鹸がおすすめ

オイリー肌 洗顔
肌の水分も油分も多い状態のオイリーがちな肌の方に、肌らぶ編集部から特におすすめしたいのは固形石鹸での洗顔です。

その理由として、固形の洗顔石鹸は比較的配合成分がシンプルであることが挙げられます。一概に、全ての固形石鹸に言えるわけではありませんが、「油分の配合が少量」である洗顔料が、固形石鹸には多い傾向にあります。

多くの洗顔料には、洗浄成分・脂分・美容成分…などさまざまな成分が含まれています。特に保湿成分として含まれる油分は、肌表面を覆い、洗い流しても残るとされているため、洗顔後でも肌がしっとりします。

洗顔のもともとの目的は「皮脂やほこり、汗などを洗い流すこと」だとされています。オイリーがちな肌の方は、できるだけシンプルなつくりの固形石鹸で、さっぱりと洗い上げることをおすすめします。

2.オイリーがちな肌の人に!肌らぶ編集部からおすすめしたい洗顔石鹸

オイリーがちな肌の方は、”余分な皮脂や汚れをスッキリと落とす”ことを考えて洗顔石鹸を選ぶようにするとよいでしょう!

以下に、肌らぶ編集部がおすすめとして選んだ洗顔石鹸をご紹介します。
今回は通信販売で購入可能、初回限定で泡立てに便利なネットが付いてくる洗顔石鹸の中から3つをご紹介します。

先に固形の形状がおすすめとお伝えしましたが、よりスムーズに泡立てやすいペーストタイプも併せてご紹介します。

POLA Dソープ

Dソープ
価格:2,500円(+税)
内容量:100g(朝晩使用で約100日分)

【肌らぶ編集部コメント】
糸を引くほど濃密で粘りのある泡が、肌を包み込むように洗い上げる洗顔石鹸です。

2,500円(+税)で約100日使えるので、1ヶ月あたり800円ほど(+税)とコスパも上々!

送料無料で購入しやすいのも魅力の1つです。
(2017年2月時点)
公式HP

VCOマイルドソープ


価格:1,423円(+税)※2か月ごとお届けコースの場合
内容量:85g(夜のみ使用で約2か月分)

【肌らぶ編集部コメント】
生クリームのようなきめ細かい泡が手の摩擦による肌負担を抑え、不要な皮脂や汚れを落とすことができる洗顔石鹸です。

さらにスッキリしたい時には、スペシャルケアとして“泡パック“もできますよ。

公式HP

■泡立てやすいペーストタイプ
どろあわわ

pr どろあわわ3
価格:2,980円(+税)
内容量:110g(約30回分)
備考:トライアルセットあり、まとめ購入割引あり

【肌らぶ編集部コメント】
もこもこのたっぷりとした泡が特徴の洗顔石鹸です。

保湿成分としてコラーゲンやヒアルロン酸などを配合、肌を洗い上げるとともにうるおし整えます。

古い角質まですっきり洗い落としながら、肌をすこやかに保ちます。

公式HP

3.おすすめの洗顔方法&ポイント

洗顔料を見直したら、次は改めて洗顔の方法を見直しましょう。
できていると思っていても、意外と見落としがちなポイントは多いもの。ぜひ、この機会に毎日の洗顔習慣を振り返ってみてください。

3-1.固形石鹸を使った正しい洗顔手順

① 手洗い
オイリー肌 洗顔 手洗い最初にしっかり手を洗って、雑菌を落としておきます。

② ぬるま湯で顔を洗う
オイリー肌 洗顔 洗顔石鹸毛穴を開かせ、汚れを落としやすくするためにぬるま湯を使いましょう。顔を濡さないで洗顔料を使うと、肌の負担になる可能性があるので避けましょう。

【ポイント】
32~34度程度のぬるま湯で洗いましょう。
温度が高すぎると皮脂が流れすぎ、乾燥の原因になることがあると言われています。

③洗顔料をよく泡立てる
オイリー肌 洗顔泡立てネットを湿らせ、石鹸をネットに入れます。その後、ぬるま湯を少しずつ足していき、こすってよく泡立てます。

④やさしく洗顔
オイリー肌 洗顔皮脂が多くでるTゾーンから洗いましょう。額につけた泡をT字に広げます。円を描くように泡を転がして洗いましょう。
皮脂が詰まって毛穴が黒ずみやすい鼻は、指の腹で軽くマッサージするようにしましょう。

オイリー肌 洗顔次に頬を洗います。泡のクッションを使ってなめらかに力をかけずに洗いましょう。

目元や口元は他の部分に比べてデリケートだとされているので、泡をのせるだけにして手でこすらないようにしましょう。

⑤ぬるま湯でしっかりと洗い流す
オイリー肌 洗顔ぬるま湯をすくい、動かさずに手の平を顔に近づけて、ぬるま湯を”付ける”という感覚で30回はすすぎましょう。

特に、「あご」「こめかみ」「髪の生え際」は洗顔料が残りやすいとされているので、よく落としてください。

⑥清潔なタオルで水分を取り除く
オイリー肌 洗顔清潔なタオルを顔に当てて、吸収させるようにして顔の水気を取り除きます。タオルは指よりも摩擦が起きやすいとされているので、こすらないように注意しましょう。

3-2.洗顔後にはしっかりと保湿

オイリー肌 洗顔

ベタつきが気になるオイリーがちな肌であっても、石鹸で洗顔した後は油分が肌にあまり残っていないため、肌が乾燥しやすい状態だと言われています。

そこで、洗顔後すぐに化粧水で肌の水分を補いましょう!乾燥を防ごうとして出る皮脂を抑えやすくなります。

さらに、美容液や乳液などで肌に油分の蓋をし、肌からの水分を蒸発をさせないようにします。

化粧水や美容液に含まれている油分と、自分自身の皮脂で油分が足りているようであれば、乳液は必ずしも必要というわけではありませんが、肌の様子をみてスキンケアステップに加えることをおすすめします。

☆オイリーがちな肌のスキンケアについては、こちらの記事をご参照ください。

3-3.固形石鹸の保管方法

・ 風通しの良い湿気の少ない場所で保管

オイリー肌 洗顔浴室にそのまま置いて保管していると、湿気で雑菌が繁殖しやすくなり、衛生面的にもよくない状態です。

石鹸を使う際に、ヌルヌルするのは、湿気により石鹸が溶けてきているからです。

保管する時は浴室から出して、脱衣所などのお湯や水がかからない、風通しがいいところに保管するようにしましょう!

・石鹸置きをスポンジやタオルに変更

オイリー肌 洗顔場所に気をつけているつもりなのに石鹸がヌルヌルしている…という場合は、「スポンジ」や「タオル」の上に石鹸を置いて保管してみましょう。

スポンジやタオルは吸水性が高いので、早く乾き、石鹸を清潔な状態に保つことにつながります。

この時、スポンジ・タオルが濡れていると水分を吸わなくなってしまうので、水気を取った状態で石鹸をのせてあげましょう。定期的にきちんと洗ってきれいに保つことも大切です。

専用の商品も販売されているので、気になる方は試してみてください。

肌らぶ編集部おすすめ参考商品:無印良品 発泡ウレタン石鹸置き
無印 発泡ウレタン石けん置き

4.オイリーがちな肌とは?

オイリー肌 洗顔

ここまで、オイリーがちな肌の方向けに情報をお伝えしてきましたが、自分が本当にオイリーがちな肌の可能性があるのかどうかをチェックしてみましょう!

●チェックの手順

①洗顔する
上記でご紹介した方法で行いましょう!

②時間をおく
洗顔後は化粧水などのスキンケアをしないで、時間をおきます。【目安】夏場:15分、冬場:10分

③ 肌の状態をチェックする

●肌質別特徴

チェックポイントは、肌に「つっぱり感があるか」「テカリやベタつきを感じるか」です。

・「オイリー肌」
つっぱり感:なし
テカリ・ベタつき:Tゾーンを中心にあり

・「乾燥肌」
つっぱり感:あり(目元や口元がカサカサする)
テカリ・ベタつき:なし

・「混合肌」
つっぱり感:あり(目元や口元がカサカサする)
テカリ・ベタつき:Tゾーンを中心に、部分的にあり

・「普通肌」
つっぱり感:なし
テカリ・ベタつき:なし

※上記のチェック手順と特徴はあくまで目安であり、肌質を断定するものではありません。詳しく肌質を確認したい方は、化粧品カウンターや専門医による診断をおすすめします。

肌質は、年齢やコンディション、環境によって変化すると考えられています。
一度チェックして満足するのではなく、定期的に肌質を調べてみることをおすすめします。

その時その時の肌状態に合わせてスキンケアを変えていくことが、肌をすこやかに保つ近道になるでしょう。

5.オイリーがちな肌の原因となる生活習慣

オイリーがちな肌は、生まれ持った肌質や年齢の影響もありますが、「過剰な皮脂」を生み出す生活習慣も関係しているとされています。

オイリーがちな肌を生み出す主な3つの原因をご紹介しますので、洗顔と合わせて改善していきましょう。

5-1.食生活の乱れ

オイリー肌 洗顔

甘いものや油分の多い食べ物ばかりをとっていると、皮脂が過剰になりやすくなると言われています。

皮脂が目立つだけでなく、ニキビや肌荒れの原因にも繋がるとされているので、まずは外食の割合を減らしたり、野菜を多めに食べるなど、できることから対策をしていくことをおすすめします。

5-2.睡眠不足

オイリー肌 洗顔

睡眠が十分にとれていないと、ホルモンバランスが乱れることで皮脂量が増加しやすくなるとされています。

また、時間はとれているけれど質が浅いというのも原因になります。夜中に何度も起きてしまったり、朝起きたときにスッキリ感がないことが続く場合は、質が低下している可能性が高いので、入眠前の行動を見直しすることをおすすめします。

・17時以降は仮眠しない
・寝る1時間前に心も体も寝る準備をする
(ゆっくりお風呂に入る、携帯電話を見ない、部屋を間接照明にするなど)
・自分に合った枕を使う

特にこれらを意識してみてください。詳しくは、こちらの記事をご参照ください。

5-3.ストレス

オイリー肌 洗顔
ストレスを長時間感じると、自律神経のバランスが乱れることでホルモンバランスも乱れ、皮脂が活発になることがあると考えられています。

仕事や人間関係など精神的なストレスもありますが、温度や湿度、音などの環境によって、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでいる場合もあります。できる範囲で、自分が過ごしやすい環境に整える工夫をしてみましょう。

6.今すぐ見直そう!オイリーがちな肌に選びたい洗顔料&洗顔方法 まとめ

オイリー肌 洗顔
いかがでしたでしょうか?
オイリーがちな肌の方だけでなく、洗顔料は、自分の肌に合うものを使って洗うことが大切です。

油分や保湿成分、原材料なども、自分の肌に合うかどうかの判断材料の一部になるかと思いますので、しっかり見極めましょう。今一度、日々の洗顔を見直してみてくださいね。

また、スキンケアだけでなく、生活習慣の改善もとても大切なポイントです。この機会に毎日の習慣を見直し、すこやかな肌を目指しましょう。

この記事は2017年2月22日時点での情報です。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る