メニューを開く
提供:株式会社ヴァーナル

今すぐ見直そう!オイリー肌におすすめ洗顔料4選&正しい洗顔方法


Pocket
LINEで送る

オイリー肌 洗顔

おでこや鼻、頬など、テカリが気になるたびに洗顔してしまったり、スッキリしたいからといってスース―するだけで実は肌に合わなかった洗顔料を使ってしまったり…そんな経験はありませんか?

俗に言うオイリー肌とは、肌表面の“皮脂量”と“水分量”が多い状態で、毛穴は開きやすく、肌のキメも荒くなり、顔のテカリやベタつきも目につきます。

男性に多いイメージが強いかもしれませんが、女性でもオイリー肌で悩んでいる方は少なくありません。

今回は、オイリー肌の方におすすめの洗顔料と洗顔方法などをご紹介いたします。

◆肌らぶ セレクション◆

ヴァーナル もち肌洗顔セット

もち肌洗顔セット毛穴汚れに着目した洗顔石鹸「ヴァーナル もち洗顔セット」1833円(+税)

W洗顔というと「クレンジング+洗顔」をイメージする方も多いかと思いますが、もち肌洗顔セットでは「洗顔+洗顔」で役割を分けています。

「汚れを落とす」「キメを整える」という役割をそれぞれに持たせるという、独創性のある洗顔方法です!

ヴァーナル もち肌洗顔セットボタン
もち肌洗顔セット

1.オイリー肌の人の洗顔は、「石鹸タイプ」がおすすめ!

固形石鹸

肌の水分も油分も多い状態のオイリー肌の方には、固形石鹸での洗顔をおすすめします。

その理由として、比較的油分を多く含まないことが挙げられます。一概に固形石鹸全てというわけではありませんが、「油分の配合が少量」である洗顔料が、固形石鹸に多い傾向にあるためです。

多くの洗顔料には、洗浄成分・脂分・美容成分…など多くの成分が含まれており、特に保湿成分として含まれる油分は、肌表面を覆い、洗い流しても残るため、洗顔後でも肌がしっとりします。

しかし、オイリー肌の方のように、肌の油分がもともと多い状態の方が、油分が多い洗顔料を使用すると、肌に膜を張ったような状態になってしまうこともあります。そうすると、肌表面の脂の割合が多くなり、オイリー肌を後押ししてしまうことにも繋がります。

洗顔のもともとの目的は「皮脂やほこり、汗などを洗い流すこと」なので、オイリー肌の方は、できるだけシンプルなつくりの固形石鹸を使用するようにしましょう。

2.オイリー肌の人にもおすすめ!固形石鹸4選

オイリー肌の方は、”余分な皮脂や汚れをスッキリと落とす”ことに着目した石鹸を選ぶようにしましょう!

以下に肌らぶ編集部が選んだ、おすすめの洗顔石鹸をご紹介します。迷っている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

■ヴァーナル もち肌洗顔セット

もち肌洗顔セット値段:1,833円(+税)
内容量:
アンクソープ30g(約1ヶ月分)
センシティブザイフ30g(約1ヶ月分)
エッセンシャルシャワーモイスト30ml(約1週間分)
キハナクリーミーセラム4g(約1週間分)
泡立てネット
ソープディッシュ
買える場所:ネット通販限定
備考:送料無料・代引き手数料無料

【肌らぶ編集部コメント】
毛穴ケアに着目した洗顔石鹸で、毛穴汚れをスッキリ解消していきます。

また、W洗顔というと「クレンジング+洗顔」をイメージする方も多いかと思いますが、ヴァーナルのもち肌洗顔セットでは「洗顔+洗顔」で役割を分けています。
「汚れを落とす」「キメを整える」という役割をそれぞれに持たせるという、独特な洗顔スタイルです。

価格も初回は1,833円(+税)(送料・代引き手数料0円)とお試ししやすくなっていますので、洗顔石鹸に悩んだらまずはお試しください!

☞ヴァーナル 公式HPはこちら

■POLA Dソープ

POLA Dソープ

値段:2,500円(+税)
内容量:100g(朝晩使用で約100日分)
買える場所:ネット通販など

【肌らぶ編集部コメント】
濃厚な感触の泡で、肌がスッキリと洗えるPOLA自信の洗顔石鹸です。

糸を引くほど粘り気のある泡が、肌の汚れをスッキリ落とし、肌を整えてくれます。大人の毛穴について着目した洗顔石鹸です。

また、2,500円(+税)で約100日ももつため、実質1ヶ月800円(+税)ほどの計算です!

今なら送料が無料(2016年6月時点)になっているので、コスパが良いのはもちろんですが、さらに試しやすくなっているのは嬉しいところですね!

☞POLA「D」 公式HPはこちら

■VCOマイルドソープ


値段:1423円(+税)
内容量:85g(夜のみ使用で約2か月分)
買える場所:ネット通販など
備考:通常価格2847円

【肌らぶ編集部コメント】
生クリームのようなきめ細かい泡で洗うことにより、手の摩擦による肌の負担を抑え、皮脂や汚れを落とすことができる洗顔石鹸です。

合成界面活性剤は不使用です。石鹸の自然由来の洗浄成分により、汚れを落としてくれます。

さらにスッキリしたい時には、スペシャルケアとして“泡パック“もできちゃいます。

ご購入の方には「泡立てネット」も無料で付いてくるので、泡立てるのが苦手な方でもモッコモコの泡を作ることが可能です。購入してから15日以内であれば返金保証もあるので、気軽なお試しがしやすいですね!

☞VCO 公式HPはこちら

■どろあわわ

どろあわわ
値段:2980円(+税)⇒定期初回限定価格1490円(+税)
内容量:110g(約30回分)
買える場所:ネット通販など
備考:トライアルセットあり、まとめ購入割引あり

【肌らぶ編集部コメント】
名前の通りのもこもこ泡で、古い角質もすっきり洗い流す洗顔料です。

「どろあわわ」という印象的な商品名を、一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。濃密な泡がクッションのような役割をしてくれるので、洗顔時の手による摩擦をおさえることができます。

肌にうるおいを与えてくれる保湿成分、ヒアルロン酸・コラーゲン・豆乳発酵液・黒砂糖エキスなどが配合されているのも嬉しいポイントです!
泡立てネットがついてくるトライアルセット(280円、税抜)もありますので、気になる方はまずそちらからお試しください♪※2016年8月時点での情報です

☞どろあわわ 公式HPはこちら

3.オイリー肌のための正しい洗顔方法&ポイント

洗顔料を見直したら、次は改めて洗顔の方法を見直しましょう。できていると思っていても、意外と間違っている方も多いので、必ず確認してください。

3-1.固形石鹸を使った正しい洗顔手順

① 手洗い
手洗い手についている雑菌などが顔に移らないように、まずは手から綺麗にしましょう。

② ぬるま湯で顔を洗う
洗顔 洗い流すぬるま湯で洗う事により毛穴を開かせやすくし、汚れを落としやすくしてあげます。顔を濡らさずに洗うと、摩擦が起きやすくなり肌への負担となります。

【ポイント】
ぬるま湯は体温より少し低い35度くらいがおすすめです。
皮脂は温度が高いほど溶け出す性質がありますが、温度が高すぎると皮脂が落ちすぎてしまい、逆に乾燥の原因となる場合もあります。

③洗顔料を良く泡立てる
手のひらに泡泡立てネットを湿らせ、石鹸をネットに入れます。その後、ぬるま湯を少しずつ足していき、こすって良く泡立てます。

④やさしく洗顔
皮脂の多い「Tゾーン」から洗います。
クレンジング Tゾーン額に泡を付け、徐々に広げながらこめかみ部分に移します。そして、黒ずみになりやすい鼻は泡をクルクルと指でマッサージするように洗います。

次に頬を洗います。
洗顔 頬頬はTゾーンほど皮脂は出ていないので、泡を乗せるイメージで優しく洗います。

最後に「目」や「口」などデリケートゾーンを洗います。
洗顔 目・口目や口周りは他の箇所に比べて皮膚が薄いので、乗せるだけにして、ほとんどこすらないように意識しましょう。

【ポイント】
優しく泡を転がすように洗いましょう。
円を描くように、均一に力を入れることがコツです。

⑤ぬるま湯でしっかりと洗い流す
洗顔 洗い流すぬるま湯をすくい、動かさずに手の平を顔に近づけて、ぬるま湯を”付ける”という感覚で30回はすすぎましょう。

特に、「あご」「こめかみ」「髪の生え際」は洗顔料が残りやすいので良く落としてください。

⑥清潔なタオルで水分を取り除く
洗顔 タオルでふく清潔なタオルを顔に当てて、吸収させるようにして顔の水気を取り除きます。タオルは指よりも摩擦が起きやすいので、こすらないように要注意です。

3-2.洗顔後にはしっかりと保湿

ベタつきが気になるオイリー肌であっても、石鹸で洗顔した後は油分が肌にあまり残っていない為、肌が乾燥しやすい状態です。

そこで、洗顔後すぐに化粧水で肌の水分を補いましょう!乾燥を防ごうとして出る皮脂を抑えやすくなります。

さらに、美容液や乳液などで肌に油分の蓋をし、肌からの水分を蒸発をさせないようにします。

化粧水や美容液に含まれている油分と、自分自身の皮脂で油分が足りているようであれば、乳液は必ずしも必要というわけではありませんが、肌の様子をみて保湿をしましょう。

スキンケアについては、こちらの記事をご参照ください。

3-3.固形石鹸の保存方法

・ 風通しの良い湿気の少ない場所で保存

洗顔石鹸 保存方法浴室にそのまま置いて保存していると、湿気で雑菌が繁殖しやすくなっており衛生面的にも良くない状態です。

石鹸を使う際に、ヌルヌルするのは、湿気により石鹸が溶けてきているからです。

保存する時は浴室から出して、脱衣所などのお湯や水がかからない、風通しがいいところに保存するようにしましょう!

・石鹸置きをスポンジやタオルに変更
石鹸保存 タオルの上場所に気をつけているつもりなのに石鹸がヌルヌルしている…という場合は、「スポンジ」や「タオル」の上に石鹸を置いて保存してみましょう。

スポンジやタオルは吸水性が高いので、早く乾き、石鹸を清潔な状態に保つことにつながります。

この時、スポンジ・タオルが濡れていると水分を吸わなくなってしまうので、水気を取った状態で石鹸を乗せてあげましょう。定期的にきちんと洗ってきれいを保つことも大切です。

専用の商品も販売されているので、気になる方は試してみてください。

■無印良品 発泡ウレタン石鹸置き

無印 発泡ウレタン石けん置き

4.オイリー肌とは?

4-1.オイリー肌の状態

オイリー肌と言われる肌の状態は、肌表面の皮脂量と水分量が多い状態です。

毛穴は開きやすく、肌のキメも荒くなり、顔のテカリやベタつきも目につきやすくなります。

さらに、肌表面や毛穴に溜まった皮脂を栄養にして、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

オイリー肌を適切にお手入れしないと、ベタついて視覚的に気になる部分があるだけでなく、ニキビなどの肌悩みを引き起こす原因になっていきます。

下記は「オイリー肌」と「普通肌」の比較ですが、オイリー肌の方はキメの粗さとベタつきが印象的です。

肌表面(普通肌&オイリー肌)

4-2.本当にあなたはオイリー肌?肌質チェックをしてみましょう!

ここまで、オイリー肌の方向けに情報をお伝えしてきましたが、自分が本当にオイリー肌なのかどうかをチェックしてみましょう!

●チェックの手順

①洗顔する
上記でご紹介した方法で行いましょう!

②何も付けずに待機する
洗顔後、顔を拭いたら、何もお手入れをせずに待ってみてください。待機する時間の目安は、夏場は15分、冬場は10分程度です。

③ 肌の様子を確認する

●肌質別特徴

肌に“つっぱり”があるか、“テカり”があるかの2軸から判断していきます。

・「オイリー肌」
肌全体につっぱった感じはなくしっとりとしているが、顔全体やTゾーン(おでこや鼻、あご)にテカりを感じる。

・「乾燥肌」
肌全体がつっぱった感じで、頬や目元・口元にカサカサした感じがある。

・「混合肌」
肌全体がつっぱった感じで、頬や目元・口元にカサカサした感じがあり、Tゾーン(おでこや鼻、あご)など部分的にテカりを感じる。

・「普通肌」
肌全体につっぱった感じはなくしっとりとしていて、顔全体やTゾーン(おでこや鼻、あご)にも特にテカりを感じない。

肌質チェックは10分以上かかるため、ある程度、時間に余裕のある時を選んで、この診断を行ってください。
皮脂が多く出るのは深夜0時頃と言われています。夜は皮脂量が増えやすいので、朝の時間帯にチェックすることをおすすめします。

また、肌質は年齢によっても変わっていきます。

それは、皮脂の量が30歳をピークに減少していき、50歳では半分以下まで減ると言われているためです。

10代・20代のうちは皮脂量が多くテカりに悩まされていた方も、年を追うごとに変わっていくでしょう。自分の肌質を勘違いしていたり、一度出た結果をずっと信じ込んで間違ったお手入れをしてしまうと、肌悩みの原因になることもあるため、肌質は定期的にチェックすることをおすすめします。

もっと正確に自分の肌質をチェックしたい方は、「化粧品売り場のカウンセリングコーナー」or「スキンチェッカー」がおすすめです。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?
オイリー肌の方だけでなく、洗顔料は、自分の肌に合うものを使い、正しく洗うことが大切です。

油分や保湿成分、原材料なども、自分の肌に合うかどうかの判断材料の一部になるかと思いますので、しっかり見極めましょう。

今一度、現在の洗顔を見直し、正しい洗顔をマスターして下さいね。

この記事は2016年8月23日時点での情報です。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。
もち肌洗顔セット

 

Pocket
LINEで送る