メニューを開く
アスタリフト;

10代に必要なスキンケアとは!正しいお手入れ方法とおすすめの化粧品

10代 スキンケアスキンケアを始めたいけど、どうすればいいのかな?10代の私に合うスキンケアって何だろう?そんなお悩みを持っていませんか?

10代は皮脂が出やすいため、顔のベタつきやテカリを気にしてスキンケアを始めたり、美容に興味を持ってスキンケアを始めたくなりますよね。

では、どんなスキンケアをおこなえば良いのでしょうか。
今回は基本的なスキンケアとおすすめの化粧品を紹介します!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1 10代に必要なスキンケアは洗顔と保湿!

10代の若々しい肌に必要なスキンケアは基本的に洗顔と保湿です。
CMでみるような何種類もの化粧品がセットになったものを使う必要は基本的にはないのです。

なぜ10代のスキンケアは洗顔と保湿なのか、それぞれの理由を見ていきましょう。

1-1 洗顔

健康的な肌は水分と油分のバランスがとれています。

しかし、10代は皮脂(顔のあぶら)が過剰になりやすくなっています。
皮脂が多いと顔のテカリやベタつきの原因になりますし、ニキビのもとになるアクネ菌が増殖しやすくなってしまいます。

肌の悩みが起きにくい肌にするには、洗顔を正しくおこなって不要な皮脂は落とし、必要な皮脂は残すことが大事です。
皮脂は肌を保護する役割もあるからです。

ゴシゴシと強く洗って皮脂を取り過ぎたり、1日に何度も洗顔をしたりすることは避けましょう。

1-2 保湿

うるおいが不足した肌、水分と油分のバランスが崩れた肌は、肌の悩みを引き起こしやすくなるだけでなく、美肌を目指すうえでも障害となります。

皮脂がたくさん出ていている状態だと乾燥なんて起きないと思われるかもしれませんが、乾燥は起きます。
乾燥した肌に必要なのは水分を補うことです。洗顔後は化粧水でたっぷりと肌に水分を補ってあげましょう。

なお、化粧水のあとに乳液を使う方も多いですが、乳液には水分に加えて油分もはいっています。
もし、肌の油分が気になる場合は、化粧水のあとにサッパリ系(油分少なめ)の乳液を使うと良いでしょう。

10代の乳液について詳しく知りたい方はコチラ↓
肌らぶセレクト!10代におすすめしたい乳液と適切な乳液のつけ方

2 スキンケアにおすすめしたい化粧品

それでは、肌らぶ編集部が選んだ10代のスキンケアにおすすめしたい化粧品を紹介します。

試しやすいように、ライン使いで試せるトライアルセットがあるものを選んでいます。

2-1 オルビス 薬用 クリアシリーズ【医薬部外品】

薬用クリア全てのアイテムでオイルカットされており、顔の油分などが気になる方におすすめです。

コラーゲンやヨクイニンエキスといった保湿成分がたっぷり含まれています。
毎日きちんと使ってお手入れすることで、うるおって引き締まった肌を保ちます。

薬用洗顔料、薬用化粧水、薬用保湿液がセットになった約3週間使えるトライアルセットが全国送料無料、税別1200円となっていますので、試してみてはいかがでしょうか。

>「オルビス」公式HPはこちら

2-2 資生堂 dプログラム バランスケアシリーズ

dプログラム バランスケア「肌を守る、育む」をコンセプトにしたdプログラムシリーズです。

肌のベタつきやカサつき、またはその両方が気になっている方におすすめです。肌の水分を補ってうるおいある肌を保ってくれます。

2回分のメイク落とし(化粧品)と7日分の洗顔料(化粧品)、化粧水(医薬部外品)、乳液(医薬部外品)がセットになったトライアルセットが税別1400円(全国送料無料)となっています。

バランスケア、アクネケア、モイストケア、バイタルアクトの計4シリーズを展開しているので、気になる方はそちらもぜひチェックしてくださいね。

>「dプログラム」公式HPはこちら

2-3 富士フィルム ルナメアACシリーズ

ルナメアAC 1週間お手入れキット2ハーバルモイストエキス(保湿成分)を全てのアイテムに配合しており、肌にうるおいを与えてくれます。
洗顔料には繊維状のスクラブ「ファイバースクラブ」を配合しており、余分な皮脂を洗い落としてくれます。

洗う、保湿する、水分を保つ、の3ステップを実感できる洗顔料、化粧水、ジェルクリームがついた1週間お手入れキットが1000円(税別)で購入できます。

>「ルナメア」公式HPはこちら

3 スキンケアの基本!正しい洗顔の仕方

10代のうちだけでなく、洗顔はスキンケア、美容の基本です。
どのように洗顔をすればいいのでしょうか。

しっかり汚れを洗いつつ、皮脂を落とし過ぎない正しい洗顔方法をみていきましょう。

3-1 まずは手洗いで顔に触れる手をキレイにする

洗顔顔を洗う前に、まずは手を清潔にしましょう。手や爪の間の雑菌や汚れを落とします。
洗顔料の泡立ちが悪くなりますし、手の汚れがついた泡で顔を洗うのは避けたいですよね。

3-2 顔の表面温度と同じ32~35度ぬるま湯で顔を洗う

洗顔2手を清潔にしたら、32~35度のぬるま湯で顔を洗います。パシャパシャと、数回顔にかけるだけで十分です。

32~35度は顔の表面とほぼ同じ温度なので、毛穴が開き、皮脂などの汚れが落ちやすくなります。

熱すぎるお湯で洗顔すると、必要な皮脂まで落としてしまい乾燥しやすく、冷たすぎると汚れが十分に落とせません。

洗顔は熱すぎず、冷たすぎないぬるま湯を心がけましょう。

3-3 洗顔料を泡立てタマゴサイズの泡を作る

洗顔3手に出した洗顔料に少し水を足して泡立てていきましょう。泡で洗うと肌と手の間でクッションの役割をしてくれるので、こすらずに肌を洗うことができます。

手での泡立てが苦手な場合は洗顔ネットなどを使ってタマゴ1個分の大きさくらいになるまで泡立てるといいでしょう。

3-4 皮脂がでやすいパーツから泡をつけて洗っていく

洗顔4泡ができたら、皮脂の多いTゾーン(おでこ・鼻)から泡をのせます。おでこに付けた泡を、こめかみまでやさしく広げましょう。
黒ずみやすい小鼻やあごは、クルクルと指で泡を転がすようにして洗うのがおすすめです。
洗顔5Tゾーンの次は頬を洗っていきます。
頬はTゾーンに比べてあまり皮脂が出ていないので、肌に必要な皮脂まで落としすぎないよう、優しく洗いましょう。
洗顔6最後に目や口など、繊細なパーツに泡を乗せます。
目元や口元は顔の中でも皮膚が薄いため、こすらないよう、丁寧に洗うようにしてください。

なお、洗顔料を顔につけたら1分前後で手早く洗ってすすぎましょう。
洗い過ぎは肌に必要な皮脂まで取ってしまい、肌が乾燥しやすくなってしまう場合があります。

3-5 ぬるま湯で顔をすすぐ

洗顔2洗面器に32~35度のぬるま湯をため、手のひらを顔に近づけて、ぬるま湯を「つける」という感覚で、30回以上すすぐのがおすすめです。

アゴ、こめかみ、髪の生え際は泡が残りやすいので、最後に落とし残しがないかチェックしてくださいね。

3-6 清潔なタオルで顔を拭く

洗顔7清潔なタオルを顔にあて、顔についた水分を吸収させましょう。
タオルを動かして拭くと、肌をこすったようになってしまうので、タオルに水分を吸わせるイメージで拭いてください。

4 保湿に欠かせない化粧水のつけ方

では、次はうるおいを与えるための正しい化粧水のつけ方をみていきましょう。

なお、化粧水を手でつけるか、コットンでつけるかはお好みで選んでください。
化粧水はとにかく肌に優しくゆっくりとつけることが大事なので、手でもコットンでもこのポイントが守られていればあまり気にする必要がないのです。

ただ、コットンだとこすってしまいそうな方は、手で化粧水をつけた方が良いでしょう。
また、ゴワゴワしているなど使い心地が悪いと感じたコットンも避けた方が無難です。

では正しい化粧水のつけ方の手順をみていきましょう。

4-1 手で化粧水をつける正しい方法

①化粧水のボトル裏などに書かれた適量を目安にとり、両手の手の平全体に広げる
化粧水 つけ方1
②手の平で顔を覆うように、顔全体にムラなくなじませる
化粧水 つけ方2
③肌に化粧水がなじんだら、もう一度手に化粧水を手に取る

④目もとや小鼻などのポイントに、指の腹で化粧水をしっかりなじませる
化粧水 つけ方3
⑤手で肌に触れてみて、モチっと肌がくっついてくるか確かめる
化粧水 つけ方4
⑥顔に化粧水の水気が残っていないか確かめ、残っていれば肌になじませる

4-2 コットンで化粧水をつける正しい方法

①化粧水をコットンの裏側が濡れるまでつける
化粧水 つけ方5
②コットンを人差し指と薬指、または人差し指と小指ではさむ
化粧水 つけ方6
③頬や額など広い部分は、優しく拭くようにして化粧水をつけていく
化粧水 つけ方7
④そして鼻やアゴなどにも丁寧に化粧水をつけていく
化粧水 つけ方8
⑤手で触れてモッチリ感がなければ、同じコットンに少量の化粧水をつけて繰り返す

5 まとめ

10代のスキンケアとして何をすればよいのか、そしておすすめのライン使いして試せる化粧品とスキンケアで大事な正しい洗顔方法と化粧水のつけ方をみてきました。いかがでしたか?
10代のスキンケアは洗顔で肌を清潔にして健やかに保ち、保湿で肌を保護してあげることが大事です。

また、肌は心と体の健康にも大きく左右されるところがあります。
スキンケアと合わせて、食生活や睡眠時間などにも気を配ると、肌が喜んでくれますよ!

この記事は2016年4月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る