メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社メビウス製薬

できる前に知っておきたい!シミ予防におすすめのアイテム3つ

シミ 予防

シミが出来るのは絶対イヤ!予防するためにはどうするのが最適なのか知りたいですよね。

シミを防ぐためには紫外線対策がもっとも重要なので、日焼け止めと医薬部外品の美白*化粧品の併用が大切です。
(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

それらのアイテムの上手な選び方や使い方もマスターして、日焼けによるシミを防ぎましょう。

また、紫外線以外にシミの原因となる事例と対策もご紹介します。

美しい肌を守り抜くために、ぜひ参考にしてください。


バナー原稿




astalift
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

ホワイトニングリフトケアジェル
ホワイトニングリフトケアジェル

化粧水・乳液・アイクリーム・美容液・マッサージ・クリーム・パック・化粧下地などの機能が一つになった、オールインワンジェルです。

保湿成分として、コラーゲンやシコンエキスなどが配合されています。

忙しいけれど、スキンケアはしっかりしたい…そんな女性にうれしいスキンケアアイテムです。

公式HPはこちら(オレンジ)

1. シミの予防には紫外線対策が必要不可欠!

日焼け止め ウォータープルーフ

シミの原因の多くは紫外線によるものです。

紫外線を過剰に浴びた肌ではメラニンが多く作られ、それが肌表面に出てきたものがシミとなります。

それを防ぐためには2つのアイテムが大切な役割を果たします。

はじめに日焼け止め、次に医薬部外品の美白*化粧品です。

(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

1-1. 紫外線から肌を守る、日焼け止め

シミ予防を行う上でもっとも大切なのが、日焼け止めの使用です。

その中で守っていただきたいのが、①毎日使うこと②塗り直しを怠らないこと、の2点です。

①毎日使う

スキンケア 洗顔
日焼け止めを春夏や晴れの日だけ使っている、という方も多いのではないでしょうか?

日焼け止めは季節や天気に関係なく毎日使うことが大切。

紫外線は季節や天気に関係なく、太陽が出ている限り地上に届いているからです。

秋冬のように肌寒い季節は油断しがちですが、年間を通して忘れないようにしましょう。

また、晴れの日以外は必要ないと思いがちですが、晴れの日が100%とすると、曇りで60%、雨でも30%の紫外線量が降り注いでいると言われています。

毎日使うものなので、日によって日焼け止めを使い分けるのもおすすめです。

夏場や快晴の日はSPF50を使い、そこまで日差しが強くない日はSPF20~30程度のものを使用するなどの工夫をすると、より快適に使えます。

②塗り直しを怠らない

口元 しわ_紫外線対策
日焼け止めは、朝つけるとつい安心してしまいますが、太陽が当たる場所にいる限りは2、3時間ごとの塗り直しを心がけましょう。

とはいえ毎日こまめに塗り直すとなると、難しい日があるのも事実です。

そんな時だけは紫外線対策のできる、おしろいやファンデーションなどを活用しましょう。

1-2. 日焼けによるシミを防ぐ医薬部外品の美白化粧品

美白美容液
医薬部外品の美白*化粧品には、紫外線の影響を受けにくくして、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ役割があります。

日中どんなに気を遣っていても、少なからず紫外線を浴びてしまうものです。

そのために日焼け止めと併用して頂きたいのが、医薬部外品の美白*化粧品。

本気で日焼けによるシミを予防するのであれば、化粧水・美容液・乳液・クリームなど、すべてのアイテムを美白*対策のできるもので揃えて、ライン使いすることがおすすめです。

とはいえ、いきなり使用アイテムすべてを美白*タイプに変えるのは大変…という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方は、いつものアイテムに美白*美容液をひとつプラスするのがおすすめです。

そして、毎日継続して使うということが大切です。

毎日無理なく使い続けられるように、自分に合ったお手入れアイテムを見つけましょう。

(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

2. シミ予防アイテムの選び方

シミの予防に日焼け止めと医薬部外品の美白*化粧品が大切なのがわかっても、たくさんの商品があって選ぶのが難しいですよね。

この項目では、そのようなアイテムを選ぶときのコツを3つご紹介します。

バナー原稿

2-1. 成分表示を確認する


シミ予防アイテムを選ぶ際には、成分表示を確認することをおすすめします。

化粧品には、全成分表示が義務付けられています。

商品のパッケージに記載されている成分を確認して、自分が取り入れたい成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

【美白*成分の例】
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・マグノリグナン
・カモミラET
・リノール酸S
・プラセンタエキス
・(m-)トラネキサム酸
・4MSK
・エラグ酸
・エナジーシグナルAMP
・ルシノール
・コウジ酸 など

(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

2-2. 保湿できるアイテムを選ぶ

グリセリン 化粧水
シミ予防には、保湿もかなり重要です。

日焼け止めや医薬部外品の美白*化粧品を選ぶ際には、同時に肌を保湿できるものを選びましょう。

こちらも成分表示を確認するのがおすすめです。

肌が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなり、シミにつながることが考えられます。

乾燥した肌と比べ、保湿されてキメが整った肌のほうが、日焼け止めはムラなく肌へ伸ばすことができますし、化粧品がより肌になじみやすくなります。

基本の保湿ケアを大切にすることが、シミを予防することにつながるのです。

(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

【保湿成分の例】
・アミノ酸
・グリセリン
・NMF
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・セラミド
・ホホバ油
・ワセリン
・スクワラン など

2-3. 使用感が気に入るものを見つける

女性 鏡
成分等を重要視するのはもちろん、使い心地にもこだわりましょう。

日焼け止めや医薬部外品の美白*化粧品は毎日使い続けることが基本です。

使用感に物足りなさがあると、つい使用を怠ってしまうこともありますよね。

そうならないためには、使っていて心地の良い感触のものを選ぶことも大切です。

商品自体のテクスチャーや肌なじみの良さ、香りなど、納得できるものを見つけましょう。

購入の前にテスターやサンプル、トライアルキットなどで確かめるようにすると良いですね。

3. おすすめシミ予防アイテム4選

日焼けによるシミの予防に最適な、2でご紹介した3つのポイントを押さえたおすすめアイテムをご紹介します。

3-1. おすすめ日焼け止め

ポーラ ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト(医薬部外品)
pola_uv
・メーカー:POLA(ポーラ)
・容量:50mL
・SPF50、PA++++

こちらは顔からだ両用の、薬用UV美白*美容液。
美白*と保湿の役割を両方兼ね備えているので、日焼けによるシミを防ぎたい方には心強い日焼け止めです。

軽やかに伸びるミルキータイプなので、ストレスフリーな使い心地がうれしいですね。

べたつきやきしみ感がなく保湿もしてくれるので、年間を通して使うことができます。

(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

★POLA(ポーラ)公式HPはこちら

3-2. おすすめ美白*化粧品

アスタリフト ホワイトシリーズ(医薬部外品)
2アスタリフトホワイト

・メーカー:富士フイルム
・容量(トライアルキット):美白美容液(医薬部外品)5mL、美白化粧水(医薬部外品)20mL、美白クリーム(医薬部外品)5g、ジェリー状先行美容液 0.5g×10包

アスタリフトホワイトは、美白*と保湿を同時に叶え、これから日焼けによるシミを予防したい方におすすめのスキンケアシリーズです。

コラーゲン・ヒアルロン酸・グリセリン・スクワランなど、保湿成分が多く入っています。

これらの成分を独自の技術で極小化して配合しているのも魅力の一つです。

肌なじみも良く、ぜひライン使いをおすすめしたいシリーズです。

(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

★富士フイルム公式HPはこちら

3-3. おすすめ美白*美容液

ポーラ ホワイトショットCX(医薬部外品)
POLA

・メーカー:POLA(ポーラ)
・容量:25mL

ホワイトショットCXは、医薬部外品の美白*美容液です。

植物由来の保湿成分3種(マジョラムエキス、ショウキョウエキス、クジンエキスクリア)を加えた、独自の複合成分を配合しています。

POLA独自の技術で、それらの成分を角層のすみずみまでいきわたらせます。

肌なじみが良いのでべたつきもなく、毎日使うにはぴったりの美白*美容液です。

★POLA(ポーラ)公式HPはこちら

4. 紫外線以外のシミの原因と予防対策

先の項目で述べたとおり、シミの原因の多くは紫外線によるものですが、もちろんそれ以外の原因も存在します。

ここでは、紫外線以外のシミの予防策をご紹介します。

4-1. ニキビや虫刺されができてもこすらない

メイク 透明感18
肌にニキビや虫刺されができたときは、過剰に触ったりこすらないことが大切です。

どうしても気にしてしまいがちですが、シミを予防するために触るのは我慢しましょう。

ニキビも虫刺されも、摩擦による刺激が生じることで色素が沈着して、シミになってしまうと言われています。

4-2. 肌に触れるときはとにかくやさしくする

マリオネットライン
スキンケアはもちろんメイクをする時にも、とにかくやさしく肌に触れることを心がけましょう。

・洗顔料は泡をよく立てて、手で顔をこすらないように洗う。
・化粧水などは、こすらずにやさしく伸ばすようにつける。
・化粧下地やファンデーションは、スポンジに力を入れすぎないようにつける。
 …など

肌にできる限り刺激を与えないことが、シミ予防にはとても大切です。

指による圧力や摩擦も肌に影響し、シミの原因になることがあります。

4-3. 女性ホルモンのバランスを保つ

いい香り

体内のホルモンバランスが乱れると、シミができることがあるといわれています。

そのために気をつけていただきたいのは下記の2点です。

①イソフラボンを摂取する

イソフラボンは大豆製品などに多く含まれ、卵胞ホルモンに似た役割を持つことで知られる成分です。

黄体ホルモンが増えて乱れたホルモンバランスを整えることが期待できます。

②ストレスにうまく対応する

ストレスをためないよう意識し、ためてしまったら発散することを心がけましょう。

自分なりのストレス解消法を持っておくことが大切です。

【女性ホルモン豆知識】

小顔 体操
そもそも女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があり、2種類のバランスが取れていることが大切といわれています。

その中の黄体ホルモンの影響で、シミが増えてしまうことがあるのです。

妊娠中や出産直後の女性の多くがシミで悩んでいる原因は、この時期に黄体ホルモンが増え、反対に卵胞ホルモンが減少していることです。月経前にも同じようなことが言えます。

ホルモンバランスの乱れは、シミだけでなくさまざまな心身の不調につながってしまうと言われているので、シミの予防はもちろん心身の健康のためにも、ホルモンバランスを保つことが大切です。

5. まとめ

シミ対策3
いかがでしたでしょうか。

日焼けによるシミの予防に大切なのは、日焼け止めと医薬部外品の美白*化粧品による紫外線対策です。

上手に選んだそれらのアイテムを基本に、紫外線以外の原因にも気を付けながら予防していきましょう。

シミの予防策をずっと継続するのには根気が必要ですが、肌に真面目に向き合えば結果は必ずついてきます。

未来の肌を守るために、こつこつ続けていきましょう!

この記事は2016年5月9日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。

バナー原稿imp



Pocket
LINEで送る