2019年1月8日 更新

中学生の毛穴悩みはこれで対策!おすすめスキンケア&生活習慣

中学生 毛穴「中学生になってから急に毛穴が目立つようになってきた…」なんて思っていませんか?

中学生など10代の方は、肌の皮脂が出やすく、気になる肌悩みも増えがちな時期です。

相談を受けて、どうしたらいいのか気にされているご家族の方も、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、毛穴が気になる中学生のための、自宅でできる毛穴対策をご紹介します!


1.中学生の毛穴目立ちの原因

毛穴 黒ずみ 対策中学生の方など10代の方で毛穴が目立って見える主な原因は、毛穴の汚れが詰まったものなどと考えられています。

一般的に、中学生の方など10代の肌は、皮脂が過剰に出やすくニキビもできやすいと言われている年代。

毛穴に詰まった汚れとは、過剰に分泌された皮脂などです。

これらの汚れを一般的に「角栓」と呼びます。皮脂に汚れや古い角質などが混ざると、角栓と呼ばれる毛穴詰まりのもとになることもあります。

この角栓が毛穴に詰まっていると、毛穴がぼつぼつと目立ったり、黒ずんで見えたりしてしまうのです。

角栓(角質層・ロゴ入り)中学生の方など10代の方で毛穴が目立つパーツは、主に皮脂の分泌が多いおでこや、鼻などのTゾーンだと言われています。

広がったり詰まったり、黒ずんだりした毛穴を放っておくと、ニキビができやすくなることもあります。

そのため、早めに対策するのがおすすめです。

2.中学生に必要な毛穴対策|洗顔方法

洗顔フォーム おすすめ2 毛穴 黒ずみ 対策毛穴が気になる中学生など10代の方には、すこやかな肌を保つ洗顔と、肌に必要なうるおいを与えるシンプルなスキンケアをしていきましょう。

スキンケアアイテムを選ぶときは、サンプルやトライアルセットで実際にお子さんの肌に合うのか、試してみると良いですね。

スキンケアアイテムは、自分の肌の状態に合ったものを選ぶことが大切。

大人にはちょうど良い洗浄力の洗顔料であっても、中学生の肌には向かない可能性もあります。

中学生の毛穴対策の日々のスキンケアにおいて、特に意識したいのは、毎日の洗顔です。

洗顔のときに洗顔料を使うかどうかは、お子さんの肌質やそのときの肌の状態によって選びましょう。

それでは早速、肌をすこやかに保つ洗顔の手順をご説明していきます!

【洗顔の手順】

①手を清潔にする

酵素洗顔 ランキング

洗顔前には必ず手を洗い、清潔にするようにしましょう。洗顔だけでなく、スキンケアの前には手を洗うことが大切です。

衛生面のメリットだけでなく、洗顔料をしっかりと泡立てることができます。

②ぬるま湯で顔を洗う

スキンケア 基本洗顔料で洗う前に、まずはぬるま湯で顔全体をすすぎましょう。

肌表面に付着したほこりなどは、ぬるま湯で先に落とします。

ぬるま湯の温かさで毛穴が開き、毛穴に詰まった汚れが浮かんで落ちやすくなることが期待できます。

★ポイント
お湯の温度が高すぎると皮脂が過剰に洗い落ちてしまい、乾燥の原因になることがあります。洗顔はぬるま湯で行うようにしましょう。

③ 洗顔料をよく泡立てる

スキンケア 基本洗顔料をよく泡立てて、キメ細かな泡をたっぷりとつくりましょう。たっぷりの泡をつくることで、泡が肌と手の間のクッションの役割になって、やさしく洗うことができます。

★ポイント
洗顔料は商品ごとに定められた使用量を守って使いましょう。洗顔料は適正な使用量でたっぷりと泡立てることが大切です。

使う前に、パッケージに書かれた使用量を確認してみてくださいね。

また、泡立たせるのが難しい場合は、泡立てネットを使用するのもおすすめです。

④ 泡を顔にのせてやさしく洗う

洗顔方法 順番 泡を顔にのせて洗っていきます。まず、皮脂の多さが気になるTゾーンから洗い始め、頰や目の周りまで洗います。

キメの細かい泡で、やさしく泡をころがすように肌をなでましょう。

強くこすらず、できるだけ肌との摩擦を起こさないように、“泡で洗う”イメージで行ってください。特に目元は他の部分と比べて皮膚が薄いので、気をつけて洗いましょう。

⑤ 泡が残らないようにしっかりとすすぐ

酵素洗顔 ランキング

丁寧に洗い終えたら、ぬるま湯を使って、すすぎ洗いをします。

肌をこすらないよう、顔に水をかけるようにして洗います。

こめかみや髪の生え際などは、特にすすぎ残しやすい部分なので気をつけましょう。

★ポイント
洗顔料を長い時間肌にのせていると、肌の負担になってしまう場合があります。泡で洗うのはなるべく短時間にし、しっかりと洗い落としましょう。

⑥ 清潔なタオルで水気を拭き取る

酵素洗顔 ランキング毎回、清潔なタオルを用意するようにしましょう。タオルはこすらず、やさしく水分押さえるように使いましょう。

[肌らぶ編集部おすすめ洗顔料]

洗顔は、顔の汚れや余分な皮脂を洗い流し、顔を清潔に保つためのものです。

洗顔料は、必ず使わなければいけない、というわけではありませんが、ニキビができやすい方や皮脂が気になる方は、洗顔料を毎回使うことをおすすめします。

ここでは、中学生のお子様をお持ちの方に、肌らぶ編集部がおすすめの洗顔料を2つご紹介します。

中学生の方は、気になる洗顔料があったら保護者など家族の方と相談して、購入を検討してみてくださいね。

余分な皮脂をスッキリと落としつつ、洗い上がりの乾燥を気にせずに使える洗顔料をピックアップしてみました。

オルビス 薬用クリアウォッシュ(医薬部外品)

オルビス薬用クリアウォッシュ ニキビ 洗顔料詳細をチェック!価格:1,300円(税抜)

オイルフリーが特徴のオルビスクリアシリーズの、洗顔料です。
薬用有効成分「グリチルリチン酸2K」配合。
もっちりとした泡が皮脂汚れや毛穴詰まりをスッキリ洗い流して肌をすこやかに保ち、ニキビを防ぎます。
化粧液・保湿液とともに約3週間たっぷり試せる、トライアルセットもあります。

詳細をチェック!

毛穴撫子 重曹つるつる石鹸

毛穴撫子 重曹つるつる石鹸詳細をチェック!価格:800円(税抜)

ホイップクリームのようにクリーミーな泡で洗い上げる、洗顔石鹸です。
キメ細やかな泡は弾力があり、手と肌の間でクッションの役割を果たし、毛穴汚れや古い角質にをすっきりと洗い落とします。
すっきり感としっとり感の両方を楽しめる、洗い上がりも魅力的です。

詳細をチェック!

3.中学生に必要な毛穴対策|生活編

毛穴 黒ずみ 対策中学生らしい、すこやかな肌を保つためには、ご家庭の方も一緒に規則正しい生活を考えて過ごされることも大切です。

中学生になってから今までの生活と新生活では、ライフスタイルが大きく変化したと感じるご家族の方も多いのではないでしょうか。

まずは、日々の生活のベースとなるお子さんの生活習慣から見直してみましょう。

3-1.しっかりと睡眠をとる

毛穴 黒ずみ 対策しっかりと睡眠をとることは、すこやかな体と肌のためのベースになります。

睡眠時間と、質のよい睡眠がとれる環境づくりに目を向けてみると良いでしょう。

~より良い睡眠のためのヒント~
・ゆったりとしたルームウェアやパジャマを着る
・眠る1時間ほど前から部屋の照明を暗くする
・お風呂ではゆったり湯船につかり、体をよく温める
・夕方以降にカフェインを摂取しすぎない など

中学生になると勉強や部活などが忙しく、ついつい夜更かしをしてしまうこともあるかもしれませんね。

でも、すこやかな肌のためには、なるべく早く就寝することが重要です。

3-2.バランスのとれた食事を心がける

食事 野菜 スムージー すこやかな肌を保つためには、バランスの良い食事を摂ることが大切です。

脂質や糖質が多い食事が好きなお子さんは、ご家庭で野菜や果物などもバランスよく一緒に食べられるメニューを意識するようにしてみてください。

スナック菓子や、ファストフードばかり食べていませんか?

ダイエットして、無理な食事制限をしていませんか?

朝昼晩、なるべくバランスよくさまざまな栄養素を取り入れられるように食事にも気を付けましょう。

3-3.適度な運動

デスクワーク ダイエット 運動適度な運動は健康な身体づくりはもちろん、すこやかな肌に保つためにも大切なことだと考えられています。

中学生であれば、基本的には学校生活の中での運動量で十分でしょう。

部活をやっていなかったり運動不足が気になるというお子さんは、通学で歩く距離を増やしたり、日常生活でこまめに動くようにするなどの工夫をしてみるといいかもしれませんね。

4.毛穴を目立たせないために気をつけたいこと

炭酸美容液 スキンケア 泡 ムースここでは、毛穴の目立ちが気になる中学生のお子さんをお持ちのご家族の方にお伝えしたい、日常で気をつけるポイントを4 つご紹介します。

ついつい無意識のうちに、ついついやってしまいがちなことなので、ぜひ気をつけてみてくださいね。

4-1.無理な毛穴のお手入れをしない

毛穴 黒ずみ ケア①手っ取り早く毛穴の詰まりを取り除きたいからといって、毛穴周りの皮膚を押して角栓を出すのは控えましょう。

無理なお手入れは、肌が傷ついたり負担になるので気をつけましょう。

4-2.手で頻繁に顔を触らない

毛穴 洗顔 お子さんは毛穴が気になって、つい頻繁に手で顔を触ってしまっていませんか?

手には雑菌がたくさんついています。スキンケアなどで顔に触るときはしっかりと手を洗い清潔な状態でおこないましょう。

4-3.なるべく顔に髪がかからないようにする

おでこ前髪あげる髪の毛は、意外と汚れが付着している部分です。また、中学生になってからスタイリングのためにワックスやヘアスプレーを使い始めるお子さんも多いと思います。

髪の毛が顔に触れていると、髪の汚れや雑菌、ワックスなどが顔についてしまい、肌荒れを引き起こす可能性があります。

中学生になればヘアスタイルなど外見にもこだわりたいところですが、顔を覆ってしまうような髪型は避けたほうがよいでしょう。

ワックスやヘアスプレーをつけるときは、顔などに付かないように気をつけましょう。

4-4.洗顔をしすぎない

洗顔 おすすめ毛穴や皮脂が気になると、つい1日に何度も洗顔料で顔を洗ってしまいがちです。

しかし、必要以上に洗顔をしてしまうと、肌に必要な皮脂やうるおいまで洗い落とされてしまい、肌の乾燥に繋がることがあります。

洗顔料を使った洗顔は、1日に朝晩の2回程度にしておくと良いでしょう。

5.最後に

タオル中学生のための毛穴対策についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

「どんなにお手入れしても、どうしても毛穴が目立ってしまって気になる!」という中学生のお子さんには、保護者の方が一緒にスキンケアに向き合うことが大切です。

中学生の肌に合った洗顔やお肌のお手入れで、すこやかな肌を目指していきましょう!

◆スキンケア 肌らぶ関連記事◆

スキンケアの基本
中学生のスキンケア方法とは?
洗顔方法保存版|実はNGな洗顔方法とは?
毛穴汚れ・黒ずみにおすすめの洗顔料はこちら!
ニキビは洗顔で防ぐ?おすすめ洗顔料15選
あなたはどう選ぶ?【最新】おすすめ洗顔料35選

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!

⇒肌らぶ編集部員一覧を見る