メニューを開く
アスタリフト;

アラフォーは引き算メイクでもっと輝ける!やり方&アイテム紹介

アラフォー メイク
「アラフォーにふさわしいメイクをしたいけど、やり過ぎになるのも手抜きに見られるのもイヤ!でも、具体的にどうしたらいいかわからない…」などとお考えではないでしょうか。

今回はアラフォーの方にお試し頂きたいメイク方法や化粧品などを、ポイントメイク中心にお伝えしていきます。

メイクを味方につけて、ぐっと洗練されたオトナの美人フェイスを目指しましょう!


astalift
astalift

1. アラフォー女性のポイントメイク|ポイント・手順

アラフォー女性のポイントメイクは「ツヤ感」「ナチュラル感」「明るさ」がキーワードです!

その3つを意識しつつ、すべてのパーツを主張させるのではなく、全体のバランスを考えた“引き算メイク”を取り入れてみましょう。

バランスのとれた洗練顔に近づくためのメイクポイントや手順を、パーツごとにご紹介していきます。

◆アラフォー女性の眉メイク

特に顔の印象に大きく関わる眉は、ふんわりと柔らかいタッチで、明るい印象になるように描いていきましょう。

髪の毛より、やや明るめな色のアイブロウパウダーを使うと、簡単にこなれた印象を作ることができます。

①パウダーを含ませたブラシやチップで、眉山→眉尻に向かって描く

眉 書き方

②眉山→眉頭に向かって、だんだん薄くなるように描く

眉 書き方
眉山がいちばん濃くなるように、色味は調節しながら描いていきましょう。

③最後に毛流れを整えたら完成!

◆アラフォー女性の目もとメイク

アラフォー世代の目もとは、シンプルな“引き算メイク”で仕上げましょう。

明るくつややかな単色のアイシャドウをメインカラーとして使用すると、くすみ知らずの明るい印象の目元に仕上がります。

最近話題のクリームタイプのアイシャドウも、乾燥しやすい目元をツヤっぽく演出してくれるのでおすすめです。

アイライナーやマスカラのカラーをブラウン系で統一して使用することで、品のある目力とやさしい印象の目元に仕上がります。

派手じゃないのに印象的な、大人の“抜け感”のある瞳を目指していきましょう。

①単色アイシャドウを、ブラシまたは指でまぶた全体に広げる

3アイシャドウ
クリームタイプの場合は指でつけるのがおすすめです。

②ブラウンのアイライナーを細く引き、綿棒などでぼかす

15アイライン
ぼかす一手間を加えるだけで、自然でやさしく、でも印象的な瞳を演出することができます。

③アイラッシュカーラーでかるくまつ毛を上げ、マスカラを塗る

黒目 大きく アイライン3

ダマのない、きれいにセパレートした長さのあるまつ毛に仕上げていきましょう。

◆アラフォー女性の頬メイク

アラフォー世代の頬メイクは、かわいらしさよりもナチュラルな血色感を意識しましょう。チークを上手に活用すれば、上品なヘルシー肌をつくることができます。

【チークを入れる位置】

やや大きめのブラシを黒目の下あたり(画像の部分)に置き、顔の内側から外側に向かって、ふんわりやわらかく広げます。
30代 40代 チーク
※画像はわかりやすいように、濃いめに色をつけています。
実際にメイクを行う際は、ほんのり自然な血色に見えるようにナチュラルにツヤっぽく仕上げるのがポイントです。

【チークの色】

チークは2色ほど持っていると、口紅や洋服、使用するシチュエーションに合わせて選ぶことができるので便利です。

日常使いの場合は、肌なじみのよいコーラル系、きちんとした感じを演出したい場合は、華やかなローズ系などを活用してみてください。
口紅や洋服の色とチークの色を同系色でまとめると、統一感のあるメイクに仕上がります。

◆アラフォー女性の口もとメイク

アラフォー女性の口もとには、くちびるのかさつきや輪郭のぼやけをカバーしつつ透明感を演出してくれる、リキッドルージュを活用するのがおすすめです。

目もとに抜け感があるので、口もとには明るめでツヤ感のあるリップを使用して、女性度を上げましょう。

【リキッドルージュの色】
日常使いのルージュならほどよく華やかで肌なじみのよいレッド系、しっかりとメイクをした雰囲気に仕上げたい場合は、女性らしいローズ系をおすすめします。

チークと同じように、洋服やチークに合わせたカラーをセレクトするのも素敵です。

①くちびるの輪郭を取るようにしながら、チップでつけていく

リキッドルージュ塗り方
口角からくちびるの中央部分に向かってチップで付けていくと、輪郭がとりやすくなります。

②全体につけ終わったら、上下のくちびるを軽く擦り合わせる

強くこすり過ぎてしまうと、リップラインが崩れてしまうことがあるので、擦り合わせる際は「軽め」を意識しましょう。

③最後に、くちびるの中央部分にリキッドルージュを少し重ねる

リキッドルージュ塗り方
ふっくらとした立体感が出て、より魅力的な口もとを演出してくれます。

2. アラフォー女性のポイントメイク|おすすめ4選

肌らぶ編集部が選んだ、アラフォー女性のポイントメイクにおすすめしたい4つのアイテムをご紹介します。

さきにお伝えした手順にのっとって、「ツヤ感」「ナチュラル感」「明るさ」を演出でき、使いやすいアイテムを選びました!

2-1. アラフォーメイクにおすすめのアイブロウ

アラフォー世代の眉は、アイブロウパウダーでふんわりナチュラルに仕上げましょう。

ミュゼル ノクターナル アイブロウパウダー
pola アイブロウパウダー
どんな髪の色にも対応しやすい3色がセットになったアイブロウパウダーです。
きめ細かいパウダーが肌に溶け込むようになじみ、自然な立体感を演出してくれます。

⇒POLA(ポーラ)公式HPはこちら

2-2. アラフォーメイクにおすすめのアイシャドウ

アラフォー女性の目もとは、ツヤのある単色アイシャドウで、抜け感を演出しましょう。

粒子の細かいパールが入った明るめのカラーは、疲れの出やすい目もとを自然で明るい印象に仕上げてくれるのでおすすめです。

rms beautyアイポリッシュ ソーラー、マグネティック
rmsソーラー、マグネティック
保湿成分ホホバ油などを配合した、クリームタイプのアイシャドウです。
乾燥しがちな目もとを濡れたような質感に仕上げます。

「ソーラー」は、オトナの知性を感じさせる、肌なじみのよいブロンズゴールドです。
肌なじみのよいカラーなので、日常使いもしやすく、シーンを選ばずに使用できます。

藤色を思わせる「マグネティック」は、洗練されたトープカラーで、上品で華やかなオトナの目もとを演出します。

⇒rms beauty公式HPはこちら

2-3. アラフォーにおすすめのチーク

アラフォー世代の方は、チークを上手に活用して、ナチュラルなヘルシー肌をつくりましょう。

微細なパールが入ったしっとり感触のチークを選ぶと、上品さも演出することができます。

ミュゼル ノクターナル フェイスカラー CO01、RO01
ミュゼル ノクターナル フェイスカラーチークカラーとハイライトがひとつになったフェイスカラーパレットです。

こちらのパレットは3色展開で、中でもCO01(コーラル系)が日常使いしやすく、RO01(ローズ系)は華やかな印象に仕上がるので、お出かけメイクにピッタリのカラーです。

繊細なパールが自然なツヤと立体感を演出し、やわらかい表情に見せてくれます。

⇒POLA(ポーラ)公式HPはこちら

2-4. アラフォーにおすすめの口紅

アラフォー女性の口もとには、リキッドルージュでナチュラルなツヤ感を与えます。

目もとを自然な印象に仕上げた分、口もとにはポイントを置き、バランスのよい美人顔に仕上げましょう!

資生堂マキアージュ エッセンスグラマラスルージュNEO RD312、RS554

マキアージュエッセンスグラマラスルージュNEOrd312
どちらも肌なじみがよく、くちびるをふっくらと立体的に仕上げてくれるリキッドルージュです。

レッド系のRD312は上品な印象の中にかわいらしさもある、どんな場面でも重宝する使いやすいカラーです。
ローズ系のRS554は、洗練されたオトナの雰囲気の中に、どこかフレッシュさも感じられる華やかなカラーです。

ツヤのある仕上がりが、ナチュラルさを重視したいアラフォー女性のメイクにぴったりです!
独自設計のチップで、きれいなリップラインが簡単に取ることができます。

⇒資生堂公式HPはこちら

3. アラフォーメイクを引き立てる!その他のポイント

ここでは、アラフォー世代の女性に意識して頂きたい、ポイントメイクを引き立てるためのその他のポイントをご紹介します。

3-1. ベースメイクはナチュラルに仕上げる

女性 ファンデーション
アラフォー女性のベースメイクは、「厚塗りを避けて、ナチュラルに仕上げること」がポイントです。

アラフォー世代の方は、かさつきやくすみなどの肌悩みも多くなるかと思いますが、隠そうとして何度も重ねたり多すぎる量を使ってしまうと、化粧崩れや不自然な仕上がりにつながってしまうこともあります。

下地をしっかり使って、気になる肌悩みはコンシーラーでカバーし、ファンデーションの使用は最低限にするのがおすすめです。

素肌を活かした抜け感のあるベースメイクで、余裕のある表情を演出しましょう。

3-2. スキンケアでしっかりうるおいを与えておく

鏡見ながらスキンケアしている女性
肌がかさつくことも多いアラフォー女性は、メイク前のスキンケアにも気を配りましょう。
メイクを行なう前に、たっぷり保湿しておくことが大切です。

あらかじめしっかり保湿しておくことで、乾燥によるメイク崩れや、メイクのりの悪さを防ぐことにつながります。

これを機会に、改めて使用量を見直してみましょう。
スキンケアアイテムの使用量は、商品ごとの説明に従うのが基本ですが、特に表示がない場合は、以下の量を目安にしてみてください!

・化粧水:500円硬貨大
・乳液:10円硬貨大

化粧水と乳液で物足りなさを感じたら、より肌をしっとり整えてくれる、美容液やクリームなどを取り入れるのもおすすめです。

4. まとめ

アラフォーの方におすすめしたいメイクの方法やおすすめのアイテムを、ポイントメイク中心にお伝えしてきました。

アラフォーの方のメイクは、ナチュラルなツヤ感を意識して、健康的で明るい印象に仕上げましょう!

肌悩みなどを“隠す”メイクではなく、“引き算”メイクを意識して全体のバランスを整えることで、自然な表情をつくることができます。

いつものメイクを少し変えて、新しい自分の魅力を発見してみてください!

この記事は2016年4月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る