メニューを開く

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド!肌悩みはメイクでカバー

コントロールカラー「コントロールカラー、試してみたいけれど自分に合うカラーが分からない」「どうやって使うの?コンシーラーとはどう違うの?」など、疑問がいっぱいの方も多いのではないでしょうか?

コントロールカラーはその名の通りカラーをコントロールするもので、顔の色を整えて魅せることで肌悩みをカバーしてくれるアイテムです。

悩みによって色を使い分ける必要がありますが、ポイントさえおさえれば、初めての方でも上級者メイクに仕上げることが期待できます。

そこで本日は、自分の肌悩みに合ったコントロールカラーの選び方から基本的な塗り方までご紹介いたします。


◆肌らぶ セレクション◆

オーガ ファインコントロールカラー
オーガ ファインコントロールカラー コントロールカラー

なんだか顔色がパッとしない‥そんな方におすすめなのがポーラの「オーガ ファインコントロールカラー」です。
肌に透明感を演出する「ソフトパープル」、沈んで見えがちな肌色を補正カバーして健康的に見せる「ライムイエロー」の2色展開。
光を味方にして、明るくつややかな肌に見せてくれます。

公式HPはこちら(オレンジ)

1.コントロールカラーの嬉しい4つの魅力

コントロールカラー選び方&塗り方ガイドコントロールカラーを使わなくてもベースメイクは完成することができますが、使うことでより理想的な肌に近づけることができるとされています。一般的にコントロールカラーには以下の4つのような魅力があると言われています。

(1)肌悩みを目立ちにくくしてくれる

元気がなさそうな顔色・ニキビ跡・日焼けによるシミ・乾燥ぐすみ・寝不足によるクマといった肌悩みを、色を重ねることで補正カバーし、目立ちにくくしてくれます。

(2)ナチュラルにカバーできる

コントロールカラーは、広範囲の肌悩みを自然にカバーしてくれることが魅力です。

似た役割を持つメイクアイテムとしてコンシーラーが知られていますが、全体的に隠したい場合は、コンシーラーだと塗れば塗る程目立ってしまうということもあります。

コントロールカラーの方がナチュラルにカバーできる分、コンシーラーに比べると不器用さんやメイク初心者の方でも手軽に使用できるでしょう。

(3)ファンデーションの発色がよくなる

肌の色ムラをカバーし、あらかじめ肌色を整えておくことで、後からのせるファンデーションの色づきが良くなり、メイクによって顔を明るく見せることができるとされています。

(4)化粧崩れの防止もできる

コントロールカラーで肌悩みを隠すことができると、自然とファンデーションも薄塗りで十分になるので、化粧崩れもしにくくなります。

化粧崩れは厚塗りすることでより発生しやすくなると言われています。

コントロールカラーを塗ることで、肌に塗るアイテム数が増えて厚塗りになるイメージもあるかもしれませんが、上手に塗れば、ファンデーションを何度もつけるより薄付きに仕上げることが可能だとされています。

2.自分に合ったコントロールカラーの選び方

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド2-1.自分の肌悩みに合ったカラーを選ぶ

コントロールカラー選び方&塗り方ガイドコントロールカラーを選ぶうえで一番大事なことは、自分の肌悩みに合った色を選ぶことです。コントロールカラーは、色によって期待できる役割が異なるとされています。まずは、一番気になる肌悩みに合わせた1色から始めてみましょう。

それぞれのカラーに期待できる役割をご紹介します。

■イエロー

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド コントロールカラーイエロー肌の色ムラや乾燥ぐすみをカバー
健康的な肌に見せてくれる
色選びに迷ったときはイエローを選べば失敗しにくい

■ピンク

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド コントロールカラーピンク・血行のよい肌の色を表現
・暗い印象の肌を明るく見せる

■グリーン

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド コントロールカラーグリーン・赤ら顔、ニキビ跡をカバー

■オレンジ

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド コントロールカラーオレンジ・クマやたるみの影をカバーすることで若々しい印象に
・茶色いくすみを目立ちにくくする

■ブルー

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド コントロールカラーブルー・黄色いくすみを目立ちにくくする
(色白の人は血行が悪く見えてしまうのでおすすめできません)

■パープル

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド コントロールカラーパープル・肌全体に透明感を演出する
・エレガントな印象を与える

2-2.「部分用」と「全体用」を使い分ける

各商品によって部分用と全体用のコントロールカラーがあります。悩みが複数ある場合は部分用でカラーを使い分け、なんとなく顔色が悪い・全体的に悩みが気になる場合などは全体用を使いましょう。

部分用は、日焼けによるシミやポツンとあるニキビ跡などのピンポイントで気になる部分をカバーすることを目的としているため、化粧下地が別で必要な場合が多いようです。また、テクスチャーは硬めのものが多く見られます。

一方で全体用は、化粧下地の代わりとして使用ができ、柔らかいテクスチャーになっています。

2-3.「CCクリーム」は内容を確認する

コントロールカラーは「CCクリーム」と呼ばれることもありますが、CCクリームの場合、ブランドによってCCの定義が異なります。必ずしもCCのクリームがコントロールカラーであるとは限りませんので、必ずパッケージで確認することをおすすめします。

3.コントロールカラーを塗る順番

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド モテ髪 女コントロールカラーは、ファンデーションの直前に塗ります。
手順としては以下のようになります。
コントロールカラー選び方&塗り方ガイド コントロールカラー 手順
部分用のコントロールカラーを使う(またはポイント使いする)場合は、先に化粧下地を塗ってから使いましょう。

4.コントロールカラーのおすすめの塗り方

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド全体用と部分用で塗り方が違いますのでそれぞれご説明します。

※各商品によって異なる場合がありますので、必ずパッケージやサイトで推奨している塗り方を確認するようにしましょう。

4-1.【全体用】コントロールカラーの塗り方

まずは、化粧下地の役割も備えた全体用のコントロールカラーの塗り方についてです。こちらは通常の化粧下地と同じ塗り方になります。

①手の甲にコントロールカラーを出す

目安量は大体パール1粒程度です。(量は各商品のパッケージで確認してください)
多すぎてしまうと、ヨレや崩れの原因になるとされているので注意してください。

②指でなじませる

先になじませることで厚塗りを防止し、クリームがよりなめらかになるのでムラなく塗ることができるでしょう。

③両頬・おでこ・鼻・あごにのせる

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド

④指を使って外側に向かってのばす

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド
指の腹など広い部分を使って、厚くならないように薄く全体的にのばします。

⑤最後にスポンジでなじませる

コントロールカラー選び方&塗り方ガイドスポンジで顔全体または気になる部分をポンポンと押し込むようになじませます。余分なクリームをとることで、厚塗りによる化粧崩れを防止します。スポンジは使い捨てのスポンジだと便利でしょう。

⑥フェイスラインをなじませる

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド
首やフェイスラインに下地がたまっている場合があるので、スポンジまたは指でなじませます。

4-2.【部分用】コントロールカラーの塗り方

次に、少しかためのテクスチャーの部分用の塗り方についてです。

①化粧下地を顔全体に塗って肌を整える

化粧下地の塗り方については、上でご説明した全体用コントロールカラーの塗り方と同じです。

②指先にコントロールカラーを出す

③気になる箇所に指先で少しずつなじませる

少しずつのせながらなじませます。こすらせるようにつけるのではなく、指先でポンポンとなじませます。いきなり全部をのせるのではなく、少しずつ、足りない場合にだけ付け足します。

5.肌らぶ編集部おすすめコントロールカラー

こちらでは、肌らぶ編集部がおすすめするコントロールカラーをご紹介します。

今回は、自分がカバーしたい肌悩みに合わせて選べるように、2色以上のカラーバリエーションが揃えられているコントロールカラーを選びました。

インテグレートグレイシィ コントロールベース

インテグレイトグレイシィ コントロールカラー販売会社:資生堂ジャパン株式会社
金額:800円(税抜)/25g
色展開:グリーン・ピンク・ナチュラル

【肌らぶ編集部コメント】
肌の色ムラや凹凸を補正カバーしてなめらかに整え、肌に透明感を演出する『インテグレートグレイシィ』のコントロールカラーです。
肌の赤みをカバーする「グリーン」、血色感を演出する「ピンク」、肌色を明るく見せる「ナチュラル」の3色展開。
肌にしっとりと密着し、日中の肌の乾燥を防ぎます。

公式HPはこちら(オレンジ)

オンリーミネラル ミネラルプラスベース

オンリーミネラル ミネラルプラス ベース コントロールカラー販売会社:ヤーマン株式会社
金額:2,800円(税抜)/25g
色展開:クリアナチュラル(パープル)・ナチュラル(イエロー)

【肌らぶ編集部コメント】
いつものメイクをワンランク上の仕上がりへ導いてくれる、『オンリーミネラル』のコントロールカラーです。
肌に透明感を求める方へ「クリアナチュラル」、赤みや肌の色ムラが気になる方へ「ナチュラル」の2色が用意されています。
自然につややかな肌に整え、ファンデーションののりを良くしてくれます。

公式HPはこちら(オレンジ)

無印良品 UVベースコントロールカラー

無印良品 コントロールカラー販売会社:株式会社良品計画
金額:880円(税抜)/30ml
色展開:ピンク・イエロー・ブルー

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分としてオリーブスクワランやカミツレ花エキスなどを配合した、『無印良品』のコントロールカラーです。
顔色を良く見せる「ピンク」、シミやソバカスなどの色ムラをカバーする「イエロー」黄ぐすみなどを目立ちにくくする「ブルー」の3色展開。
肌をうるおしすこやかに整えながら、なりたい印象を演出します。

公式HPはこちら(オレンジ)

ランコム ラ バーズ プロ カラー コレクター 

ランコム コントロールカラー
販売会社:日本ロレアル株式会社
金額:5,800円(税抜)/40ml
カラー: ラバンドゥ(パープル)ローズ(ピンク)コライユ(オレンジ)ジョーヌ(イエロー)

【肌らぶ編集部コメント】
日本人女性の肌色に合わせて開発された、『ランコム』のコントロールカラーです。
透明感を演出する「ラヴァンドゥ」、ナチュラルでヘルシーな肌に見せる「ジョーヌ」など全4色を展開。
思いのままに肌色を補正カバーし、ファンデーションの魅力を美しく引き立てるベースに整えることができます。

公式HPはこちら(オレンジ)

エレガンス モデリング カラーベースEX

エレガンス モデリング カラーベース EX コントロールカラー
販売会社:株式会社アルビオン
金額:4500円(税抜)/30g
カラー:ピンク・オレンジ・グリーン・ホワイト・ナチュラル(ベージュ)

【肌らぶ編集部コメント】
華やかなカラーリングが目を引くフランス発のコスメティックブランド『エレガンス』のコントロールカラーです。
肌の赤みをカバーする「グリーン」、シャープな印象へと導く「ホワイト」など全5色。
上に重ねるファンデーションの透明感を呼び込むような、絶妙な肌色カバーが嬉しいですね。

公式HPはこちら(オレンジ)

6.コントロールカラーの選び方&塗り方ガイド まとめ

コントロールカラー選び方&塗り方ガイド重ね塗りをして作り込んだ肌よりも、素肌そのものがきれいだと思われるようなナチュラル仕上げのベースメイクの方が、見た目の印象もよいのではないでしょうか。

コントロールカラーは上級者向けアイテムだと思われている方も多かったと思いますが、ぜひ肌悩みにあったものを選んで試してみてください。メイクをすることがより楽しくなるはずですよ。

この記事は2017年5月1日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る