メニューを開く
アスタリフト;

アイラインの上手な引き方!初心者さん不器用さんでも大丈夫

アイライン 引き方 初心者「アイラインの引き方が難しい…。初心者でも不器用でもきれいに引ける方法を知りたいな~。」
と、お困りではないですか?

アイラインの引き方は、初心者の方や不器用な方にとって、慣れないと失敗したり手こずったりと、意外と難しいメイクですよね。

しかし、アイラインはその引き方で顔の印象が変わりやすいと言われているほど、とても大事なパーツメイクです。

今回は、アイラインの上手な引き方を知りたいと思っている、メイク初心者の方に向けて、基本的なアイラインの引き方をお伝えします。

アイライナーの種類によっても引き方が変わりますので、それぞれの特徴と引き方をご紹介します!

ぜひ、この記事を読み実践し、目元に自信を持って、毎日のアイメイクを楽しみましょう♡


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.アイライナーの種類と特徴

アイラインを引くために必要なアイライナーには3つの種類があります。
それぞれの特徴と共にお伝えしますね。

1-1.ペンシルタイプのアイライナー

アイライン 引き方 初心者ペンシルタイプのアイライナーは初心者さん・不器用さんにまずおすすめしたいアイライナーです。

その名の通り、鉛筆のような形をしており、アイラインを少しずつ引くことができるため線がブレにくいことが特徴です。

ペンシルタイプのアイライナーを選ぶときは、芯が硬いものだとアイラインが引きづらいこともあるので、芯の柔らかいものを選ぶようにしましょう。

削って使うタイプと芯を繰り出して使うホルダータイプのものがあります。

テスターなどで試してみて使いやすい方を選びましょう。

1-2.リキッドタイプのアイライナー

アイライン 引き方 初心者リキッドタイプのアイライナーは、先端が筆のような形をしており、スーッとなめらかなラインを引くことができるのが特徴です。

リキッドタイプのアイライナーを使用する際は、使いやすいと思う筆の太さや、描き心地の良い筆のしなやかさをテスターなどで試してから、お気に入りの一本を選びましょう。

1-3.ジェルタイプのアイライナー

アイライン 引き方 初心者ジェルタイプのアイライナーは、インクポットのようなガラス容器の中に入っているジェルを筆にとって、アイラインを引いていくタイプのものが多いです。

ジェルタイプのアイライナーは、ペンシルのように少しずつ引くことができるため、線がブレずにラインを引きやすいです。また、ラインを引いた直後なら自分でぼかすこともできますが、すぐに乾き、にじみにくいことも特徴です。

またジェルタイプは、リキッドのような細い線もするっと引きやすいです。

このようにジェルタイプは、ペンシルタイプとリキッドタイプ、両方の性質を持つアイライナーです。

2.アイラインの引き方(タイプ別)|上まぶた

アイライン 引き方 初心者1章を参考にし、使うアイライナーが決まったら、早速アイラインの基本的な引き方をマスターしましょう。

まずは、上まぶたへのアイラインの引き方をお伝えします。

アイラインの引き方は、アイライナーのタイプ別に異なります。

それぞれの基本的な引き方をご紹介しますね♪

2-1.アイラインの引き方|ペンシルタイプ

アイライン 引き方 初心者ペンシルタイプのアイラインの引き方は、以下のとおりです。

① 目尻から目の中央までラインを描く。

まずは、目尻から目の中央に向かってラインを引きましょう。

一気にラインを書いたりせず、まつ毛の隙間を埋めるよう少しずつ書くことがポイントとなります。
まぶたをななめ上に少しひっぱり、皮膚をできる限り平らにするように心掛けると、描きやすいでしょう。

② 目頭から目の中央までラインを描く。

次に、目頭から目の中央に向かってラインを引きましょう。

まつ毛の隙間を埋めるように少しずつラインを引いていきます。

③ ①と②のラインを真ん中でつなぐ。

両サイドからラインを引いたら、真ん中で合わせます。

違和感のないように、丁寧にラインをつぎましょう。

2-2.アイラインの引き方|リキッドタイプ

アイライン 引き方 初心者リキッドタイプのアイラインの引き方は以下のとおりです。

① 筆先を細かくそろえる。

キャップのふちなどを使って、筆先を細かくそろえましょう。

筆先が乱れていると、なめらかできれいなラインが引けません。

② 中央から目尻へラインを引く。

目の中央あたりから目尻へ向かってラインを引きましょう。

まぶたの上で1番高くなっている真ん中あたりに、筆をあてましょう。

その後、そこから目尻の方へ目のキワにそって細いラインを伸ばしましょう。

目尻のラインは、自分の本来の目尻の幅より外側に5mmほど描き足すことで、自然なのに目力のある目元を演出することができます。

③ 目の中央から目頭へラインを引く。

中央から目頭へ向かって極細のラインを引きましょう。

この方法は目の形に添ってラインを引いていくため、比較的自然に、中央から目頭に向かって、ラインが細くなっていくと言われています。

2-3.アイラインの引き方|ジェルタイプ

アイライン 引き方 初心者ジェルタイプのアイラインの引き方は、以下のとおりです。

ジェルタイプのアイラインは、他の二つのタイプよりくっきりとしたアイラインになるため、先にアイシャドウを済ませた後にバランスを見ながら描いていきましょう。

① ジェルを筆にとり、手の上でなじませる。

まずは、適量のジェルを筆にとり、手の上でなじませましょう。

ジェルを筆にとった後いきなりラインを引くと、よれてしまったり、まっすぐにきれいなラインが引けなかったりすることもあります。

必ず一度、手の上でなじませましょう。

② 目頭から目尻へラインを引く。

次に、目頭から目尻へ向かってラインを引きましょう。

一度にラインを引くのが難しい人は、先にペンシルアイライナーを使用し、ガイドラインを薄く引くと失敗しにくいでしょう。

③ 目尻のラインをぼかす。

ジェルが乾く前に、目尻のラインをスーッと綿棒でぼかしましょう。

下向きに引けばたれ目になり、少しはねさせるように引けば、ネコ目を演出できます。

④ ラインがなめらかになるよう整える。

最後に、ラインがなめらかにつながるように整えましょう。

鏡をみて、ブレのないきれいなラインを目指しましょう。

3.アイラインの引き方|下まぶた

アイライン 引き方 初心者下まぶたのアイラインの引き方をお伝えします。
ぜひ、試してみてくださいね!

3-1.目尻から黒目の外側までラインを引く。

目尻から、黒目の外側まで少しずつラインを引きましょう。

おすすめは、上のアイラインより薄く引けるペンシルタイプのアイライナーです。上のアイライナーと同系色を選べば自然な印象を演出できます。

よりナチュラルに見せたい場合は、下のアイラインは引かなくても良いでしょう。

3-2.より大きな目を演出したい場合は、黒目の下にもラインを。

より大きな目を演出したい場合は、黒目の下にも細くラインを入れましょう。

黒目の下にラインを入れることで、黒目が大きく見えるため、目力も強調されます。

4.アイラインの引き方|インサイドライン

アイライン 引き方 初心者アイラインの引き方には、インサイドラインを引くという方法もあります。これは、どのタイプのアイライナーを使用しても同様なので、参考にしてみて下さいね♪

4-1.インサイドラインとは?

インサイドラインとは、まつ毛の隙間を埋めるために粘膜にひくラインのことです。

まつ毛とまつ毛の間の隙間が埋まることで、自然とはっきりとした目元に見えます。

下まぶたの粘膜にも入れるときは、粘膜に必要以上の負担をかけないために力を入れず、そっと引きましょう。

4-2.インサイドラインを引くポイント

インサイドラインの引くポイントは3つです。それぞれを丁寧に行うようにしましょう。

① まぶたを引き上げ固定する。
② 目頭側を2~3mm程度あける。
③ 優しいタッチで粘膜にラインを引く。

5.まとめ

アイライン 引き方 初心者いかがでしたでしょうか?

アイラインの引き方は、初心者の方は1回で引こうとしないことがポイントです。

さらに、アイラインの引き方は、コツをつかみ慣れてしまえば、スーッと引けるようになりますが、慣れるまではアイラインをなぞるようにアイシャドウの締め色をのせることで、自然に見えると思います。

また、アイラインの引き方が上手になれば、ネコ目にしたり、たれ目にしたりとメイクの幅も広がります。

まずはこの記事を読んで、アイラインの基本の引き方を練習して、ぜひ、目元のメイクをもっと楽しみましょう♡

この記事は2016年12月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る