メニューを開く

リップグロス「有」or「無」男性がキスしたいのはどっち?

グロス キスメイクの仕上げに、グロスでツヤを与えてうるうるにした唇って「なんか色っぽいかも~!!!」とテンション上がりますよね。

デートの際はグロスの力で、あわよくばキスのチャンスを狙っている女性も多いはず。

ただ、そんなグロスって男性に取ってどう映るのでしょうか?

「色っぽくて最高!キスしたくなる!」なのか「ベタベタしそうだから、見ているだけでいいかな・・」なのか、恋する女性は気になりますよね。

この疑問に対する正解は、「人の好みによる」でしょう。

グロスにはパールが入っているもの、カラーがついているものなど様々な種類があり、色々な表情の唇を演出してくれる魅力的なアイテムです。

今回は、グロスが好きな方、ナチュラル唇が好きな方、それぞれのお好みに応じたお手入れ方法をご紹介します。


◆肌らぶセレクション◆

POLA(ポーラ) ミュゼル ノクターナル リップグロス

ミュゼル ノクタールベリーコンプレックス(キイチゴエキス、ホワイトストロベリーエキス、花椒エキス)と、エクストラリッチオイルが保湿成分として配合されています。

ジューシーな唇に仕上げられるグロスです。

一度塗りだと透明感のある発色、さらに二度塗りするとくっきりとした発色が楽しめるので、単品でも口紅との重ね付けでも楽しむことができます。

RE01(レッド)は、やや青味の入った上品な赤で女性の色気を唇で演出できます。
ロマンチックな夜のデートにもおすすめのカラーですよ。

公式HP

1.ぷるぷるナチュラル唇派?ツヤツヤグロス唇派?まずは彼の傾向をチェック!

グロス キス人の好みは十人十色ですので、男性の中でもグロスが好きな方もいれば、グロスがない素の唇にキスしたいと思う方もいます。

まずは、自分の好きな人または彼氏や旦那さんの傾向をチェックしましょう。

相手に聞いてみるのが一番わかりやすいですが、普段の行動や発言、好きな女性のタイプなどから推測してみましょう。

1つの具体例として、あなたがグロスをつけている日とつけていない日、どちらの方が彼はキスしてくれることが多いでしょうか?グロスを塗ったあとにキスしたときに、唇を拭いたりしていないでしょうか?

もしもうお付き合いしている相手なら、よく思い返してみましょう。

2.「ナチュラル唇」にキスしたい男性には

キスしたくなる唇「自然にうるおった唇が好き」

「素の唇の色がいいなって思う」

「メイクを落としちゃいそうで気になる」

など、グロスをしっかり塗った唇よりも、素のままの唇にキスしたいと考える男性もいるでしょう。

そんな男性は、「自然にうるおった唇」が好きなのかもしれませんね。

自然にしていてもかさかさしていない唇を見ると、キスしたくなるのではないでしょうか。

そんな彼が相手ならば、「普段から唇のお手入れをしっかり行う」ことがキスへの近道と言えるでしょう。

そこでお手入れに取り入れたいのは、唇用の美容液です。

肌には肌の美容液があるように、唇専用の美容液もあります。

唇用美容液は、唇の保湿を主な目的としてつくられていることが多く、テクスチャーは柔らかめでとろみのある、リキッドやジェル状のものが多いです。

そのため、唇の保湿を意識する場合は、ぜひ唇用美容液を、日頃のお手入れで使ってみてください。

また、毎日できるセルフケアとして、「ラップパック」もおすすめです。

ラップでリップパック

●準備するもの

ワセリン

・ワセリンとはちみつ
・食用品ラップ
・蒸しタオル

※蒸しタオルの作り方※

グロス キス①水で濡らしたタオルをゆるめに絞ります

②耐熱皿に乗せて、電子レンジで40秒~1分程温めて完成
※熱いので取り出す際には気を付けて下さい。

●リップパックのやり方

①蒸しタオルで唇を覆い、1分程度蒸します。

②ワセリンとはちみつを1:1で混ぜたら、温まった唇の中央から口角にかけて唇からはみ出るくらい塗ります。

グロス キス③唇を覆うことができる大きさのラップで覆います。

グロス キス④そのまま5分~10分放置します。

ワセリンとはちみつが残り過ぎて気になる場合は、丁寧に優しく拭き取ってください。

美容液やラップパックなど、セルフケアを忘れずに行い、ぷるぷるとした柔らかそうな唇を保ちましょう!

3.「グロス唇」にキスしたい男性には

グロス キス

「ツヤツヤした唇がセクシー」

「頑張ってメイクしてくれてるんだなって思うと可愛くてキスしたくなる」

「グロスとかが自分の唇に移ると、「キスしたんだな」って実感できる」

などなど、グロスで潤った唇にキスしたい男性は、男の自分にはできない、女性ならではのリップメイクに色気を感じていたりするのかもしれません。

「あなたに可愛いって思ってほしいから、メイク頑張ったの」
そんな雰囲気を醸し出されたら、その女性を「かわいいな!キスしたい!」と思う男性は多いのではないでしょうか。

また、「キスした」という事実が、グロスや口紅が自分の唇に色移りすることで表れると、恥ずかしがりながらもうれしいのでしょうね。

そんな男性には、しっかりグロスを味方にしてツヤツヤの唇を作り上げましょう。

グロスを塗る際のポイントは、「つけすぎないこと」です。

リップグロスは少量でも十分にツヤを出してくれるものが多いので、唇全体に塗り広げる必要はないでしょう。

唇の中央だけに縦のラインを描くイメージでリップグロスを乗せると、唇の立体感を作ることができます。

グロスを塗る前の大切なポイント

グロスを塗る前に大切なのは、唇をしっかり保湿しておくことです。

乾燥してカサカサの唇では、せっかくのグロスのツヤがきれいに出にくくなってしまうかもしれません。

リップクリームや唇用美容液などセルフケアで保湿し、グロスを塗る下準備をしておきましょう。

4.まとめ

グロス キスグロスとキスのお話、いかがでしたか?

キスは大好きな人とするわけですから、グロスがあろうとなかろうと、キスしたらお互い幸せな気分になるはずです。

グロスのことなどを気にせず「キスすること」事体に重きを置いている方もいますよね。

ただ、彼の好みに合わせた唇を演出することができたら、もっと喜んでもらえるかもしれないですし、もっと自分のことを好きになってくれるかもしれません。

彼好みの唇で、デートに出かけましょう!

この記事は2017年3月7日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る