メニューを開く
2017年5月2日 更新

憧れハーフ顔はメイクで演出!ナチュラル彫深フェイスのつくり方

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風テレビや雑誌を見ていると、ハーフのモデルさんやタレントさんを多く見かける今日この頃。

鼻が高くて彫りが深いハーフ顔は、日本人女性ならば一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

今回はそんなあこがれの「ハーフ顔」に近づくためのメイクの方法や、使うべきアイテムなどをご紹介していきます。


1. ハーフ顔の特徴

ハーフ顔メイクに挑戦する前に、「ハーフ顔」にはどのような特徴があるのか改めて意識しておきましょう。

肌らぶ編集部が考える「ハーフ顔」の特徴は、
・彫りが深い
・顔が小さい
・目と眉の距離が近い

の3つです。

ハーフ顔の特徴①彫りが深い

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風ハーフ顔の最たる特徴と言えば、彫りが深いことです。

比較的、顔の印象がのっぺりしている日本人にとって、ハーフ顔のような彫りの深さは憧れですよね。

すっと通った鼻すじ、はっきり大きい瞳…
ハーフ顔は骨格にメリハリがあるため、全体的に彫りが深く見えると考えられます。

ハーフ顔の特徴②顔が小さい

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風2つめのハーフ顔の特徴は「小顔」なことです。キュッと引き締まった小顔は魅力的ですよね。
顔が小さいと全身のスタイルもよく見えます。

ハーフ顔の特徴③眉と目の距離が近い

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風ハーフ顔の特徴の3つめに「眉と目の距離が近い」ということがあげられます。

あなたが憧れるハーフ顔のモデルさんやタレントさんを思い浮かべてみてください。
多くの方は、眉と目の距離が近くないでしょうか?

ハーフ顔は額の骨(眉の部分)が前に出ていることが多いので、眉と目の距離が近く見えることも影響していると考えられます。

2. ハーフ顔メイクのやり方&ポイント

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風ここでは【1. ハーフ顔の特徴】でお伝えした内容を踏まえ、肌らぶ編集部がおすすめする「ハーフ顔メイク」の方法とそのポイントについてご紹介します。

2-1. ハーフ顔メイク~アイメイク編~

ハーフ顔の彫りの深さを特に際立てる、アイメイクのポイントをご紹介します。
どのアイテムもブラウン系を使って、自然な彫りの深さを演出しましょう。

■ハーフ顔メイク:アイシャドウ

ブラウン系のアイシャドウパレットを使って、まぶたの奥行き感を強調させます。

【手順・使い方】
①ハイライトカラーをまぶた全体に乗せる
ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風立体感を出すために、ほんのりパールの入った肌なじみのよいカラーのものがおすすめです。

②ミディアムカラーを二重幅よりやや広めに入れる
ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風③ダークカラーをまぶたのキワに乗せ、目尻側が濃くなるようにぼかす
ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風④下まぶた全体にハイライトカラーを乗せる
ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風ふっくらした涙袋を演出し、目の縦幅を大きく見せます。小さめのブラシやチップで丁寧に。

⑤下まぶたの目尻(黒目のあたりまで)に、ミディアムカラーをラインのように入れる
ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風アイラインを引くようなイメージで細く!

■ハーフ顔メイク:アイライン

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風太くなりすぎないように注意しながら、まつげの隙間を埋めるように瞳がくっきり見えるようにアイラインを引きます。
ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風下まぶたのまつげのキワや粘膜部分にもうっすら入れると、より目の輪郭が強調され、ハーフ顔らしいくっきり瞳を演出することができます。極細タイプのリキッドアイライナーが便利。

■ハーフ顔メイク:マスカラ

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風ハーフ顔と言えば目を引くのが、ふさふさのまつげ。
量・長さどちらも出すように意識して、下まつげまでしっかり付けましょう。ブラシを外よりも内側に引き抜くようにし、目の縦幅を強調させます。

2-2. ハーフ顔メイク~フェイスカラー編~

ハーフ顔のような小顔に見せるためには、「シェーディング」「ハイライト」「チーク」などのフェイスカラーを上手に活用しましょう。

■ハーフ顔メイク:シェーディング&ハイライト

シェーディングとハイライトは、下の画像のように入れます。
ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風 シェーディング&ハイライトシェーディング:鼻筋の脇・頬骨の下(+フェイスライン・髪の生え際に入れてもOK)
ハイライト:Tゾーン(鼻筋まで)・頬骨の高い位置(目尻の下)・あご先

■“凹”を強調するシェーディング
シェーディング=顔の影になる部分を強調して立体感を出すメイク方法(orそのアイテム)。
シェーディングによって立体感が出ることで、顔の輪郭が引き締まり小顔に見せることができます。
パウダータイプで、自分の肌の色より2トーンほど暗めのシェーディングがおすすめです。
■“凸”を目立たせるハイライト
ハイライト=顔の部分的な箇所に明るい色をのせてツヤ感を出し、肌を立体的に演出するメイク方法(orそのアイテム)。
ハイライトは、骨格に沿って顔の高くなっている部分にのせると立体感が出て、小顔に見せることができます。
こちらもシェーディングと同様、パウダータイプのものが使いやすいでしょう。

■ハーフ顔メイク:チーク

ハーフ顔メイクのチークで目指したいのは、ナチュラルでヘルシーなイメージです。

チークをつける基本的な位置=にこっと笑った時に頬骨がいちばん高くなる位置からこめかみに向かって、やや斜めにチークを入れましょう。
ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風頬骨に沿って入れることで骨格が強調され、シャープな印象のハーフらしい立体感のある表情に。
カラーはベージュやオレンジ、コーラルレッドなどがおすすめです。その日のファッションや口紅の色に合わせるのもOK。かわいらしすぎない印象のカラーを選ぶと、健康的でイキイキした表情を作りやすいでしょう。

2-3. ハーフ顔メイク~アイブロウ編~

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風ハーフ顔を目指すなら、アイブロウを上手に活用して眉と目の距離を近づけましょう。
眉と目の距離を近づけるためには、アイブロウペンシルなどで眉の下側を書き足すのがポイントです。

ペンシルで細かく書き足した後、パウダーで軽くぼかすようにすると自然に仕上がります。

もとの眉色が真っ黒という方は、アイブロウマスカラを使ってナチュラルなブラウンにすると、よりハーフ顔らしさが出ます。

3. ハーフ顔メイクに♡肌らぶ編集部おすすめメイクアイテム

【2. ハーフ顔メイクのやり方&ポイント】でお伝えしたことを踏まえ、ここでは肌らぶ編集部がおすすめしたいアイテムをご紹介していきます。

3-1. ハーフ顔メイクに♡おすすめアイメイクアイテム

目もとの彫りの深さを演出するために便利な、ブラウン系のアイシャドウ・アイライナー・マスカラをご紹介します。

Visée(ヴィセ) グロッシーリッチアイズ

Visée(ヴィセ) グロッシーリッチアイズ ハーフ顔メイク

真珠のようにうるんだツヤめきを与え、立体感のある大きな目元に見せる4色セットのアイカラーです。
ハーフ顔メイクにおすすめのブラウン系には、2色のバリエーションがあります。

KATE(ケイト)スーパーシャープライナーEX BR-1

ケイト スーパーシャープライナーEX ハーフ顔メイク

まつげの間を埋めるように描きたいときに使いやすい、極細タイプのリキッドアイライナーです。
ニュアンスメイクも自由自在、スリムなペンが手にフィット。お湯で落ちるフィルムタイプです。

ミュゼル ノクターナル マスカラBR(ブラウン)

ミュゼル ノクターナル マスカラ ハーフ顔メイク

つややかなカールをキープし、瞳に存在感を与えるフィルムタイプのマスカラです。
細かい部分にも塗りやすいストレートコームを採用。まつげをナチュラルに長く太く見せてくれます。

3-2. ハーフ顔メイクに♡おすすめフェイスカラー

メリハリのある骨格をメイクできる、パウダータイプのシェーディング&ハイライトとチークカラーをそれぞれご紹介します。

THREE コントラスト デュオ

THREE コントラスト デュオ ハーフ顔メイク

ハイライトとシェーディングの2色がセットされたフェイスカラーパレット
2色のコントラストで、肌に立体感を演出します。重ねても厚ぼったくならず、ふんわりナチュラルな仕上がりに。

Visée(ヴィセ) フォギーオンチークス

ヴィセ フォギーオンチークス ハーフ顔メイク

透け感のある、ヌーディな肌に仕上がるチークカラーです。肌にクリアなツヤ感をプラスします。
ヘルシーかつヌーディなイメージに仕上げるなら、OR200やBE300がおすすめ。

3-3. ハーフ顔メイクに♡おすすめアイブロウ

眉のかたちと色を整えるときに便利な、ブラウン系のアイブロウペンシル&パウダーとアイブロウマスカラをご紹介します。

ハウスオブローゼ ロゼジュール アイブロー

ハウスオブローゼ ロゼジュールアイブロー ハーフ顔メイク

ペンシル・パウダー・ブラシがひとつになった、シャープナー不要のくり出し式アイブロウです。
1本で簡単に自然な印象の眉を描け、なりたい眉の形に柔軟に対応することができます。

KATE(ケイト) 3Dアイブロウカラー

ケイト 3Dアイブロウカラー ハーフ顔メイク

毛流れを整えて眉をなりたい色にカラーリングする、KATEの眉マスカラです。
使い勝手のよい小ぶりのブラシなので、眉マスカラ初心者の方にもおすすめ。

4. ハーフ顔メイクを引き立てるための+αポイント

メイクのポイントを押さえたら、よりハーフ顔に近づくため、その他のポイントも意識してみましょう。
ここではメイク以外のポイントを2つご紹介します。

4-1. カラーコンタクトを活用する

目 アイ まつげハーフ顔を目指したい方は、カラーコンタクトを着用するのもよいでしょう。明るめのカラーコンタクトを着用すると、色素が薄い瞳を演出でき、ハーフのような印象に仕上がります。

※カラーコンタクトレンズ、特に眼科医の処方を得ずに化粧品と同様に店頭販売、あるいは通信販売されているカラーコンタクトレンズによるトラブルが目立っています(出典:日本コンタクトレンズ学会)。
カラーコンタクトを使用する場合は、必ず眼科で検診を受けるようにしましょう。

4-2. 髪色を変える

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風髪の色は、雰囲気を大きく左右する大切なパーツです。メイクだけでなく髪にも気をつかえたら、ハーフ顔らしさをさらにアップさせることができるでしょう。

おすすめはアッシュ系のカラーです。アッシュ系は赤みを抑えたややくすみのある色で、簡単にハーフのような雰囲気を演出することができます。

髪色を変える際は自分に似合う色を美容師さんに相談しつつ、このようなカラーを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

5. まとめ

ハーフ顔 メイク やり方 アイシャドウ 眉毛 カラコン 外国人風ハーフ顔を目指す方のメイクのポイントや具体的なやり方、おすすめしたいアイテムなどをご紹介してきました。

生まれつきの顔を変えることはなかなか難しいですが、メイクの方法やアイテムを活用することでじゅうぶんにイメージを変えることができます。
メイク以外の部分も意識しつつ、あこがれのハーフ顔に近づきましょう♪

この記事は2017年5月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。