メニューを開く
アスタリフト;

バレずに可愛い学校メイク!元美容部員直伝のテクニックが満載♡

学校メイク「学校にメイクをして行きたいけど、バレるのは嫌…」とお悩みではありませんか。

女の子だもの、学校生活でも放課後のプライベートな時間でも、1日中可愛さをキープしたいものですよね♡

今回は、先生にバレずに可愛くなれる、パーツ別のメイクポイントと、ギャップを魅せつける放課後メイクを、肌らぶ編集部元美容部員がご紹介します♪

さらに、可愛い子に共通する3つの条件を満たして、校内で1番のマドンナ顔を目指していきましょう♡


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.バレずに可愛い学校メイクとは

学校メイク学校メイクとは、学校内で最低限できるナチュラルなメイクのことを指します。

ナチュラルメイクの度合いは、学校の校則によってもさまざまです。

今回は、「すっぴんなのにいつも可愛い」と思われるナチュラルメイクを、「学校メイク」の基準としてすすめていきます。

この「学校メイク」さえマスターできれば、清楚の言葉が似合う、少女マンガから飛び出したようなマドンナ女子になれるかもしれません♡

2.バレずに可愛い学校メイクをつくる4つのステップ

学校メイクここでは、学校メイクに欠かせない4つのステップをご紹介します。

この4つのステップさえ守れば、バレずに可愛い学校メイクを簡単に習得することができるので、是非実践してみてくださいね♪

ステップ①:ナチュラルなベース
ステップ②:自眉を活かしたふわふわ眉毛
ステップ③:隠れラインで作るぱっちりアイ
ステップ④:リップクリームで作るぷるるんリップ

上記のステップを踏まえたうえで、パーツごとの学校メイクのポイントをみていきましょう。

ステップ①:ナチュラルなベース

学校メイク まとめまずはじめに学校メイクで大切なステップが、素肌感のあるナチュラルな肌質」を作ることです。
10代にしかないピチピチな肌を活かしたベースメイクにするために、コントロールカラーファンデーションチークは使用しません。

・日焼け止めまたは化粧下地
・コンシーラー
・フェイスパウダー

上記の3アイテムを使って、学校メイクにぴったりのみずみずしいナチュラルな肌作りに仕上げていきましょう。

●日焼け止めまたは化粧下地

学校メイク 日焼け止めまずは肌に明るさや透明感をプラスするために、日焼け止めまたは化粧下地を使用します。
使用量は必ず守り、付け過ぎないように注意しましょう。

◆日焼け止めまたは化粧下地のポイント◆

化粧下地は液状タイプを選ぶと、ムラ付きを防ぐことができるのでおすすめです。

また、肌色やグリーンなどのコントロールカラーがプラスされている化粧下地は避け、白または淡いピンク色のものを使用すると、失敗せずにナチュラルな印象へと近付けることができます。

日焼け止めの詳しい塗り方はこちらの記事をご参照ください。
化粧下地の詳しい塗り方はこちらの記事を参照してください。

●コンシーラー

コンシーラー 色思春期ニキビの赤みやニキビ跡が気になる場合は、部分的にコンシーラーを使ってカバーするようにしましょう。
ニキビの赤みや跡をキレイにカバーするためには、コンシーラーのタイプや色選びがとても大切なポイントになります。

◆コンシーラーのポイント◆

コンシーラーは密着感のあるスティックタイプを選ぶと、部分的に点在するニキビ悩みをカバーしやすくなるのでおすすめです。

また、黄色みのある肌色よりも少し暗めの色を使用すると、ニキビの赤みをおさえることができます。

コンシーラーの詳しい塗り方はこちらの記事をご参照ください。

●フェイスパウダー

学校 メイク フェイスパウダーコンシーラーを使用した後は、化粧崩れを予防するためにフェイスパウダーでおさえるようにしましょう。
また、日焼け止めや化粧下地を使用した後の余分なベタつきをおさえる際にもおすすめです。

◆フェイスパウダーのポイント◆

フェイスパウダーは、クリアタイプを選ぶとナチュラルな素肌感を演出することができます。ラメやパール、色味が入っていないベビーパウダーなどがおすすめです。

また、フェイスパウダーの使用量はパフの1/3を目安に取り、粉をパフ全体に揉み込んでから肌にのせると、粉っぽさのない肌作りに仕上げることができます。

フェイスパウダーの詳しい塗り方はこちらの記事をご参照ください。

ステップ②:自眉を活かしたふわふわ眉毛

学校メイク 眉学校メイクの中でも比較的挑戦しやすいステップが、「自眉を活かしたふわふわ眉毛」です。
ナチュラルで柔らかいタッチに仕上げるために、眉マスカラ明るめの色味は使用しません。

・スクリューブラシ
・アイブロウペンシル
・パウダーアイブロウ(必要な場合)

上記の3アイテムを使って、学校メイクになじむ自眉を活かしたふわふわ眉毛に仕上げていきましょう。
また、事前の眉カットで眉の形をある程度整えておくことをおすすめします。

眉カットの整え方はこちらの記事をご参照ください。

●スクリューブラシ

学校 メイク アイブロウ ブラシ毛流れを自然な方向へと整えるために、スクリューブラシを使って丁寧にとかしてみましょう。
アイブロウペンシルのお尻部分に付属していることも多く、描きすぎた眉毛をぼかす際に使用するのもおすすめです。

◆スクリューブラシのポイント◆

スクリューブラシは毛質が硬いものが多いので、眉毛の根元から毛をしっかりと立ちあげることができるため、立体的なふわふわ眉毛を簡単に作ることができます。

また、毛質が硬いので肌に強く当てすぎないように注意しましょう。

●アイブロウペンシル

学校 メイク アイブロウペンシル自眉をスクリューブラシで整えた上で、眉の足りない部分だけをアイブロウペンシルで1本ずつ描き足していきましょう。
アイブロウペンシルは、力加減と色選びがとても大切なポイントになります。

◆アイブロウペンシルのポイント◆

アイブロウペンシルは、軽いタッチで描くように心がけましょう。

アイブロウペンシルの先端部分を持つと力が加わりやすくなってしまうので、ペン先から少し離れた部分を持って描くことをおすすめします。

また、色選びは黒髪に合わせてグレーまたはこげ茶を使用するとナチュラルに仕上げることができます。

アイブロウペンシルの詳しい書き方はこちらの記事をご参照ください。

●アイブロウパウダー

学校メイク アイブロウパウダーアイブロウペンシルで眉毛を描き足しても、眉が全体的に薄く、毛の濃さにバラつきがある場合は、アイブロウパウダーを使用します。
アイブロウペンシルのお尻部分にセットされているものも多く販売されています。

◆アイブロウパウダーのポイント◆

アイブロウパウダーは、黒髪に合わせてグレーまたはグレイッシュブラウンを使用することをおすすめします。

アイブロウパウダーは、アイブロウペンシルとは異なり眉毛全体に使用するものなので、こげ茶だと目立ってしまう場合があります。

また、あくまでも眉の濃さを均一にするアイテムとして考え、量を取りすぎないように注意しましょう。

ステップ③:隠れラインでぱっちりアイ

学校メイク アイ 学校メイクの中でも1番注目したいステップが、「隠れラインで作るぱっちりアイ」です。

ナチュラルな仕上がりにするため、黒マスカラリキッドアイライナーは使用しません。

・アイシャドウまたはペンシルアイライナー
・ビューラー
・透明マスカラ

上記の3アイテムを使って、学校メイクに溶け込むぱっちりアイに仕上げていきましょう。

●アイシャドウまたはペンシルアイライン

学校メイク アイライン目元に隠れラインを引く場合は、アイシャドウまたはペンシルアイライナーを使います。
アイシャドウはよりナチュラルな目元に、ペンシルアイライナーは少し黒目がちな印象に仕上がります。

◆アイシャドウまたはペンシルアイラインのポイント◆

アイシャドウで隠れラインを引く場合は、ブラウン系のアイシャドウをチップに取り、まつ毛の隙間を埋めます。

ペンシルアイライナーで隠れラインを引く場合は、アイシャドウと同様にブラウン系のアイライナーペンシルでまつ毛の隙間を埋めたら、綿棒でなじませます。

ラインを太く引きすぎると、ナチュラルさに欠けてしまうだけではなく、このあとに行うまつ毛の印象も損ねてしまうことがあるので注意しましょう。

●ビューラー

学校メイク ビューラー目元に立体感をつけるために、ビューラーを使ってまつ毛にゆるやかなカールを付けていきます。
カールを付け過ぎてしまうと、不自然な仕上がりになってしまうので注意しましょう。

◆ビューラーのポイント◆

ビューラーは、まつ毛の根元から3段階に分けてカールをつけていきます。

ビューラーに力を入れて挟んでしまうと、カールに角ができてしまうので注意しましょう。

また、ビューラーのゴムは使用しているうちに傷んでしまいます。

カールが付きづらいと感じたり、ゴム部分にビューラーを挟む時の線がくっきりと出てきている場合は、ゴムを交換することをおすすめします。

ビューラーの詳しい使い方はこちらの記事をご参照ください。

●透明マスカラ

学校メイク 透明マスカラビューラーで作った扇状のカールをキープするために、透明マスカラを使用します。
透明マスカラは、まつ毛にツヤ感を与えることができるので、うるおいのある目元を演出することができます。

◆透明マスカラのポイント◆

透明マスカラの塗り方は、通常のマスカラと同様におこないます。

ブラシをまつ毛の根元に当て、毛先に向かってジグザグと左右にブラシを動かしながら塗りすすめていきましょう。

また、透明マスカラと間違えやすいのがまつ毛美容液です。まつ毛美容液はカールをキープすることはできないので、まつ毛をトリートメントするアイテムとして使い分けるようにしましょう。

マスカラの詳しい塗り方はこちらの記事をご参照ください。

ステップ④:リップクリームで作るぷるるんリップ

学校メイク リップ学校メイクの中でも、簡単に仕上げることができるステップが、「透明リップで作るぷるるん唇」です。
ナチュラルさを出すために、色付きリップは使用しません。

リップクリームのみを使用して、学校メイクを引き立てるぷるるん唇に仕上げていきましょう。

◆リップクリームのポイント◆

リップクリームは唇の形に沿ってただ塗るだけではなく、唇の縦ジワにあわせて縦方向に塗ることがポイントです。

塗り方を少し変えるだけで、ふっくらとした唇を目指すことができます。

リップクリームは色付きのものも販売されていますが、校則の限度を守って使用するようにしましょう。

リップクリームについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

3.バレずに可愛い学校メイク|3つの注意点

学校メイク学校メイクをする際の注意点を3つご紹介します。

ついついやってしまいがちな注意点なので、必ず意識してほしいポイントとなります。

①ラメやパール感のある質感を選ばない

学校 メイク ラメ学校メイクに使用するアイテムは、ラメやパールなど光沢のある質感のものは選ばないように注意しましょう。
ラメやパール感があると、メイクを強調してしまう恐れがあります。
キラッと輝くコスメは乙女心をくすぐり、ついつい使いたくなってしまうものですが、学校メイクに使用する際は控えることをおすすめします。

②発色の良い色は選ばない

学校メイク学校メイクに使用するアイテムは、発色の良いものは選ばないように注意して、透明または肌なじみの良い色を選ぶことがポイントです。
コントラストに差が出てしまうと、華やかなメイクに仕上がってしまうことがあります。
主張しすぎることのない、ナチュラルな色味のものがおすすめです。

③量を多めに付けない

学校メイク学校メイクに使用するメイクアイテムは、最初から多めの量を付けないように注意して、少しずつ全体のバランスを見ながら付けることがポイントです。
また、ウォータープルーフや粘度のあるアイテムは、比較的しっかり付くものが多いので、控えるようにしましょう。
素肌感を感じる、薄付きを意識したメイクがおすすめです。

4.放課後メイクで差をつける!6つのアイテム

学校メイク
放課後にプラスできる、6つのおすすめメイクアイテムをご紹介します。
1アイテムをプラスするだけでも、可愛さに差が付く魅力的なアイテムです。
キレイに仕上がる使用順序でご紹介するので、自分の使いたいアイテムをピックアップしながら読み進めてみてくださいね♡

◆紹介アイテム◆

・フェイスパウダー
・アイシャドウ
・アイライン
・マスカラ
・チーク
・リップ

①色付きのフェイスパウダー

学校メイク肌色が付くフェイスパウダーは、頬の赤みや色ムラを自然にカバーすることができます。
若さのあるみずみずしい肌を活かすためにも、ファンデーションは控えることをおすすめします。

②ブラウン系のアイシャドウ

学校メイクブラウン系のアイシャドウは、目元に自然な立体感を演出することができます。
何色か色が入っているアイシャドウパレットを1つ持っておくと便利なのでおすすめです。

アイシャドウの塗り方について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

③アイライン

学校メイク学校メイクのアイラインよりもよりくっきりと描くことで、黒目を大きく魅せることができます。
色味やペンシル、リッキッドなどの種類選びは、お好みやその時の気分によって変えながら楽しむのもおすすめです。

アイラインの引き方について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

④黒マスカラ

学校メイク学校メイクで使用した透明マスカラの上から黒マスカラを塗ることで、目元全体を大きく魅せることができます。
また、透明マスカラは黒マスカラの下地やトップコートとしての役割もあるので、同時にカールキープやパンダ目の防止を期待することができます。

⑤ピンクチーク

学校メイク チーク淡いピンクやサーモンピンクのチークは、ほんのり色づくナチュラルな頬を演出することができます。
シルキー肌に仕上げたい場合はパウダータイプ、ツヤ肌に仕上げたい場合はクリームまたはリキッドタイプがおすすめです。

チークの選び方や塗り方について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

⑥ピンクグロス

学校メイク リップグロス ピンクグロスまたは色付きリップクリームは、可愛らしい印象をプラスすることができます。
ぽってりとした唇を演出したい場合はグロス、ベタ付き感が苦手な方は色付きのリップクリームがおすすめです。

5.学校メイク以外で差をつける!可愛い子の条件3つ

学校メイク 可愛いここでは、可愛い子に共通する3つの条件をご紹介します。
学校メイク以外にも差が付く、女子力ポイントを身に付けましょう♡

①かわいい笑顔

学校メイク 笑顔常に笑顔でいることは、学校メイクでは引き出せない可愛らしさを引き出し、女子力を急上昇させるとても大切なポイントです。

また、笑顔は美容効果やメンタルの向上、ストレス解消にも良いと考えられています。

毎日にこにこ可愛い笑顔でいることを意識して、笑顔の習慣をクセ付けるようにしましょう。

②さらさらヘア

学校メイク さらさらヘアツヤのあるさらさらヘアは、女性らしさをアピールするとても大切なパーツです。

ツヤのあるヘアは、日頃のお手入れが行き届いていることを連想させ、魅力的で可愛い印象をアピールすることができます。

休み時間にはこまめにブラシで髪を整えたり、毎日のヘアケアを気にかけることで、学校メイクをより引き立たせることができます。

さらさらヘアにする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

③お手入れの行き届いた指先

学校メイク 指先つい触れたくなるようなお手入れの行き届いた指先は、女性の美しさを感じさせることができる魅力的なパーツです。

指先は、目立ちにくいようで意外と目に留まりやすいパーツなので、カサつきや手荒れがないことが理想的といえます。

ハンドクリームを常に持ち歩いている、学校内でも女子力の高い可愛い女の子を目指しましょう。

特徴別のプチプラハンドクリームについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してください。

6.学校メイクまとめ

中学生 スキンケア④いかがでしたか?

ナチュラルで可愛い学校メイクを習得して、頑張り過ぎない自然体な自分をアピールしてみましょう♪

さらに、可愛い子に共通する3つの条件を掛け合わせれば、ついつい見惚れてしまう、学校でみんなが憧れる存在へとステップアップしていることでしょう♡

この記事は2016年10月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る