2017年9月1日 更新

辛い片思いの対処法&諦めた方が良い恋の特徴

片思い 辛い
「片思いが辛い」「片思いから解放されたい」と、お悩みではありませんか?

片思いの恋は楽しいことばかりではなく、辛いと感じることも多いはずです。片思いが辛いと感じたときの対処方法や、諦めた方が良い片思いの特徴、辛い片思いの諦め方をお話しします。

どんなに辛く不毛に思えても、無駄な恋などありません!

片思いの辛さに負けそうになっている方や、今後どのように行動をすれば良いか分からない方は、参考にしてみてください。


1.辛い片思いの対処方法

辛い片思いの対処方法をご紹介します。

1-1.相手に期待しない

片思い 辛い
片思いが辛いときは、相手に対して期待をしないのがおすすめです。

片思いが辛くなる理由は、相手の中で自分が一番になれるかもしれないという、心理的な期待感を持っているせいだと思います。

「今夜は会えるかな」「彼氏より好きって言ってくれたし」「いつか彼女と別れてくれる」と、心のどこかで考えているのではないでしょうか。

そこで、そもそも相手に期待をしていなければ、がっかりしたり、心理的に傷ついたりすることはないので、片思いの辛さが軽減するかもしれません。

1-2.片思い以外のことに目を向ける

片思い 辛い
片思いが辛いなら、片思いについて考えなければ良いという話になります。

片思い以外のことで、仕事や勉強、趣味などに集中すれば、辛い片思いに悩まされることはないでしょう。

片思い以外のことに没頭しているうちに、いつしかその片思いを忘れることができるかもしれません。

1-3.思い続けられるだけで幸せだと思う

片思い 辛い
片思いが辛いときは、「思い続けられるだけで幸せ」と自分に言い聞かせましょう。

好きな相手がいて、例えそれが成就しない恋愛だったとしても、相手を好きでいられると思ったら、それだけで幸せだと思いませんか。

人間が恋に落ちるということは、ドラマティックです。家族でもない相手を、数えきれないほどの異性の中から見つけて、恋をするというのは、十分すぎるほどの奇跡だと思います。

それほど好きになれる相手と出会えたことに感謝し、その幸福感を噛みしめましょう。

1-4.諦める

片思い 辛い
片思いが辛いときは、片思いを諦めましょう。片思いを諦めてしまえば、当然片思いで悩まされることはありません。

辛いだけなら、ここは片思いをスパっと諦めてしまいましょう。

そうは言っても、「諦める」のは口で言うほど簡単ではないので、3章の「辛い片思いを忘れるための方法」を参考にしてみてください。

2.諦めた方が良い片思いの特徴

諦めた方が良い片思いの特徴をご紹介します。片思いを諦めるべきかお悩みの方は、参考にしてみてください。

①相手に恋人・結婚相手がいる

片思い 辛い
相手に恋人がいたり、すでに結婚をしていたりする場合は、諦めた方が良いかもしれません。それは、世間的に浮気や不倫につながる可能性があるものです。

長く一緒に過ごしているカップルの間には、他人には到底想像できないような深い絆があることがあります。本命でない相手との、良いところだけをつまみ食いしたような関係を続けていては結ばれないような絆です。

パートナーのことを悪く言っていても、悪いところだけではないからこそ、すぐに離れられないのです。

相手が「別れる」「あなたが一番」と言い続けても、一向に行動を起こしてくれない場合は、諦めることも考えてみましょう。

②相手に振り回される

片思い 辛い
相手に振り回されてばかりの片思いなら、諦めた方が良いかと思います。

家族でもない相手を振り回すような人は、あなたのことを大切に思っているとは考えにくいです。

お互いに思いやりのある関係なら、一方的に振り回したり、振り回されたりするようなことはないでしょう。

相手に振り回されてかわいそうな自分に酔わず、冷静におかしな恋愛に陥っていることを悟ってください。何より振り回されると、フラストレーションもたまりますよね。

③相手に振られている

片思い 辛い
すでに相手に振られてしまっていたら、諦めた方が良いかもしれません。

少しでも可能性があれば、振るようなことはないはずです。告白して振られているのなら、その片思いが成就することは考えにくいでしょう。

何度も告白して、相手の方が折れるパターンはゼロではありませんが、そうなる確率は決して高くありません。

一度振られているのなら、その時点で片思いを諦める方向で考えましょう。

④相手に好きな人がいる

片思い 辛い
相手があなたではない他の人を好きだったら、その片思いは諦めた方が良いかもしれません。

相手があなた以外の人に夢中なら、あなたの勝算は低そうです。もし相手の恋が成就したら、その分あなたも心理的に傷つくことでしょう。

自分以外の人によって相手が幸せになるのをそばで見ているのは、何より辛いものです。

好きな人が幸せになっても、自分は不幸になってしまうのなら、片思いを終わらせた方があなたにとって良いかもしれません。

⑤辛い・悲しいだけ

片思い 辛い
辛いだけ、悲しいだけで、楽しさや幸福感がほとんどないような片思いは、諦めた方が良いでしょう。

恋愛とは、幸福なだけのものではないにしても、逆に辛いだけのものでもありません。

辛い感情を我慢したからと言って、幸せになれる保証はないのです。その片思いに楽しさが見いだせないのなら、諦めることも考えてみましょう。

⑥相手から恋愛対象に見られていない

片思い 辛い
片思いの相手から、恋愛対象に見られていない場合も、諦めた方が良いかもしれません。

「友達にしか見えない」「妹のように思っている」など、恋愛感情を持ってもらえない場合は、相手の気持ちが簡単に変わりにくいからです。

恋愛対象と思われたとしても、そこから恋人候補になるというステップがあります。

時間をかけても必ず実るものではないのが恋です。

恋愛対象に見られない片思いは、諦めた方が良いかもしれません。

3.辛い片思いを忘れるための方法

辛い片思いを忘れるための方法をご紹介します。

3-1.「運命の相手ではなかった」と言い聞かせる

片思い 辛い
片思いを忘れるために、片思いの相手は、運命の相手ではなかったと自分に言い聞かせましょう。

片思いのまま、相手への気持ちが実らなかったのであれば、2人は赤い糸で結ばれた者同士ではなかったと考えられます。タロット占いか何かで「運命の相手」と言われても、その結果が必ず当たるとは限りません。

運命の相手は、あの人ではないだけで、もっと別のところにいるのかもしれません。本当の相手が現れるそのときを待ちましょう。

3-2.楽しいことを考える

片思い 辛い
片思いを忘れるために、片思い以外の何か楽しいことを考えてみましょう。

片思いが辛いときは、少し前まで楽しめていたことが、以前のように楽しめなくなることがあります。

こんなときだからこそ、以前は楽しくて時間も忘れてしまったことや、考えただけでワクワクするような行動を積極的にやってみましょう。

友達と海外旅行をしたり、レストランでコース料理を食べたりなど、ちょっとした贅沢気分を味わったりするのもおすすめです。

片思いの辛さで気分が落ちているときこそ、心の栄養になるような時間を自分にプレゼントしましょう。

3-3.他の異性を見てみる

片思い 辛い
片思いを忘れるために、他の異性のことも見てみましょう。

今は片思いの相手のことしか考えられない状態かもしれません。ですが、相手はその人だけではないと思うのです。友達だと思っていた人も、実は意外と恋人としてアリなこともあります。

この機会に、相手以外の人のことも、異性として魅力的な部分がないかどうか、改めて見直してみましょう。

3-4.相手の嫌いなところを書き出す

片思い 辛い
片思いを忘れるために、相手の嫌いなところを思い出して、紙に書き出してみましょう。

相手から傷つけられたこと、嫌な思いをさせられたことは、ゼロではなかったはずです。

「恋は盲目」と言うだけあって、恋愛中は相手の良くないところは見逃しがちです。

でも、相手も人間ですから、悪いところがまったくないことはないでしょう。

相手の嫌いなところや、相手に対して嫌な気持ちになったことなどを、紙に書き出し、相手に対して抱いている余剰な夢を壊すのです。

思いつくだけ紙に書いていったら、「なんでこんな相手のことを好きだったんだろう」と目が覚めるかもしれません。

3-5.新しい出会いを増やす

片思い 辛い
片思いを忘れるために、新しい出会いを増やしましょう。職場や学校と家との往復だけしていては、新しい恋は始まりません。

今まで興味を持てなかった飲み会や合コンにも、積極的に参加してみるのがおすすめです。

片思いの真っただ中だと、相手のことしか見えないかもしれません。しかし、新しい出会いを増やせば、片思いの相手よりも、もっと良い人とも出会える可能性があります。

まずは片思いの相手以外を見るということを意識し、「あの人しか見えない」という状態から、「あの人よりステキかも」と頭を切り替えていきましょう。

4.まとめ

片思い 辛い
片思いが辛いときの対処法、諦めた方が良い片思いの特徴、片思いを諦める方法をお話ししました。

どこまで行っても片思いは、両想いか振られるかの2つのうちどちらかの結果しかありません。だからこそ、その片思いは、自分なりの方法で気持ちに折り合いをつけていく必要があるのです。

しかし、今は辛くても、いつかそんな辛い片思いも、良い思い出に変わるかもしれません。どんなに不毛なように思えても、無駄な恋などないのですから。