メニューを開く

一重まぶたさん必見!アイシャドウの基本的な選び方&塗り方とは?

アイシャドウ 一重
「一重まぶたに合うアイシャドウの選び方や塗り方が分からない・・」とお困りではありませんか?

一重まぶたの方は、自身の目の形を活かしたアイシャドウの「選び方」と「塗り方」を意識するだけで、目元の印象を変えることが期待できるといわれています。

そこで今回は、一重まぶたを魅力的に見せる!アイシャドウの塗り方&選び方についてご紹介します。



1.一重まぶたの方必見!自分に似合うアイシャドウの選び方

一重まぶたの方は、まず自分の肌色のベースカラーを知り、似合う色を知ることが大切です。

自分に似合う色を選ぶことができれば、暖色系・寒色系問わず魅力的で華やかな目元を演出することが期待できます。

これからご紹介するイエローベース・ブルーベースの特徴を確認して、自分の肌色に近いのはどちらかチェックしてみましょう。
ベースカラーに合わせたアイシャドウを使用すると、肌とのなじみが良く、アイメイクだけ浮いてしまうというような失敗をしにくくすることができます。
ブルーベース・イエローベース

■イエローベースの特徴■

イエローベースは、黄色みを帯びた温かみのあるイメージの肌色です。

・どちらかというと肌が黄み寄り
・唇の色がサーモンやピーチ色寄り
・手の色は黄色~オレンジのような色味
・目の色は茶色っぽい(写真を撮ったときに赤く光る)
・日焼けをすると小麦色になりやすい
・真っ白な色よりもクリーム色の方が似合う
・グレーよりもブラウンの方が似合う

イエローベースに似合う色の一例

アイシャドウ01・ベージュ
・ブラウン
・オリーブ
・グリーン
・ゴールド
・オレンジ

イエローベースに避けてほしい色の一例

・グレー
・シルバー

■ブルーベースの特徴■

ブルーベースは、青色みを帯びた涼しげで爽やかなイメージの肌色です。

・どちらかというと色白で肌が青み寄り
・唇の色が桜色やローズ色寄り
・手の色は青色~赤紫のような色味
・目の色は茶色っぽい(写真を撮ったときに赤く光る)
・日焼けをすると肌が赤くなりやすい
・クリーム色よりも真っ白な色の方が似合う
・ブラウンよりグレーの方が似合う

<ブルーベースに似合う色の一例>

アイシャドウ02・パープル
・ブルー
・ダークブラウン
・シルバー
・ボルドー

ブルーベースに避けてほしい色の一例

・オレンジ
・ゴールド

2.一重用|アイシャドウの塗り方

ここでは、アイシャドウの基本として知っておきたいポイントと、一重の方におすすめしたいアイシャドウの塗り方をお伝えします。

2-1.一重まぶたの方がアイシャドウを塗る前に知っておくべき3つのポイント

まずは、アイシャドウを塗る前に知っておきたいポイントを3つご紹介します。

■基本の塗るべき場所(アイホール)を知る

アイシャドウ03_2アイシャドウを塗る前に確認しておきたい場所が、「アイホール」と呼ばれている、目頭と目尻を半円状に囲んだ範囲の部分です。

自分のアイホールが良くわからない方は、眉の中央を上に引き上げてみてください。
引き上げた時に眼球に沿ってくぼむ部分までを「アイホール」と呼びます。

この範囲にアイシャドウを塗るとアイメイクのバランスが良くなり、仕上がりも美しく見えやすくなります。

一重まぶたの方が塗る範囲を狭くしすぎてしまうと、アイシャドウの色味が隠れて見えなくなってしまうことがあります。
逆に、広い範囲に塗り過ぎてしまうと、派手な印象に見えてしまう場合があるのです。

そのため、アイホールを意識してアイシャドウを塗っていきましょう。

■アイシャドウパレットの役割を知る

アイシャドウ04アイシャドウのパレットには、目元にグラデーションや立体感を作りやすくするためのカラーがセットされています。

特に一重まぶたの方は、パレットに入っているカラーの特徴と塗る範囲のポイントをおさえることがとても大切です。

それぞれの色を上手に使いこなして、パレットの魅力を活かせるようにしましょう。

①ハイライトカラー

まぶた全体に明るさと透明感を演出して目元にツヤを与える、柔らかい色味を中心としたカラーです。
ラメやパール感のある色が多く、中には、ハイライトカラーが2色入っているパレットもあります。

②ミディアムカラー(中間色)

メインカラーよりも淡く、色味を残しながらも肌になじみやすいカラーが多いため、グラデーションを作るためにとても大切な役割をしています。

③メインカラー(締め色)

目の印象を引き締めてくれる一番濃い色のことです。目の際や目尻に入れて使います。

■アイシャドウを塗る際に必要なツールを知る

チップアイシャドウは、ツール(道具)を使いこなすことで、メイクの仕上がりの印象を変えることができます。

ツールの種類によって、アイシャドウの発色なども異なるため、メイクによって使い分けてみてください。

アイシャドウブラシ

アイシャドウ用に作られたブラシです。使用目的に合わせて、サイズや種類も豊富にあります。
アイシャドウブラシの中でも大きめのタイプはアイホール、小さめのタイプは中間色や下まぶたに使用する際にとても便利です。

チップ

アイカラーチップは、ブラシでつけるよりも発色が良いため、締め色や目の際など、色味をしっかり出したいときに便利です。

2-2.【一重まぶた】アイシャドウの塗り方

ここからは、一重の方に試していただきたいアイシャドウの塗り方をお伝えします。

■使用するアイテム

・アイシャドウ
・アイシャドウブラシ大
・チップ(もしくはアイシャドウブラシ小)

1.ハイライトカラーをブラシで取り、手の甲で余分な粉を落とします。
te
2.アイホール全体にハイライトカラーをのせて、まぶたのくすみをカバーします。
1
3.上まぶたの目の際に細くメインカラーをのせます。
2
4.メインカラーをアイホールに向かって軽くなじませて、先ほどよりも少し太めに再度色を重ねていきます。これによって目元を立体的に見せます。
★目を開けたときに色が1~2mmほど見えるくらいの幅が目安です。
4
5.ミディアムカラーをアイホールの下半分くらいを目安にのせます。このとき、メインカラーとの境目を自然にぼかして、なじませるようにしましょう。
3
6.ハイライトカラーを下まぶたの目頭から目尻にかけてのせたら完成です。(タレ目風にしたい方は目尻の3分の1部分まで締め色をのせましょう。)
mmm
※メーカーによって塗り方が異なる場合もありますのでご了承ください。

3.【応用編】一重の方のアイシャドウポイント

アイシャドウの塗り方のコツを掴んだら、その日の気分やイメージに合わせて使用するカラーバリエーションを増やしていきましょう。

色を選ぶ際は、先ほどお伝えした自分のベースカラーに似合う色を参考にして選んでみてくださいね。

ここでは、「なりたいイメージ」に合わせた一重まぶたのアイシャドウポイントをご紹介します。

■CUTE/可愛いイメージ

アイシャドウ ピンク

オススメカラー

・イエローベース⇒ベージュ
・ブルーベース⇒ピンク

メイクポイント

可愛いイメージに合わせたオススメカラーを使用する場合は、ふんわりとブラシで入れるのがおすすめです。
あまり濃く塗り過ぎないようにしましょう。

■COOL/大人っぽいイメージ

アイシャドウ クール

オススメカラー

・イエローベース⇒カーキ
・ブルーベース⇒グレー

メイクポイント

知的で大人っぽい印象にするには、落ち着きのあるカーキ系やグレー系を使ってみましょう。

■ELEGANT/品のあるイメージ

一重

オススメカラー

・イエローベース⇒ブラウン
・ブルーベース⇒パープル

メイクポイント

華やかで品のある印象にするには、深みのあるブラウンやパープルで仕上げましょう。ツヤ感のあるものを選ぶこともおすすめします。

4.まとめ

一重まぶたのアイシャドウ選びと塗り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

一重まぶたの魅力を十分に活かすためにも、自分に似合うアイシャドウの色選びを行い、メイクの幅を広げていきましょう。

この記事は2017年2月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る