メニューを開く
提供:健康コーポレーション株式会社

口角を上げたい方へおすすめ!キュッと上がる口角のつくり方&口角を下げる?NG行動

Pocket
LINEで送る

口角 上げる
口角が下がっていて、いつも怒ってる・不機嫌?と思われてしまう…。
そんな方は、口角を上げて自然な笑顔を作りたい!と思っていませんか?

口角が下がっていると、怒ってる・機嫌が悪いという印象を持たれがちです。

口角上げる

何気ない時でも口角が上がっていて、明るく良い印象を持ってもらえたら嬉しいですよね!

そこで今回は、口角を上げたい方へおすすめの情報をご紹介します。


1.口角を上げるための6つのトレーニング

口角は、口周りの筋肉が衰えることで下がりがちになります。

口周りの筋肉を鍛えるトレーニングを毎日続けることで、微笑んだように上がった口角を目指せます。

口角を上げるために効率のよい、6つのトレーニングをご紹介します!

最初から6つすべてを行っても良いですが、道具を使わずトレーニングしたいという方は①~⑤を、全部やるのは時間がかかるし続かないかも…という方は②~④の3つだけでも、まずは続けてみてください。

~顔の準備体操~

まず口角を上げるトレーニングの前に、顔の筋肉を柔らかくほぐしましょう。

手順1:目を閉じて5秒程度顔の力を抜きます。
手順2:眉を上げて上を見るのと同時に、口を軽く開けたまま鼻の下を伸ばします。
手順3:一番伸びた状態で、5秒キープします。これを5回程繰り返します。

顔がほどよくほぐれたら、口角を上げるトレーニングをはじめましょう。

~口角を上げるトレーニング~

■トレーニング①

口の内側から頬や表情の筋肉を鍛えます。表情筋を柔らかくするのにおすすめです。
口角 上げる 顔体操
手順1:思いっきり口に空気を入れて膨らませてから、唇を閉じます。
手順2:入れた空気を右の頬に集めて5秒キープします。次に左も同様に5秒キープします。
口角 上げる 顔体操2
手順3: 口の中の上側(鼻の下の部分)に空気を集めて5秒キープします。
手順4:下の前歯と唇の内側の間に空気を集めて5秒キープします。
1~4を3回繰り返し行います。

■トレーニング②

上唇~頬の内側の筋肉を鍛えるトレーニングです。ほうれい線予防にもおすすめです。

んー

手順1:口を軽く閉じ、上唇・下唇を口の中に巻き込みます。唇のピンクの部分が見えないようにしっかり巻き込みましょう。
手順2:あごを軽く引き、唇を“U字”にする気持ちで口角を引き上げて8秒キープ。
手順3:ゆっくりもとにもどします。
これを2回で1セットとして、1日に10セット程度行いましょう。

■トレーニング③

頬の筋肉を鍛えて、口角を自然に上げます。

イー

手順1:口角を斜め上に引き上げる気持ちで『イ』の口を作ります。5秒程キープします。
手順2:唇を思いきり前に突き出して『ウ』の口を作ります。5秒程度キープします。
手順3:もう一度、1と同じように『イ』の口を作り5秒キープ。
これを3回繰り返して1セット、1日に3セットを目安に行いましょう。

■トレーニング④

口角・頬をグッと上げることで、自然に口角が上がるようになります。
口角 上げる トレーニング
手順1:片目をつぶりウインクをします。
手順2:ウインクした目に、頬と口を近づけるようにグッと引き上げて5秒キープします。
手順3:反対も2と同様に、ウインクして頬と口をグッと引き上げ5秒キープします。
1日3回を目安に行います。

■トレーニング⑤

舌のトレーニングです。舌は筋肉の塊で、表情に大きく関係しています。
舌の筋肉が衰えると口角を下げたり顔の老化につながるので、舌もしっかり鍛えましょう。
口角 上げる トレーニング
手順1:口を開け、舌をめいっぱい突き出します。
手順2:舌を鼻につける気持ちで5秒曲げます。
手順3:舌をあごにつける気持ちで5秒曲げます。
手順4:頬に舌をつける気持ちで、左右5秒ずつ曲げます。
上記を1セットで、1日に3回を目安に行いましょう。

■トレーニング⑥

割り箸を使うトレーニングです。割り箸を使って、口角を上げるイメージをつけます。

割り箸

手順1:割り箸を横にして、前歯で軽くくわえます。
手順2:割り箸をくわえたまま、人差し指で左右の口角を上げて30秒程キープします。
『イー』と声を出しながら行うとやりやすいです。
手順3:口の形を崩さないように、割り箸を抜きます。そのまま頬に手を当てて口角・頬を優しく外側斜め上にあげます。20~30秒キープします。

これを1日3回を目安に行います。

【口角トレーニンググッズ】

もっと気軽にトレーニングしたい!という方は、トレーニンググッズを使うのもおすすめです。

FACIAL FITNESS PAO

口角 上げる PAO
くわえて首を振って、顔の筋肉をトレーニングするアイテムです。
1回30秒~、一日2回程度を目安に使用して下さい。

楽しみながら、口元の筋肉トレーニングができます。

>>PAO 公式HPはこちら

また、トレーニングと同時に美顔器などでお手入れすることもおすすめです。
より肌をやわらげることができるので、年齢サインが気になる方などはぜひお試しください。

エステナード LIFTY(リフティ)
エステナードリフティ

肌を土台から支える表情筋に着目し、「ライザップ」の協力のもと誕生した美顔器です。
RF(ラジオ波)・EMS・ION、3つの機能を搭載し、自宅での快適なマッサージをサポートします。

専用のジェルは、化粧水・美容液・乳液・クリーム・下地・パックのお手入れが一つで完了できる、オールインワンタイプです。

>>エステナードリフティ 公式HPはこちら 


2.口角が上がったように見えるメイク術

とにかく今すぐに口角を上げたい!という方のために、メイクで口角を上げて見せる方法をご紹介します。

~準備するもの~

クリーム・リキッドタイプのコンシーラー・リップライナー・口紅
リップ以外のメイクが完成した後に始めます。

~口角UPメイクの方法~

手順1:下唇の口角部分のみ、唇の脇をコンシーラーで1mm程度上に伸ばして描きます。

口角 上げる メイク
手順2:塗ったコンシーラーを軽く指でぼかしてなじませます。
手順3:リップライナーで唇の輪郭を描いてから、中を埋めるように口紅を塗ります。

コンシーラーで口角を上げてから、リップライナーで輪郭を作ることでさらに、ナチュラルに口角が上がって見えます。

【おすすめ口角UPメイクアイテム】

ミュゼル ノクターナル リップライナー ペンシル(POLA)
ミュゼル ノクターナル リップライナー ペンシル
やわらかな描き心地のリップライナーです。ピンク系とローズ系の2色があります。

>>POLA 公式HPはこちら

マキアージュ コンシーラーリキッド(資生堂)
マキアージュ コンシーラーリキッド
気になる部分を自然にカバーする、筆ペンタイプのリキッドコンシーラーです。ライト・ナチュラルの2色展開です。

>>資生堂 公式HPはこちら

3.口角を下げる?NG行動

■顔を動かさない・話すことが少ない

woman-828953_640
誰かと話したり笑ったりすることが少なく、顔の筋肉をあまり使わずに過ごしていると、表情を作る筋肉が衰えて口角も下がってしまうかもしれません。

トイレで席を立った時などだけでも、1で紹介したトレーニング方法を取り入れて、顔の筋肉を使うように心がけましょう。

■食事の時にあまり噛まない

鼻 毛穴
柔らかいものばかり食べたり、あまり噛まずに食べることも、頬・口周りの筋肉が衰える原因になります。

噛みごたえがあるものを食べるようにしたり、なるべくたくさん噛んだりするように意識してください。

■ストレスをためている

高校生 スキンケア②
気持ちが沈むことで自然と口角も下がりがちになり、暗い印象の顔になりかねません。

次の4でご紹介していますが、日ごろから意識的に口角を上げておきましょう。口角を上げるだけでも、ポジティブな気持ちになれるかもしれません。

4.口角を上げることのメリット

shutterstock_55420126
口角が上がると自然と微笑んだような表情になります。それによるメリットをご紹介します!

笑顔を作ると、脳に【幸せだ】という信号が送られ、幸せ・満足感を感じる物質“セロトニン”の量が増えると言われています。

さらに表情が明るくなることで、周りの人に与える印象も良くなります。

また、笑顔でいるときと眉間にシワを寄せているときでは心の落ち着き度合は異なり、笑顔でいた方が穏やかな気持ちになれるでしょう。

顔の筋肉が硬くなっていると、笑顔も作りにくく口角も上がりづらいです。

トレーニングを取り入れることで顔の筋肉がほぐれ、口角が上がって表情を柔らかくすることが期待できます。

口角を上げることには、ただ「笑顔になる」だけではなく、魅力がたくさんあります。

トレーニングを継続して、口角の上がった明るい顔を目指しましょう!

この記事は2016年9月5日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

~肌らぶ編集部おすすめエステサロン~

ポーラ トライアルエステ

POLA

顔からデコルテまで、約56分間のエステをトライアル価格で体験することができます。

オールハンドの贅沢エステを、ぜひ一度ご体感ください。

>>ポーラ 公式HPはこちら


Pocket
LINEで送る