2016年10月19日 更新

SPFとPAの違いや意味って?今さら聞けない疑問を徹底解説!

SPF PA
日焼け対策アイテムを選ぶときによく目にする「SPF」と「PA」。

何気なく数値の高いものを選んでいたけど、「SPFとPAの違いってなんなの?」「どういう意味なの?」と疑問に感じていませんか?

今回は、そんな疑問にお応えすべく「SPF」と「PA」について徹底解説!

しっかり覚えて、今年の夏は自分に合った日焼け対策アイテムを選びましょう。


◆肌らぶセレクション◆

POLA B.Aプロテクター
POLA B.AプロテクターPOLA B.Aプロテクター
◆SPF50・PA++++

みずみずしい感触のジェルと、肌へぴたりと密着するクリームの良い点を合わせた、日焼け止めクリームです。

保湿成分として「ゴールデンLP」を配合。1日中乾き知らずのうるおい肌を目指します。

>>>POLA公式HPはこちら

1.紫外線の種類

「SPF」と「PA」の説明の前に、肌に影響を与える紫外線の種類を簡単にご説明します。
SPF PA
紫外線は、「UV-A(紫外線A波)」「UV-B(紫外線B波)」「UV-C(紫外線C波)」の3つに分けられます。

これらは波長の長さが異なり、肌に与える影響や肌への透過度に違いがあります。

一般的に、波長が短くなるほど肌への影響が大きく、波長が長くなるほど肌への透過度が高いと考えられています。

1-1.UV-Aとは

UV-Aは、長波長紫外線と呼ばれる波長の長い紫外線です。

波長が長いため肌の内部まで到達し、日常生活の中で知らず知らずのうちに長く浴び続けることで肌を黒くし、しわ・たるみの原因になるといわれています。

この、肌を黒くする現象を「サンタン」といいます。

1-2.UV-Bとは

UV-Bは、中波長紫外線と呼ばれる波長がやや長めの紫外線です。

波長がUV-Aほど長くないため、肌の表面に作用することで肌を赤くし、日焼けが原因でできるシミやそばかすを生じやすくさせます。

この、肌を赤くする現象を「サンバーン」といいます。

1-3.UV-Cとは

UV-Cは、短波長紫外線と呼ばれる波長が短い紫外線です。

波長が短いため、地球を覆うオゾン層に吸収され、私たちのいる地上までは届かないと言われています。

2.「SPF」とは

日焼け止め
「SPF」とは、「Sun Protection Factor」の略です。

SPFは、前章で紹介した「UV-B」を防ぐ力の大きさを表しています。

つまり、UV-Bを浴びることで肌が赤くなり、ヒリヒリする「サンバーン」を起こすまでの時間を何倍にのばせるかの目安となるものなのです。

2-1.SPFの読み解き方

日焼け対策アイテムを選ぶときに注目して欲しいのが、SPFの横に記載されている数字です。

この数値の大きさによって、その日焼け対策アイテムがどのくらいUV-Bを防ぐことができるかがわかります。

SPF1=約20分、UV-Bを防ぐと考えられています。
つまりSPF1は、日焼け対策アイテムを何もつけない状態より、日焼けを20分遅らせるということを表しているのです。

例えば、SPF30の日焼け対策アイテムの場合、20分×30=600分。
つまり10時間日焼けを防ぐということになります。

しかし、紫外線を浴び始めて日焼けするまでにかかる時間には個人差がありますから、日焼け対策アイテムを塗ったからといって100%紫外線を防げるというわけではなく、あくまで影響を減らせるということなのです。

2-2.SPFを選ぶときのポイント

SPF PA 選び方
散歩や通勤など1時間以内のお出かけには20~35程度、1時間以上のレジャーやスポーツには50以上を使うことをおすすめします。

また、日焼け対策アイテムは時間の経過とともに汗や皮脂などで流れ落ちてしまいます。
こまめに塗り直すよう心がけましょう。

3.「PA」とは

「PA」とは、「Protection Grade of UV-A」の略です。

PAは、前章でご紹介した「UV-A」を防ぐ大きさを「+」の数で表しています。

UV-Aを浴びたあと2~24時間で肌が黒くなる原因を防ぐ目安といえるのです。

3-1.PAの読み解き方

PAは、日本化粧品工業連合会により「PA+」~「PA++++」までの4段階に分けられています。

+の数が多いほどUV-Aを防ぐことが期待できます。

3-2.PAを選ぶときのポイント

散歩や通勤などの日常生活にはPA+~++程度、屋外でのレジャーやスポーツにはPA++~++++程度を目安に選びましょう。

また、UV-Aを防ぐためには1年中日焼け対策をすることをおすすめします。

UV-Bは10月~2月に急激に減るのに対して、UV-Aは比較的安定して降り注いでいるといわれています。

そのため、室内でも窓際にいる場合や外出が多い場合は、特にしっかりとUV-A対策をすると良いでしょう。

4.シーン別!おすすめの日焼け止め

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたい日焼け止めを、使用シーン別にご紹介します。

日常生活使いにおすすめの「SPF20・PA+以上のもの」とレジャーにおすすめの「SPF50・PA++以上のもの」2種類に分けて選びました。

ぜひ日焼け止め選びの参考にしてみてくださいね!

4-1.日常生活におすすめ!SPF20・PA+以上の日焼け止め

まずは、日常生活におすすめの日焼け止めをご紹介します。

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
◆SPF30・PA+++

みずみずしくさらりとした感触で、日焼けや肌の乾燥を防ぐ日焼け止めクリームです。

伸びがよいので、顔だけでなく腕などのからだへの使用もおすすめです。

>>>POLA 公式HPはこちら

ママバター UVケアクリーム

ママバター UVケアクリーム
◆SPF25・PA++

保湿成分である「ナチュラルシアバター」を5%配合した日焼け止めクリームです。

しっとりさらさらの使い心地で、幅広い世代の方におすすめ。
シリコン、紫外線吸収剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、パラベン不使用

>>>ママバター 公式HPはこちら

4-2.レジャーにおすすめ!SPF50・PA++以上の日焼け止め

続いて、レジャーにおすすめの日焼け止めをご紹介します。

ヴァントルテ ミネラルUVクリーム

ヴァントルテ ミネラルUVクリーム
◆SPF50+・PA++++

なめらかに肌にうるおいを与える、乳液のような日焼け止めクリームです。

保湿成分として「セラミド」「ヒアルロン酸」を配合。べたつかない使い心地が好きな方にもおすすめです。

>>>ヴァントルテ 公式HPはこちら

セルピュア UVX

セルピュア UVX
◆SPF50、PA++++

顔とからだどちらにも使用できる日焼け止めクリームです。

保湿成分として「プラセンタエキス」「水溶性プロテオグリカン」などが配合されています。
鉱物油、紫外線吸収剤、着色料、パラベン、香料、エタノール、石油系界面活性剤不使用。

>>>セルピュア 公式HPはこちら

5.まとめ

今回は、「SPF」と「PA」について徹底解説しましたが、いかがでしたか?

少し知識があるだけでも、自分にあった日焼け対策アイテムを選ぶことができるはず。

今回の内容をしっかり覚えて、今年の夏は自分に合った日焼け対策アイテムを選びましょう。

※この記事は2016年10月18日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。