2018年7月5日 更新
【PR】

メイク前のスキンケアが美メイクの秘訣!見直すべき7つのポイント

メイク前 スキンケア

メイク前のスキンケア、きちんとできていますか?
忙しい朝や、暑い日などは特におろそかになりやすいですよね。

メイク前のスキンケアをきちんと行うだけで、メイクのりや崩れ方が変わるといわれているのです。

そこで今回は、ぜひ行っていただきたいメイク前のスキンケア方法をご紹介します。



1.メイク前のスキンケア方法

メイク前 スキンケア ベタベタ 化粧水 乳液 オイル パックできているつもりでも、意外とできていないメイク前のスキンケア。

まずは、基本的なメイク前のスキンケア方法を見直してみましょう。

①洗顔料でしっかりと洗顔する

メイク前 スキンケア ベタベタ 化粧水 乳液 オイル パックメイク前には、洗顔料を使用してしっかり肌の汚れを落としましょう。

夜寝ている間には、汗や皮脂などにほこりなどの汚れが付着しているといわれています。
汚れが残ったままの肌にメイクをすると、メイク崩れの原因になりかねません。

皮脂などの汚れは、水だけでは落ちにくいため、基本的には朝も洗顔料を使用しての洗顔をおすすめします。

しかし、肌が乾燥してデリケートに傾いている場合は、洗顔料が肌の負担になる可能性があります。
肌の状態をチェックしながら洗顔を行うと良いでしょう。

②化粧水や乳液でたっぷり保湿をする

メイク前 スキンケア洗顔のあとには、化粧水や乳液でたっぷりと肌を保湿しましょう。

洗顔後、そのまま放置してしまうと肌が乾燥しやすくなってしまうため、なるべく早く行うよう心がけてみてくださいね。

≪化粧水・乳液をつけるときのポイント≫

■ハンドプレスをする

メイク前 スキンケア ハンドプレス化粧水や乳液でお手入れを行った後は、両手で顔をやさしく包み込むように覆い、ハンドプレスをしましょう。

ハンドプレスを行うことで肌なじみがよくなり、しっかりと保湿することができます。

ハンドプレスをする時は、力を入れておさえたり、強く肌を叩いたりしないように気をつけて行っていきましょう。

■使用量・使用方法を守る

メイク前 スキンケア化粧水や乳液の使用量や使用方法をきちんと守りましょう。

それぞれの化粧品には、その製品の魅力をしっかり実感するための目安となる使用量や使用方法があります。

まずは説明書をよく読み、正しく使用しましょう。

■下から上に向けてつける

肌の表面にあるキメは、重力により下を向きがちと言われているので、スキンケアは顔の下から上に向かって行うのがおすすめです。

あご先から頬、頬から額というように、キメの向きに合わせて優しくなじませることを意識していきましょう。

【肌らぶ編集部おすすめのスキンケアシリーズ】
今回は、通信販売で購入可能で、シリーズのスキンケア全アイテムを試せるトライアルセットがあるスキンケアシリーズを選びました。
ぜひ参考にしてみてください。

【PR】
DECENCIA(ディセンシア) アヤナス シリーズ
ディセンシア アヤナス シリーズ 4品 2018年3月 詳細をチェック!

敏感肌・乾燥肌向けブランド「ディセンシア」の保湿化粧品シリーズです。

ポーラ・オルビスグループの敏感肌向けブランド「DECENCIA(ディセンシア)」の保湿化粧品シリーズです。
保湿成分をヒト型セラミドで囲み、ナノサイズへカプセル化した「セラミドナノスフィア(保湿成分)」や肌をすこやかに整える成分「コウキエキス」を配合。

角質層のすみずみまでうるおいを与えて乾燥を防ぎながら肌にハリを与えてくれます。さらに、外的なストレス(乾燥)による肌荒れのメカニズムにも着目し、対応!肌荒れ対策とエイジングケア*が同時に可能です!

今なら同シリーズのスキンケアアイテムが試せる10日間(アイクリーム1回分)のトライアルセット初回限定 1,371円(税抜、送料無料)で発売中。ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか。

*年齢に応じたうるおいのお手入れ

詳細をチェック!

③化粧下地を使う

メイク前 スキンケア 化粧水や乳液で肌の保湿をしたあとには、化粧下地で肌をなめらかに整えましょう。

化粧下地は、メイクのりを良くする役割があります。

中には、毛穴をカバーしたり、肌の色ムラを良く見せる役割を兼ねたものも販売されているので、自分の好みや仕上げたいイメージに合わせた化粧下地を選ぶと良いでしょう。

なるべく少ないアイテムで済ませたい方は、日焼け止めとしても使えるものがおすすめです。

2.メイク崩れを防ぐ!メイク前のスキンケアポイント

メイク前 スキンケア ベタベタ 化粧水 乳液 オイル パック基本的なメイク前のスキンケア方法がわかったら、少しステップアップ!

ひと手間加えて、メイク崩れを防ぐためのメイク前のスキンケアポイントをご紹介します。

①スキンケアのあとすぐにメイクをしない

メイク前 スキンケア ベタベタ 化粧水 乳液 オイル パックスキンケアのあとは、化粧水や乳液がしっかりと肌になじんだことを確認してからメイクを始めましょう。

スキンケア後の肌は、水分や油分が肌表面に残っていて、べたつきがちです。

肌がべたついていると、化粧下地やファンデーションがムラづきしやすくなったり、メイク崩れしやすくなってしまいます。

なにかと忙しい朝ですが、スキンケアのあとはしっかりと肌になじませる時間を作るとよいでしょう。

目安としては、約1~3分です。
手の甲を肌にあて、きちんと肌になじんだことが確認できてから、メイクを始めましょう。

②化粧水で首元をパッティングする

メイク崩れを防ぐために、首元の動脈を化粧水でパッティングしてみましょう。

首元をパッティングし冷やすことで、皮膚の温度を下げ汗や皮脂によるメイク崩れを防ぐことが期待できます。

やり方はとても簡単!
首の動脈を、パタパタと叩くようにパッティングするだけです。
メイク前 スキンケア肌がひんやりするまで、繰り返し行いましょう。
このとき、冷蔵庫で冷やした化粧水や収れん化粧水を使用するのもおすすめです。

3.メイクのりを良くする!メイク前のスペシャルスキンケア

メイク前 スキンケアデートの日や特別な1日は、いつもよりメイクのりを良くしたいですよね。

ここでは、肌を整えて、メイクのりを良くするためのメイク前のスペシャルスキンケアをご紹介します。

①シートマスクでパックをする

メイク前 スキンケア
肌をしっかりと保湿し、メイクのりを良くするためにシートマスクでパックをしましょう。

シートマスクは、はじめからシートに美容液が染み込んでいるので、清潔な肌にのせておくだけで簡単にうるおいを与えることができます。

メイク前に使用してもべたつかないものが多いので、特別な日だけでなく、うっかり肌のお手入れをさぼってしまった日にもおすすめです。

②美顔ローラーで簡単マッサージをする

メイクのりを良くするためには、肌の血行を良くするマッサージもおすすめです。

しかし、マッサージクリームを塗って正しくマッサージするのは少し面倒ですよね。

そんなときにおすすめしたいのが、コロコロと肌表面を転がすだけでマッサージができる美顔ローラーです。

1本もっておけば長く使えますし、メイクの上から使えるものを選べば、いつでもどこでもマッサージすることができて便利ですよ。

4.まとめ

メイク前 スキンケア ベタベタ 化粧水 乳液 オイル パック今回は、ぜひ行っていただきたいメイク前のスキンケア方法をご紹介しました。

メイクを美しく仕上げて保つためには、メイク前のスキンケアが大切ということがお分かりいただけたでしょうか?

今回の内容を参考に、メイク前のスキンケアに力をいれて、「いつもメイクがきれいだね♡」と褒められる女子を目指しましょう!