メニューを開く

顔用日焼け止めは妥協しない!選び方と使い方で美貯金しちゃお

顔用日焼け止め
「おすすめの顔用日焼け止めってどれなんだろう?」「顔用日焼け止めは肌に合うものでないと心配」とお悩みではありませんか?

キメの整った、すこやかで魅力的な肌をキープするためには季節に関係なく顔の日焼け対策をすることが大切です。
基本的に、市販されている日焼け止めの多くは顔だけでなく全身に使用することができます。

今回、この記事では全身に使用することができる日焼け止めの中から”顔に使用することを主目的としてつくられた日焼け止め”を「顔用日焼け止め」として定義し、
顔用日焼け止めの選び方と使い方、肌らぶ編集部おすすめの顔用日焼け止めなどをご紹介します。



1.顔用日焼け止めの選び方

顔用日焼け止めを選ぶときは、次の4つのポイントを参考に選ぶとよいでししょう。

1-1.顔用日焼け止めの種類をチェックする

顔用日焼け止め

顔用日焼け止めを選ぶときは、日焼け止めの種類をチェックするとよいでしょう。日焼け止めの種類は、大きく分けて2つあります。

1つ目は紫外線吸収剤を使った日焼け止めです。

紫外線吸収剤を使った日焼け止めは、肌の上で紫外線を吸収し、熱エネルギーに変換して日焼けを防ぐことが期待できます。
無色透明で白浮きしにくく、日焼けを防ぐ役割が大きいといわれています。

2つ目は紫外線散乱剤を使った日焼け止めです。

紫外線散乱剤を使った日焼け止めは、肌表面にヴェールをつくることで紫外線を反射させながら、日焼けを防ぐことが期待できます。
マイルドな使用感で肌への負担が比較的小さいといわれています。

市販されている一般的な日焼け止めには、紫外線吸収剤が配合されているもの、紫外線散乱剤が配合されているもの、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方が配合されているものがあります。

1-2.保湿成分配合の顔用日焼け止めをチェックする

顔用日焼け止め

顔用の日焼け止めを選ぶ時には、保湿成分を配合しているかチェックするとよいでしょう。

顔用日焼け止めは、日焼け止めとしての役割を果たすことが第一の目的ですが、保湿成分が配合されているものを選ぶことで肌の乾燥を防ぎ、快適に使いやすくなることが期待できます。

以下に代表的な保湿成分の例をご紹介します。日焼け止めを選ぶ際には、保湿成分が配合されているかをぜひチェックしてみてください。

【保湿成分の例】
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・EGF
・植物エキス
・ローヤルゼリーエキス
・シアバター
・メーカー独自の保湿成分 など

1-3.顔用日焼け止めはシーンに合わせて使い分ける

顔用日焼け止め顔用日焼け止めは、シーンや目的によって使い分けましょう。

一般的に、SPFとPAの値が大きいほど、肌への負担は大きくなるといわれています。
屋外にいる時間が長い日用の顔用日焼け止めと、オフィス勤務など屋内にいる時間が長い日用の顔用日焼け止めを別に用意するなど、シーンに合わせて日焼け止めを使い分けることをおすすめします。

1-4.化粧下地や乳液などプラスの役割をチェックする

顔用日焼け止め

日焼け止めの役割にプラスして、化粧下地や乳液としての役割を担うものも、さまざまなブランドからリリースされています。
朝の忙しい時間帯はいくつか役割を持った顔用日焼け止めを使用することで、身支度を時間を短縮できるのも魅力的ですね。

また、顔用日焼け止めを塗った後に、日焼け止めとしての役割をもつ化粧下地、ファンデーションを塗るなどベースメイクの層を重ねることで相乗的に日焼けを防ぐことが期待できます。

2.肌らぶ編集部おすすめ!顔用日焼け止め

ここでは、肌らぶ編集部おすすめの顔用日焼け止めをご紹介します。

専用クレンジング不要の、お子様と一緒にも使いやすい日常使い用の日焼け止めを選びました。

★顔用日焼け止め★
ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
SPF30・PA+++

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
販売元:株式会社ポーラ
内容量:50g 価格:3,500円(税抜)
【保湿成分】
ローヤルゼリーエキスなど

【肌らぶ編集部コメント】
日常生活の紫外線から肌を保護し、つけている間も保湿のお手入れをしているような潤いを感じられる顔用日焼け止めクリームです。
日焼けと乾燥を防ぎながら、肌をすこやかに保ちます。

公式HPはこちら(大)

3.顔用日焼け止めの魅力を実感するための3つのポイント

ここでは、顔用日焼け止めの魅力を実感するための3つのポイントをご紹介します。

3-1.量を守って使う

顔用日焼け止め

顔用日焼け止めに限ったことではありませんが、日焼け止めはメーカーの推奨する量を守って使いましょう。

量が少なすぎると充分に日焼けを防ぐことができなかったり、量が多すぎると顔になじみきらなかったりすることがあります。

特にメーカー推奨の使用量が記載されていない場合は、500円玉大の量を目安に使ってみることをおすすめします。

3-2.ムラにならないように塗る

顔用日焼け止め

顔用日焼け止めは、ムラにならないようにしっかり肌になじませて塗りましょう。日焼けを防ぐことを意識しすぎて、顔が白浮きしてしまったり、不自然に見えるようなことは避けたいものです。

日焼け止めを顔に伸ばした後、手のひらや指の腹でやさしくプレスしてなじませることで、ムラを防いで自然な仕上がりをつくりやすくなります。

さらに、頬骨の高い部分や鼻先など、日焼けしやすい部分は日焼け止めを重ね塗りするのもおすすめです。

3-3.顔用日焼け止めは2~3時間毎に塗り直す

顔用日焼け止め

顔用日焼け止めは2~3時間毎に塗り直すのが理想的です。

朝しっかり日焼け止めを塗っても、時間と共に皮脂や汗などにより落ちてしまうことがあります。日焼け止めの魅力を存分に実感するためにも、2~3時間ごとの塗り直しを心がけてみてください。

ここでは、日焼け止めの塗り直しと化粧直しが同時にできる、おすすめの塗り直し方法をご紹介します。

《用意するもの》

・リキッド用パフ
・リキッドタイプの顔用日焼け止め
・パウダーファンデーションまたはフェイスパウダー

《顔用日焼け止めの塗り直し方》

①余分な皮脂をティッシュで軽く押さえてオフします。
②パフにリキッドタイプの顔用日焼け止めをなじませ、よれたファンデーションを拭き取るように重ねていきます。
③顔になじみきったところで、最後にパウダーファンデーションやフェイスパウダーを使って肌の表面をフラットに仕上げましょう。

4.まとめ

顔用日焼け止め

今回は、顔用日焼け止めについてご紹介しました。顔用日焼け止めは、一年を通して使ってほしいアイテムの1つです。

日焼け止めの魅力を存分に実感するためにも、自分の肌に合った選び方と正しい使い方をして、日焼け対策をしていきましょう。

この記事は2017年4月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る