メニューを開く
アスタリフト;

顔用日焼け止めは妥協しない!選び方と使い方で美貯金しちゃお

顔用日焼け止め
「おすすめの顔用日焼け止めってどれなんだろう?」「顔用日焼け止めは肌に合うものでないと心配」とお悩みではありませんか。

紫外線は1年中降り注いでいるものですが、キメの整った魅力的な肌をキープするためには季節に関係なく顔の日焼け対策をすることが大切です。

日焼けはしたくないけれど、毎日使う顔用日焼け止めは肌のことを思うと選び方も慎重になりがちですよね。

そこで今回は、おすすめの顔用日焼け止めや、使い方などをご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.顔用日焼け止めの選び方

顔用日焼け止めを選ぶときは、次の4つのポイントを参考に選ぶとよいでししょう。

1−1.顔用日焼け止めの種類をチェックする

顔用日焼け止めを選ぶときは、日焼け止めの種類をチェックするとよいでしょう。
日焼け止めの種類は、大きく分けて2つあります。

1つ目は紫外線吸収剤を使った日焼け止めです。

紫外線吸収剤を使った日焼け止めは、肌の上で紫外線を吸収し、熱エネルギーに変換して日焼けを防ぐことが期待できます。

2つ目は紫外線散乱剤を使った日焼け止めです。

紫外線散乱剤は、肌表面にヴェールをつくることで紫外線を反射させながら、日焼けを防ぐことが期待できます。

紫外線散乱剤のみを使用しているノンケミカルの日焼け止めは、物理的に肌の日焼けを防ぐことができると言われています。毎日顔に使う日焼け止めとして使いやすいでしょう。

デリケートに傾きやすい肌の方向けの日焼け止めや、幅広い年齢の方向けの日焼け止めにも多く使われています。

1−2.保湿成分配合の顔用日焼け止めをチェックする

顔用の日焼け止めは、保湿成分配合しているかチェックするとよいでしょう。

顔用日焼け止めは、日焼け止めとしての役割を果たすことが目的ではありますが、保湿成分が配合された日焼け止めは、肌の乾燥を防ぎ、快適に使うことが期待できます。

顔に日焼け止めを塗る前には、しっかりセルフスキンケアで肌を保湿するお手入れをしておくことが大切ですが、保湿成分を配合している顔用日焼け止めを使うことで乾燥など肌悩みへの対策を兼ねることができるでしょう。

顔用の日焼け止めを選ぶときは、次のような保湿成分を参考にするのも一つです。

【保湿成分の例】
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・EGF
・植物エキス
・ローヤルゼリーエキス
・シアバター
・メーカー独自の保湿成分 など

1−3.日焼け止めのSPF・PA値は、目的に合わせて使い分ける

SPF PA 選び方顔用日焼け止めのSPFは目的に合わせて使い分けるとよいでしょう。

SPFの数字が大きい程、紫外線から肌を保護してくれるとされています。

日常の通勤や買い物など、ちょっとしたお出かけにはSPF 30程度、長時間のレジャーやスポーツにはSPF 50など、目的に合わせて選ぶといいでしょう。

また、PAは肌を黒くしてしまうUV-Aを防ぐ力の大きさを示します。
PA+〜PA++++までの4段階で、+が多いほどUV-Aを防ぐことを期待できます。

(※2016年6月時点での情報です)

最近では、数値が高くても使用感が快適な日焼け止めも多くありますが、一般的に数値が高いと乾燥が気になりやすいと言われています。

顔用日焼け止めはシーンに合わせて使い分けることをおすすめします。

1−4.化粧下地兼用

日焼け止めの役割を兼ねたSPF・PA表記のある化粧下地も、顔用日焼け止めとして便利なアイテムです。

単体でSPF・PA表記のある化粧下地、顔用日焼け止めどちらを使っても日焼けを防ぐことはできますが、日常的にメイクをされる方は2つを併用するのも日焼けを防ぐ1つの方法としておすすめします。

顔用日焼け止めの後にSPF・PA表記のある化粧下地、ファンデーションと肌にベースメイクの層を重ねることで、効率的に日焼けを防ぐことが期待できるでしょう。

2.肌らぶ編集部おすすめ!顔用日焼け止め4選

ここでは、肌らぶ編集部おすすめの、顔用日焼け止めと日焼け止め化粧下地を2つずつご紹介します。

今回は、日焼け止め成分として紫外線散乱剤を使用した日焼け止めで、顔の乾燥が気になりがちな方にも使いやすい、保湿成分を配合している日焼け止めであることに着目してピックアップしてみました。

★顔用日焼け止め★

(1)POLA(ポーラ)
ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
SPF30・PA+++

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
内容量:50g
価格:3,500円(税抜)

【保湿成分】

ローヤルゼリーエキスなど

【肌らぶ編集部コメント】

日常生活の紫外線からしっかり肌を守り、つけている間もスキンケアをしているようなうるおいを感じられる顔用日焼け止めクリームです。
幅広い年齢層の方にお使い頂けます。乾燥が気になりがちな方にも使いやすいでしょう。

>>ポーラ公式HPはこちら

(2)ビーバイイー
MAMA BUTTER(ママバター) UVケアクリーム
SPF25 PA++

ママバター UVケアクリーム
内容量:45g
価格:1,200円(税抜)

【保湿成分】

シア脂など

【肌らぶ編集部コメント】

保湿成分シアバターを配合し、保湿クリームのような使用感の顔用日焼け止めです。塗った後はベタつき感もないので、その後のメイクの邪魔にもなりにくいでしょう。石けんで落とせるので落とすときも手軽です。

>>ビーバイイー公式HPはこちら

★日焼け止め化粧下地★

(3)フラセラUVモイスチャーミルク
SPF35・PA+++

ラセラUVモイスチャーミルク
内容量:30g
価格:3,338円(税抜)

【保湿成分】

アスタキサンチン、フラーレン、ヒナギク花エキスなど

【肌らぶ編集部コメント】

女性目線で、顔用日焼け止めのパフォーマンスと朝晩のセルフスキンケアを無駄にさせないことを考慮して開発された日焼け止め化粧下地です。
まるで美容液を使った時のような、うるおいを与えモチモチの肌を実感できるでしょう。

>>フラセラ公式HPはこちら

(4)ジュランツサンプロテクトUV50
SPF50 PA+++

ジュランツ サンプロテクトUV50
内容量:30g
価格:5,000円(税抜)

【保湿成分】

EGF、FGF、IGFなど

【肌らぶ編集部コメント】

ドクターズコスメブランドから出ている顔用日焼け止めです。こまめに塗り直すことを考え、肌が乾燥しにくいつくりになっています。軽いテクスチャーで、塗っていることを忘れてしまうような素肌っぽさを実感することができるでしょう。

>>ジュランツ公式HPはこちら

3.顔用日焼け止めの魅力を実感するための3つのポイント

ここでは、顔用日焼け止めの魅力を実感するための3つのポイントをご紹介します。

3−1.量を守って使う

顔用日焼け止めに限ったことではありませんが、日焼け止めはメーカーの推奨する量を守って使いましょう。

量が少ないと日焼けを防ぐ力が十分に発揮できなかったり、量が多過ぎると顔になじみきらなかったりとムラになる原因になってしまいます。

パッケージに適量と書いてあるなど、特に量の指定がない場合は、500円玉大の量を目安に使うとよいでしょう。

顔全体にしっかり日焼け止めを塗るためには、適切な量を守って使うことが大切です。

3−2.ムラにならないように塗る

スキンケア女性
日焼け止めは、ムラにならないようにしっかり肌になじませて塗りましょう。

日焼けを防ぐことを意識しすぎて、顔が白浮きしてしまったり、不自然に見えるようなことは避けたいものです。

日焼け止めを顔に伸ばした後、手のひらや指の腹でやさしくプレスしてなじませていくとムラにならずに塗ることができます。

頬骨の高い部分や、鼻先など日焼けしやすい部分は重ねづけしてもよいでしょう。

3−3.日焼け止めは2〜3時間毎に塗り直す

日焼け止めは2〜3時間毎に塗り直すことが理想です。

朝しっかり日焼け止めを塗っても、時間と共に皮脂や汗などにより落ちてしまいます。

日焼け止めの魅力を存分に実感するためにも、2〜3時間ごとの塗り直しをするとよいですね。

とはいえ、こまめに塗り直すことや、メイク直しに時間をあまりかけられない方もいらっしゃるでしょう。

その場合、次の3つのアイテムがあると、手軽に日焼け止めの塗り直しと化粧直しが同時できるのでおすすめです。

《用意するもの》

・リキッド用パフ
・乳液タイプの顔用日焼け止め
・パウダーファンデーションorフェイスパウダー

《顔用日焼け止めの塗り直し方》

(1)まず、余分な皮脂をティッシュで軽く押さえてオフします。

(2)次に、パフに乳液タイプの顔用日焼け止めをなじませ、よれたファンデーションを拭き取るように重ねていきます。

(3)顔になじみきったところで、最後にパウダーファンデーションやフェイスパウダーを使って肌の表面をフラットに仕上げれば完成です。

4.まとめ

今回は、顔用日焼け止めについてご紹介しました。顔用日焼け止めは、紫外線が気になる季節は特に手放せないアイテムの1つです。

しかし、シーンに合わせて選ぶことや自分の肌のことを考えた選び方をすることが大切です。

日焼け止めの魅力を存分に実感するためにも、自分の肌に合った選び方と正しい使い方をして、日焼け対策をしていきましょう。

この記事は2016年6月23日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る