メニューを開く

脱!童顔!洗練された「大人メイク」を作るポイントとは?

Pocket
LINEで送る

童顔 メイク
「童顔を大人っぽく見せるには、どうやってメイクしたらいいのかなぁ・・」とお困りではありませんか?

しかし、童顔の方でも大人っぽく見せるためのメイクポイントさえ意識すれば、洗練された大人メイクを行うことが可能です。

そこで今回は、脱!童顔!洗練された「大人フェイス」を作るメイクのポイントについてご紹介します。



1.「童顔」とは

童顔メイク01
童顔とは、実年齢よりも若く見られる子供のような幼い顔を指します。

「若く見られる」というメリットがある反面、「落ち着いた雰囲気に欠ける」「威厳がでない」「信頼感に欠ける」等の童顔のデメリットな部分もあります。

童顔の場合、特に仕事面では不利に働くことも多いため、会議やプレゼンなどで「ビシッ」と決めたいときは、いつもとは違う「ぐっと大人っぽくなるメイク」を行い「デキル女性」を演出していきましょう。

2.ぐっと女らしくなる!大人メイクを叶える6つのポイント

「童顔」を大人っぽい雰囲気の顔に仕上げるには、「童顔」の特徴である【①丸み②ナチュラルさ③可愛らしさ】を抑えながら、顔のパーツを「遠心的」に見せるメイクを行う事で洗練された大人っぽさを作ることができます。

次の6つのメイクのポイントを参考に大人メイクを行っていきましょう。

2-1.眉毛は目尻を「やや長め」にする

眉_整え方01
大人っぽい眉毛を作るポイントは、目尻をやや長めに仕上げることです。それによって顔全体を遠心的に見せ、知的な大人っぽさを演出することができます。

逆に眉頭を長めに書いてしまうと、顔のパーツが中心に寄ってしまい幼く、さらに童顔に見えてしまうので気をつけましょう。

眉毛の詳しい書き方については「こちら」をご参照ください。

2-2.アイシャドウは目尻側にしっかり色を入れる

Pocket
LINEで送る