メニューを開く
アスタリフト;

夜まで崩したくない!フェイスパウダーの使い方と選び方

フェイスパウダー 使い方フェイスパウダー、いつ使えばいいの?きれいにつけられる使い方ってあるの?とお悩みではないでしょうか?

フェイスパウダーはナチュラルメイクの方にもしっかりメイクの方にも、どんな人にとっても強い味方!適切な使い方をマスターするともっともっときれいな肌を作やすくなります。

そこで本日は、フェイスパウダーを使うタイミングと、夜まで崩れにくい肌を作りたい方におすすめしたい使い方のポイントをご紹介します。

とっても簡単なので、ぜひ明日から実践して、違いを実感してみてください。



astalift
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

B.A ザ フィニッシングパウダー
POLAB.A ザ フィニッシングパウダー

POLAが自社史上最高峰とうたうブランド『B.A(ビーエー)』のルースパウダー

ふわりと粉雪のように肌になじんで肌をカバーし、美しい仕上がりをつくります。
微細なパウダーで肌に輝きを演出しながら、肌の表面をサラサラなめらか仕上げに。

公式HPはこちら(オレンジ)

1.フェイスパウダー4つの使い方

フェイスパウダーは、仕上がりイメージや状況によってさまざまな使い方ができます。
今回は、一般的な4つの使い方をご紹介します。

使い方①ファンデーションに重ねて化粧崩れを防ぐ

フェイスパウダー使い方ファンデーションの仕上げにフェイスパウダーを重ねることで、透明感ある仕上がりを演出するだけでなく化粧崩れを防ぐことも期待できます。

特にリキッドファンデーションやクリームファンデーション、BBクリームなどの液状のファンデーションを使用した後に重ねると、よりサラサラ肌を演出できるでしょう。

使い方②外出時の化粧直しに

フェイスパウダー使い方夕方崩れてしまった化粧を直したいけど時間がない…そんな時は、フェイスパウダーを上から軽く重ねることで簡単に化粧直しをすることができます。

ファンデーションの重ね塗りは、ときに厚化粧感や化粧崩れを招いてしまうこともあります。
そんなときに便利なのがフェイスパウダーなのです。

使い方③素肌を活かしたメイクに

フェイスパウダー使い方軽いメイクの日やナチュラルメイクがお好みの方は、ファンデーションは使わずにフェイスパウダーだけでベースメイクをすることで、より軽い仕上がりにすることができます。

思春期の方や10代の方、メイク初心者の方などにもおすすめの使い方です。

スキンケアの後にフェイスパウダーを重ねてもよいですし、化粧下地を塗ってから重ねてもきれいに仕上がりますよ。

使い方④パウダーファンデーションの使用前に

フェイスパウダー使い方化粧下地を塗ったあと、パウダーファンデーションを使う前にフェイスパウダーを顔全体につけておくという使い方もおすすめです。

パウダーファンデーションを使う前にあらかじめフェイスパウダーで肌をサラサラにしておくことで、よりナチュラルなベースメイクに仕上げることができます。

パウダーファンデーション派の方にぜひお試しいただきたいテクニックです。

2.フェイスパウダーの使い方

フェイスパウダー使い方先の章で4通りの使い方をご紹介しましたが、ここからは全てに共通する一般的なフェイスパウダーの使い方(付け方)をご紹介します。
より透明感のある美しい仕上がりを目指したい方、必見です!

2-1.使用する道具

フェイスパウダーの付け方には主にブラシを使う方法とパフを使う方法がありますが、基本的にはお好きな方を選んでいただいて問題ありません。

一般的にはブラシの方が軽めに、パフの方がしっかりめに仕上げやすいので、なりたい仕上がりイメージで選んでみてはいかがでしょう。

★パフを使用する方も、最後の仕上げ用にブラシは1本持っておくことをおすすめします!(詳しくは後章でご紹介します)

2-2.【パフ編】フェイスパウダーの使い方

①フェイスパウダーをパフにとる

②パフをしっかりもみ込む

フェイスパウダー パフ★ここが重要ポイント
パフの毛足にフェイスパウダーをしっかりなじませることで、ムラづきや厚塗りを防ぎましょう。

③顔の中心から外側に向かって軽くすべらせるようにのせる

パウダー 塗り方 パフこすりすぎないように注意しながら、肌の表面だけをすべらせるように軽くつけます。

④小鼻と目のまわりはパフを折ってのせる

パウダー 塗り方 パフメイク崩れが起きやすい小鼻と目元も、隅までしっかりつけましょう。肌表面の油分をフェイスパウダーでおさえることで、メイクのヨレやにじみ対策につながります。

⑤フェイスラインをぼかす

ファンデーション フェイスパウダーはらうフェイスラインから首筋に向かってぼかし、「顔だけ浮く」状態を防ぎましょう。

⑥何もつけていないブラシではらう

フェイスパウダー ブラシ★ここも重要ポイント
つけすぎた粉をはらうことでよりナチュラルに仕上げることができます。化粧崩れ対策にもなるのでぜひこのひと手間を加えてみてください。

2-3.【ブラシ編】フェイスパウダーの使い方

①ブラシに粉をとる

②ブラシをティッシュの上でくるくる動かしてなじませる

フェイスパウダー ブラシブラシの根本まで粉を含ませることで、パフ同様ムラづきや厚塗りを防ぎます。手の甲でもOK!
少しつけすぎかな?と思った時は、きれいな面のティッシュの上でブラシを軽くはらって、余分な粉を落とします。

③顔の中心から外側に向かってくるくる動かしながらつける

パウダー 塗り方(付け方)

④小鼻と目のまわりもしっかりつける

⑤フェイスラインをぼかす

パウダー塗り方(付け方)フェイスライン

⑥ブラシの粉を一度ティッシュなどでオフし、顔全体をもう一度軽くはらう

フェイスパウダー ブラシ顔につけすぎた粉をはらうことでよりナチュラルに仕上げることができ、化粧崩れもしにくくなります。
この作業用に大きめのブラシを別途用意しておくのもおすすめです。

3.フェイスパウダーの使い方|3つのポイント

より美しく透明感のある仕上がりを目指すためにぜひ意識しておきたい、パフ・ブラシどちらの使い方にも共通する簡単な3つのポイントをお伝えします。

3-1.ファンデーションは塗り過ぎない

フェイスパウダー使い方フェイスパウダーをいつものようにつけてもきれいに仕上がらないな…という場合は、先に塗っているファンデーションや化粧下地の量が多すぎることも考えられます。

ファンデーションを塗ったら、一度きれいなスポンジややわらかいティッシュなどでおさえて余分な油分を吸い取りましょう。
化粧直しの場合も、ティッシュで軽く皮脂をオフしてからフェイスパウダーをのせるとヨレにくくなりますよ。

★ファンデーションの塗り方はこちらの記事もご参照ください。

3-2.パフ・ブラシは定期的に洗う

パフ_before_afterパフやブラシが汚れていると、ムラづきなどによってきれいに仕上がりにくくなることがあります。

ニキビなどの肌荒れの原因にもなりかねませんので、週に1回程度を目安に洗うようにするとよいでしょう。

★パフの洗い方はこちらの記事をご参照ください。

3-3.ブラシ・パフは肌に合うものを選ぶ

混合肌つける時に肌がチクチクするなどの違和感がある場合は、パフ・ブラシの素材が肌に合っていない可能性も考えられます。
肌に合わない場合は別途購入してみてもよいかもしれません。

4.フェイスパウダーを使うメリット

フェイスパウダー使い方ここまで、フェイスパウダーの使い方について詳しくお伝えしてきました。ここで改めて、フェイスパウダーを使う主なメリットを2つご紹介します。

①仕上がりがナチュラルになる

フェイスパウダーは化粧下地やファンデーションなどのなじみをよくするのに一役買ってくれる頼もしいアイテムです。
「メイクをしている感」の少ない、すっぴん風の美しい肌を演出しやすくなります。

②化粧持ちがよくなる

フェイスパウダー(粉)が物理的に過剰な皮脂や汗を吸着することで、化粧崩れを防ぐ役割も期待できます。

また、重ねても厚塗り感がでにくいので、余分な皮脂などによって崩れてしまったベースメイクを直す際にも便利です。

5.フェイスパウダー2タイプの特徴

フェイスパウダー 種類メーカーによって呼び方もさまざまなフェイスパウダー。
ですが、その形状は主に粉状の「ルースパウダー」と、固形の「プレストパウダー」の2種類に分かれることが多いといえます。

それぞれの特徴などを理解して、自分のニーズに合うほうを選んでみてはいかがでしょうか。
日によって使い分けるのもおすすめです。

5-1.ルースパウダーの特徴

フェイスパウダー使い方粉状のフェイスパウダーのことを指します。
使うツールや使い方にもよりますが、ふんわりフォギーな印象の肌をつくりやすいフェイスパウダーです。

5-2.プレストパウダーの特徴

フェイスパウダー使い方固形タイプのフェイスパウダーのことを指します。
持ち運びにも便利なので、化粧直しのときに使いたいという方にも便利。
パフでつけることで、マットな質感を表現しやすいフェイスパウダーです。

6.肌らぶ編集部おすすめ♡フェイスパウダー

肌らぶ編集部からぜひおすすめしたいフェイスパウダーをご紹介します。
美しい肌をメイクするのに役立つ、軽い付け心地かつ専用のパフが付属しているフェイスパウダーをセレクトしました。

マキアージュ フィニッシュパウダー

マキアージュ フィニッシュパウダー販売元:資生堂ジャパン株式会社

スルスルと肌に広がり、透明感とツヤのある肌を演出するルースタイプのフェイスパウダーです。
微細なパールが肌にふんわりなじみ、肌の凹凸や毛穴を自然にカバーします。

レフィルのみの販売もあるので、お得に使い続けたい方にもおすすめです。
公式HP

コスメデコルテ AQMW フェイスパウダー

コスメデコルテ  AQ MW フェイスパウダー販売元:株式会社コーセー

きめ細かくなめらかな”装い肌”を演出するルースタイプのフェイスパウダー。
しっとりとやわらかいパウダーが毛穴をナチュラルにカバーし、肌の乾燥も防ぎます。

つい触れたくなる、すべすべの感触が心地よい仕上がり。肌の色やなりたいイメージで選べる5色展開です。
公式HP

D.if story FLベール 20g

D.if story  FLベール 20g販売元:サカイトレーディング株式会社

上品な輝きとツヤのある、リッチな質感の肌を演出する本真珠一粒入りの宝箱のようなルースタイプのフェイスパウダーです。ラウロイルリシンなどの保湿成分を配合。

パウダーの中に入っている本真珠は、パウダー使用後にピアスやブレスレットにして楽しむのもおすすめです。
公式HP

POLA オーガ ブレンドカラー フィニッシュ

オーガ ブレンドカラーフィニッシュ販売元:株式会社POLA

目にも美しい、プレストタイプのフェイスパウダーです。

絶妙な5色をブレンドさせることによって、上品な輝きに満ちた明るく透明感のある肌を演出。
肌にふわっと広がり適度にツヤをおさえ、大人の余裕肌を作ります。
公式HP

資生堂メーキャップ トランスルーセントプレストパウダー

トランスルーセントプレストパウダー販売元:資生堂ジャパン株式会社

なめらかに肌に広がり、ベルベットのような美しい肌を演出するプレストタイプのフェイスパウダー。テカリを抑えて化粧崩れを防ぎます。

トランスルーセントタイプなので、ファンデーションの色味を活かした仕上がりがお好みの方にもおすすめ。
公式HP

インテグレート ミネラルグロー プレストパウダー

インテグレート ミネラルグロー フェースパウダー販売元:資生堂ジャパン株式会社

毛穴を自然にカバーし、つややかな”ふんわり桃肌”を演出するプレストタイプのフェイスパウダーです。
使う面によって異なる仕上がりをつくりやすい両面パフ付き。

さらっと軽い付け心地で、お化粧直しの際にも活躍してくれそうなプレストパウダーです。
公式HP

7.最後に

一日中魅力的に輝く肌を目指すためにも、ぜひ一人ひとつは持っておきたいフェイスパウダー。美しく仕上げるためにも、賢く使用することが大切といえます。

最後にポイントのおさらいです。

  • 顔につける前にパフ、ブラシの粉を均一になじませる
  • こすらずにすべらせるようにつける
  • 最後にブラシで余分な粉を払う
  • 目元や小鼻の隅も忘れずに

以上の点も意識して、自信溢れるつややかな肌を目指しましょう。

★季節や肌質によって気になる夕方の化粧崩れ。そんな時の化粧直しについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

この記事は2017年2月23日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る