2019年9月3日 更新

日焼け止めスプレーのおすすめ&使い方!髪も体もメイクの上からも♡

日焼け止め スプレー TOP

日焼け止めスプレーって、最近はどんなのがあるのかな?使いやすいのかな?何がおすすめなのかな?
など、日焼け止めスプレーについて気になっていませんか?

シューッと肌に吹きかける日焼け止めスプレーは、いかにも便利そうで気になりますよね!

今回は、日焼け止めスプレーの種類や魅力・メリット、選び方、そしておすすめの日焼け止めスプレーをご紹介します。

あわせて、日焼け止めスプレーのデメリットや注意点もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


1. 日焼け止めスプレーとは?

レイチェルワイン 口コミ1本持っていると重宝する日焼け止めスプレーですが、そもそもどんな種類があって、どんな魅力・メリットがあって、使いやすい日焼け止めスプレーはどう選んだらよいのか、考え始めると迷ってしまいませんか?
まずは日焼け止めスプレーの基本的なポイントをご紹介します。

1-1 種類|スプレーorミスト

日焼け止め スプレー5日焼け止めスプレーと一般的に呼ばれているものには、エアゾールのいわゆるスプレー缶タイプと、ミストタイプのものがあります。

日焼け止め スプレー製品によってその特徴はさまざまですが、一般的に、圧縮ガスの勢いを利用しているスプレー缶タイプは遠くから広範囲に噴射しやすかったり、ミストタイプはピンポイントで狙った個所に噴射しやすかったりといった魅力があります。

1-2 魅力・メリット

日焼け止めスプレー日焼け止めスプレーの魅力・メリットは製品によってさまざまですが、一般的には以下のようなポイントが注目されることが多いようです。

・髪の毛・頭皮にも使える
・メイクの上からでも使える
・体など面積の広い部分に、手早く塗布しやすい
背中など塗りにくい場所に塗布しやすい

1-3 選び方|適切なSPF/PAかも確認!

虫刺され かゆみ日焼け止めスプレーを選ぶ際は、スプレー缶タイプかミストタイプかといった使用感のほかに、以下のようなポイントに注目して選ぶとよいでしょう。

①使用できる部位が自分の目的にあっているか?

オールインワンゲル 40代製品によっては、髪の毛や頭皮に使うことを踏まえて作られてはいなかったりすることもあります。使用する部位にあっているか確認することが大事です。

顔にメイクの上から使いたい場合には、メイクの上から使用可能と書いてある日焼け止めスプレーを選びましょう。

日焼け止め特有の白浮きが気になる場合は、透明タイプのものかどうかなどもチェックしてみてください。

②SPF/PAの数値は自分の目的にあっているか?

敏感肌 美白SPF/PAの数値が高いほどよいとお考えの方も多いかもしれませんが、日焼け止めは基本的に、日常使いのものとレジャーシーンなどで使うものとでは、適切とされる数値が異なります。
SPF 日焼け止め

紫外線にはUV-AやUV-Bなどの種類があり、SPFは、紫外線UV-Bを防ぐ力の大きさを、PAは紫外線UV-Aを防ぐ力の大きさを表しています。
UV-Aは、「サンタン」という肌を黒くする現象につながりやすく、UV-Bは、「サンバーン」という肌を赤く日焼けさせる現象につながりやすいとされています。

一般的な日焼け止めは、SPFとPAのレベル感があうようにつくられています。

日常の通勤や買い物など、ちょっとしたお出かけにはSPF 30程度、長時間のレジャーやスポーツにはSPF 50+など、シーンに合わせて選んでみるとよいでしょう。

●関連記事
SPFとは?

③肌質にあっているか?

美白美容液 敏感肌敏感肌タイプの方や、肌がデリケートなお子さまなどにお使いの場合は、敏感肌向けの低刺激性の日焼け止めスプレーなどを選ぶようにしましょう。

④クレンジングが必要なタイプか?ホットクレンジング1

石鹸で落とせるタイプなのか、クレンジングが必要なタイプなのか、など確認しておきましょう。

落とし方をきちんと知って正しく洗い流し、肌を清浄にすることは、たいせつな肌の負担を軽減するために重要です。

旅行先で使う予定がある場合などは特に、事前に知っておくとよいでしょう。

●関連記事
日焼け止めの落とし方

2. 日焼け止めスプレーおすすめ13選

日焼け止めスプレードラッグストアなどで手軽に購入できるプチプラのものから、デパコス、さらに日焼け止めの老舗ブランドのものまで幅広い中から、肌らぶ編集部おすすめの日焼け止めスプレーをご紹介します。

・メイクの上からOKの日焼け止めスプレー
・髪の毛・頭皮にもOKの日焼け止めスプレー
・敏感肌の方向けの日焼け止めスプレー

気になる日焼け止めスプレーはぜひ公式ページで詳細をチェックしてみてくださいね。

2-1. メイクの上からOK

日焼け止めスプレー

女性にとって嬉しい、メイクの上から使用できる日焼け止めスプレーをご紹介します。
ここでは、より使いやすいよう、顔に直接日焼け止めスプレーを噴射できるものを選びました。

スキンアクア サラフットUV

スキンアクア サラフットU詳細をチェック!価格:800円(税抜)
SPF50+ PA++++

素肌のようなサラサラ感が気持ち良い日焼け止めスプレーです。
スプレーボトルを逆さにしても使用できるので、背中など、手の届きにくい部分にも使いやすいでしょう。
無香料、無着色、鉱物油フリー、アルコール(エタノール)フリー。スプレー缶タイプ。

詳細をチェック!

石澤研究所 紫外線予報 メイクを守るUVスプレー

紫外線予報 メイクを守るUVスプレー詳細をチェック!価格:1,500円(税抜)
SPF50+ PA++++

メイクの仕上げにスプレーすることで、美しい仕上がりを保ちやすい日焼け止めスプレーです。透明でサラサラの日焼け止めローションなので、何度スプレーしても白くなりにくく、ウォータープルーフなので汗や皮脂によって落ちにくいのも嬉しいポイントです。ノンパラベン・ノンアルコール・無色素・無香料・無鉱物油。スプレー缶タイプ。

詳細をチェック!

プライバシー UVフェイスミスト 50フォープラス

プライバシー UVフェイスミスト 50フォープラス詳細をチェック!価格:1,000円(税抜)
SPF50+ PA++++

白くなったり、むらになったりするようなメイク崩れが起きにくい、みずみずしいテクスチャーの日焼け止めスプレーです。コンパクトなサイズなので、持ち運びに向いています。日焼け止めスプレーをした後、同シリーズのUVフェイスパウダーを使うのもおすすめです。保湿成分ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体を配合。ミストタイプ。

詳細をチェック!

サンカット 日焼け止め透明スプレー

サンカット 日焼け止め透明スプレー詳細をチェック!価格:オープン価格
SPF50+ PA++++

軽くてサラサラとした使用感で、メイクの上からはもちろん、化粧下地代わりにも心地よく使えます。髪の毛にも使用できます。汗や皮脂で落ちにくいウォータープルーフタイプでありながら、せっけんで洗い流せるタイプです。逆さにしても使えるのもポイント。スプレー缶タイプ。

詳細をチェック!

2-2. 髪・頭皮にOK

幸せになるために次に、髪の毛や頭皮(分け目の地肌)の日焼け予防に使える日焼け止めスプレーをご紹介します。

サラサラとした仕上がりの、べたつきにくいものを選びました。

アネッサ パーフェクトUVスプレーアクアブースター

アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター詳細をチェック!
価格:1,800円(税抜)
SPF50 PA++++

髪にも顔・体にも使用できて、ウォータープルーフなのにせっけんで洗い流せるという、頼りになる日焼け止めスプレーです。スプレーボトルを逆さにしても使用できるので、あらゆる部分に塗りやすいでしょう。保湿成分ヒアルロン酸、バラ果実エキス配合。さわやかなシトラスソープの香り。スプレー缶タイプ。顔に使う場合は直接噴射を避けましょう。

詳細をチェック!

DHCサンカットQ10 50プラス スプレー

DHCサンカットQ10 50プラス スプレー詳細をチェック!価格:960円(税抜)
SPF50 PA++++

薄付きでべたつかず、白くなりにくいので、髪の毛にも使いやすい日焼け止めスプレー。背中や首すじ、脚などの手が届きにくい部分も手軽に塗布できます。コラーゲン、ヒアルロン酸配合(保湿)。肌のうるおいは守りながらもさらさらとした使用感が魅力的。通常のクレンジングやボディソープで落とせます。無香料・無着色・パラベンフリー。スプレー缶タイプ。

詳細をチェック!

ドクターシーラボ UVプロテクトスプレー100

ドクターシーラボ UVプロテクトスプレー100詳細をチェック!価格:1,800円(税抜)
SPF50+ PA++++

ひんやりした冷感が心地よい、髪から体にかけて全身に使える日焼け止めスプレー。重ね付けしても白浮きしにくくきしみにくい、サラサラの付け心地が魅力。
ストッキングの上からも使えます。保湿成分として、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドを配合。無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー。スプレー缶タイプ。

詳細をチェック!

ロレッタ おひさまなかよしUVケアシュー

ロレッタ おひさまなかよし詳細をチェック!価格:1,600円(税抜)
SPF50+ PA++++

髪にはもちろん、ボディにも使用できる、ふんわり甘い香りの日焼け止めスプレーです。
べたつかずサラサラとした使い心地なので、髪の毛に気軽に塗り直せるでしょう。
なんと言っても、ロレッタならではのキュートなパッケージが魅力的です。スプレー缶タイプ。

詳細をチェック!

ビオレ UV 速乾さらさらスプレー

ビオレ UV 速乾さらさらスプレー詳細をチェック!価格:オープン価格
SPF50+ PA++++

速乾性で、塗り直し後もべたつかずサラサラ感が心地よい日焼け止めスプレー。髪や頭皮に使えます。ウォータープルーフタイプで、汗・水に強く、化粧下地としても使えるのもポイント。顔につける際は、一度手のひらに出してから使います。カモミールエキス(保湿成分)配合。ほのかなシトラスの香り。スプレー缶タイプ。逆さにしても使えます。

詳細をチェック!

いち髪 さらツヤ続く和草UVカットスプレー

いち髪 さらツヤ続く和草UVカットスプレー詳細をチェック!価格:オープン価格
SPF50 PA++++

髪の毛と頭皮向けに作られた日焼け止めスプレーのため、紫外線カットをしつつ、髪の毛に自然なツヤと、サラサラ感を演出します。
香りは、「みずみずしく可憐に咲く山桜 満開の香り」です。
ノンシリコンタイプ。スプレー缶タイプ。

詳細をチェック!

リシャン 大容量UVスプレー

リシャン 大容量スプレー詳細をチェック!価格:1,200円(税抜)
SPF50+ PA++++

250gという大容量で税抜1,200円という、家族みんなで使えそうなお得感のある日焼け止めスプレーです。
スプレーした肌が白くなりにくいので、体以外に髪の毛にも使用できます。爽やかなせっけんの香りです。ノンアルコール、無着色、パラベンフリー。スプレー缶タイプ。

詳細をチェック!

2-3. 敏感肌向け

色白 肌 ファンデーション おすすめ 透明感 美白日焼け止めによる肌への負担が気になる方は、敏感肌向けに作られた日焼け止めスプレーをチェックしましょう。

敏感肌向けブランドから出ている、日焼け止めスプレーをご紹介します。

アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト詳細をチェック!価格:2,350円(税抜)
SPF15 PA++

天然由来の成分にこだわったスキンケアアイテムを数多く販売するオーガニックスキンケアブランド「アロベビー」の日焼け止めスプレー。敏感肌の方も、お子さまも家族みんなで使いやすいアイテムです。白浮きしにくい使用感と、レモングラス・ローズマリーをブレンドしたさわやかな香りが魅力。使用後はお湯で洗い流せるのもポイント。
無着色・石油系香料不使用・石油系界面活性剤不使用。ミストタイプ。

詳細をチェック!

ラ ロッシュ ポゼ 【敏感肌用】UVイデア XL プロテクションミストラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクションミスト詳細をチェック!

価格:2,500円(税抜)
SPF50 PA++++

敏感肌向けブランド「ラ ロッシュ ポゼ」の日焼け止めスプレー。べたつきにくく、白浮きしにくい、軽い使用感です。メイクの上からの塗り直しにもおすすめ。顔だけでなく、髪や頭皮にも使用できます。紫外線対策だけでなく、肌をやわらげることも期待できるのが嬉しいポイント。せっけんで落とせます。
パラベンフリー・無着色・エタノール不使用。スプレー缶タイプ。

詳細をチェック!

●関連記事
その他のタイプのおすすめ日焼け止め

3. 日焼け止めスプレーの使い方

日焼け止め 日焼けしたくない使いたい日焼け止めスプレーが見つかったら、次に正しい使い方もチェックしておきましょう!

3-1 どの部位に使用できる日焼け止めスプレーか確認する

日焼け止めスプレーの使い方日焼け止めスプレーを購入する際は、必ず使用方法を確認し、どの部位に使用できるものかを確認しましょう。

特に、顔に直接スプレーしてよいのかどうかは、よく確認しましょう。
「顔にも使える」と表記されていても、顔に使用する場合は手にスプレーをして、ハンドプレスで顔に日焼け止めを塗ることを推奨しているアイテムもあるためです。
日焼け止めスプレーの使い方考えていたより広範囲に使用できることもありますし、逆に使用できると考えていた部位に使用できない、なんてことがあるかもしれません。

暑い季節は、さまざまなタイプの日焼け止めスプレーが店頭に並ぶため、注意しましょう。

●関連記事
顔用の日焼け止め

3-2 メーカーの指定した距離をとる

日焼け止めスプレーの使い方日焼け止めスプレーを使用する際は、メーカーが指定する距離をとって、ムラにならないよう丁寧にスプレーしましょう。

スプレーと肌が近すぎるとムラなく塗るのが難しかったり、肌の負担になったりすることも考えられるためです。

3-3 顔にスプレーをする際は目と口を閉じる

日焼け止めスプレーの使い方基本的なことですが、顔に直接噴射してもよいタイプの商品であっても、必ず、顔に直接スプレーする際は、目と口をしっかり閉じましょう。

また、スプレーするのと同時に息を吸い込むとむせてしまうことも考えられるため、気を付けてくださいね。

3-4 肌へはできるだけ手のひらで

日焼け止めスプレーの使い方ムラ付きを防いだり、肌への密着感を高めるために、塗布した日焼け止めは手のひらを使ってよくなじませるようにしましょう。
背中などをなじませる際は、家族や友人に手伝ってもらうとよいですね。

3-5 塗る日焼け止めと併用がおすすめ

日焼け止めスプレーの使い方より徹底した日焼け対策のためには、塗る日焼け止めと併用するのがおすすめです。
ムラ付き、塗布量の不足などを防ぐことが期待できるでしょう。

●関連記事
日焼け止めの塗り方
日焼け止めの塗り直し方

4. 日焼け止めスプレーのデメリット・注意点

日焼け止めスプレーのデメリット・注意点一度に広範囲に塗布しやすく、便利な日焼け止めスプレーですが、少しだけ注意点もあります。
4つのポイントをご紹介しますので、ぜひ確認しておいてくださいね。

4-1 ムラ付きに気を付ける

日焼け止めスプレーのデメリット・注意点スプレーしただけでは、凹凸のある人間の体に均一にムラなく塗布するのは意外と難しいものです。
体に吹き付けたあとは、手のひらを使ってまんべんなくなじませましょう。

手のひらでよくなじませることで、日焼け止めを肌へ密着させる効果も期待できるでしょう。

4-2 きちんと落とす

日焼け止めスプレーのデメリット・注意点手軽に塗れる日焼け止めだったり、白浮きしない日焼け止めだったりすると、うっかりその存在を忘れてしまいがちですが、1日の終わりにはしっかりと落とすことを忘れないようにしましょう。

メイクの上から使った場合は、クレンジングをする際に同時に洗い流すことができますが、体に使った場合は記載の落とし方に基づき、お湯やボディソープでキレイに洗い流すことを意識しましょう。手の届きにくい首筋から背中にかけてなど、落とし残しのないように少し丁寧を心がけることをおすすめします。

髪の毛に日焼け止めスプレーを使用した際は、丁寧なシャンプーを心がけ、髪の毛とともに頭皮もきれいに洗い流しましょう。

●関連記事
【オイリー肌向け】おすすめクレンジング
おすすめクレンジングまとめ

4-3 飛行機持ち込みには注意

日焼け止めスプレーのデメリット・注意点化粧品の一種である日焼け止めスプレーは原則としては機内持ち込みできるようですが、中身の液体量やケースのサイズがチェックされるため、機内持ち込みの制限にひっかかる場合があります。
また、容器当たりの量だけでなく、一人あたりの持ち込み量や、スプレー缶の場合はキャップの有無も確認されることがあります。
基本的には、機内持ち込みより預け入れを検討したほうがよいでしょう。

機内持ち込みにしても、預け入れにしても、国内線・国際線、さらに各航空会社によってルールが異なる場合もあります。
しっかりと事前に、「最新の情報」を確認してください。

4-4 スプレー缶は捨て方に注意

日焼け止めスプレーのデメリット・注意点スプレー缶タイプの日焼け止めスプレーの場合は、使い終わった後の捨て方にも注意しましょう。
各自治体によってごみの出し方は異なります。
ルールを守って正しく捨てましょう。

5.まとめ

日焼け止めスプレーのデメリット・注意点日焼け止めスプレーを使ってみようかな…とお考えの方へ、日焼け止めスプレーの種類や魅力・メリット、選び方、おすすめの日焼け止めスプレー、デメリットや注意点もあわせてご紹介しました。

正しく使えば、あらゆる角度から降り注ぐ紫外線から自分を守る強力な味方となる日焼け止めスプレー。
お気に入りを見つけて、レジャーにも普段使いにもぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

◆日焼け対策&美白*ケア 肌らぶ関連記事◆

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
どっちが先?日焼け止めと化粧下地を塗る順番
日焼け止めパウダーおすすめ
年代別おすすめ美白化粧水
20代・30代におすすめの美白美容液
40代・50代におすすめの美白美容液

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!