2018年2月13日 更新

バレンタインは手作り?市販?【贈る相手別】にジャッジ♡

バレンタイン 手作り 市販
「バレンタインチョコは手作り?それとも市販?男性はどっちがうれしいの?」
とバレンタインを前に、渡すチョコのことでお悩みではありませんか。

確かに、もらってうれしいバレンタインチョコを男性にきくと「手作り派」「市販派」と2つに分かれます。

だけど、バレンタインにせっかくチョコを渡すなら、相手に心の底から喜んでもらいたいですよね!

そこで今回は、贈る相手別にバレンタインは市販が良いか、手作りが良いかをジャッジしていきます。また、市販と手作りに関する男性目線のメリット・デメリットをご紹介します。

今度のバレンタインで男性に渡すチョコを市販にするか手作りにするかでお悩みの方は、参考にしてみてください。

1.バレンタインは市販?それとも手作り?

バレンタイン 手作り 市販
バレンタインにチョコを渡すとき、市販のものを渡すか手作りのものを渡すかは、贈る相手によって異なります。

男性はバレンタインチョコについてきくと、「断然手作り!」「手作りなんか食えるか」「市販のチョコに敵うものはない」「もらえればどっちでも良い」と、人によって色々な意見を言います。

そこで、贈る相手との関係・相手の気持ち・相手の性格を元に、市販のチョコを渡すか、手作りのチョコを渡すかを判断する必要があります。

2.【贈る相手別】バレンタイン市販or手作り

バレンタインのチョコを市販にするか、手作りにするか、贈る相手別のおすすめをご紹介します。

①彼氏や親しい男友達=手作りバレンタイン

バレンタイン 手作り 市販
付き合っている彼氏や、親しい男友達なら、バレンタインには手作りのチョコを渡すのがおすすめです。

好きな女性からの手作りチョコは受け入れられやすく、それどころか喜ばれます。

友達同士と思っていたのに、手作りチョコのせいで恋愛を意識してしまうなんてこともあるようです。

「相手があなたのことを好き」ということが明らかだというのがポイントですね。

②片思いの相手=市販バレンタイン

バレンタイン 手作り 市販
片思いの相手なら、バレンタインには市販のチョコを渡すのがおすすめです。

相手がこちらに好意を持っているか分からない片思いのうちは、手作りを渡すことで負担をかけてしまう可能性があります。

手作りチョコは、もらう側によっては「重い」「食べたくない」などと感じる場合があるようです。

ただ、市販でも高級チョコの場合は「重い」「お返しが大変」と思わせてしまうことがあるので、高くても3,000円前後に抑えましょう。

相手への気持ちをしっかり伝えるためにも、渡すときに言葉で言うか、手紙などを添えるのがポイントです!

③義理=市販バレンタイン

バレンタイン 手作り 市販
社会人の方が、仕事関係で配る義理チョコなら、バレンタインには市販のチョコを渡すのがおすすめです。さらに、高級路線のものも避けた方が良いでしょう。

一般的に手作りチョコは、「思いがこもっているもの」と思われているので、本命と勘違いされることがあります。高級なチョコも同様です。

義理にもかかわらず、相手に気を遣わせたり、本命と勘違いされたりなど、会社内での人間関係をギクシャクさせないためにも気をつけましょう。

3.市販・手作りのメリット&デメリット

男性の目線から、市販のバレンタインチョコと手作りチョコ、それぞれのメリット・デメリットをお話しします。

■市販バレンタイン

バレンタイン 手作り 市販
男性目線で市販のバレンタインチョコのメリットとデメリットをお話しします。

【メリット】

・確実においしい
・手作りに比べて衛生的
・値段が分かるのでお返しが選びやすい

【デメリット】

・気持ちが分かりにくい
・それなりのお返しをしなければならない
バレンタイン 手作り 市販
お金はかかるけれど、自分で手作りするよりも手間のかからない市販チョコは、甘いもの好きなら、だいたいの男性がもらってうれしいと感じるようです。

市販のチョコなら味はおいしく、衛生面も手作りよりしっかりしているので安心感がありますよね。

また、市販のチョコならだいたいの値段が分かるので、ホワイトデーのお返しも選びやすいです。

一方で、市販品は心がこもっていないような気がして、相手の気持ちが分かりにくいという意見もあります。相手のことを考えながら悩みに悩んで買っても、やはりそこは市販品。相手にその過程は伝わりにくいのかもしれませんね。

贈るときは、気持ちのこもった手紙などを利用すると、重いが伝わりやすいでしょう。

また、もらった市販のチョコの値段や体裁に合わせて、それなりのお返しをしなければと思って悩む男性もいるようです。

■手作りバレンタイン

バレンタイン 手作り 市販
男性目線で手作りのバレンタインチョコのメリットとデメリットをお話しします。

【メリット】

・心がこもっている感じがする
・好きなこからの手作りチョコは男の夢

【デメリット】

・衛生面が心配
・おいしくないこともある
・気持ちが重い
・お返しに悩む
バレンタイン 手作り 市販
女性的には、レシピを探したり材料をそろえたり、何かと手間がかかる手作りチョコですが、大好きな相手のことを考えながら作るのは、楽しかったりしますよね。

男性も「自分のことを考えながらチョコを作ってくれた」と想像すると、気持ちがこもっている感じがしてうれしいようです。好きな女性からバレンタインに手作りチョコをもらうのは、多くの男性のあこがれという意見もあります。

ただ潔癖症の男性は、同じチョコなら「お店に並んでいる市販のチョコの方がいい!」と考えています。味も安定していますしね。

また、渡してきた相手のことをよく知らなかったり、好意のない相手だったりすると、手作りは重たかったり、食べるのをためらったりすることもあるようです。

ホワイトデーでのお返しを考えても、手作りチョコは値段が読めないので、悩んでしまうという意見もあります。

4.市販でも手作りでも、バレンタインは愛の言葉を添えて♡

バレンタイン プレゼント
バレンタインチョコの市販と手作り、男性にはどちらが喜ばれるかお話ししました。男性によって、色々な意見がありましたが、贈る男性との関係・相手の気持ち・相手の性格に合わせて決めましょう。その思いやりが恋愛成就のカギです♡

「バレンタインは絶対に手作りを渡す!」と自分で決めていても、肝心の男性に喜んでもらえなかったら、本末転倒です。

相手が本心から喜んでくれたら、あなたも渡して良かったと思いますよね。

市販でも手作りでも、あなたの相手への気持ちは変わらないはず。相手にもそれが伝わるよう、チョコとともに手紙やメッセージカードを添えて気持ちを伝えてみましょう。