メニューを開く
アスタリフト;

アイメイクの基本!アイシャドウの上手な塗り方と選び方を徹底解説

アイシャドウ 塗り方
アイメイクの基本であるアイシャドウ。「上手な塗り方や選び方が分からない・・・。」とお困りではありませんか?

アイシャドウは、基本の場所と塗り方のポイントを意識するだけでも、驚くほど綺麗な仕上がりが期待できます。

そこで今回は、魅力的な目元を叶えるアイシャドウの基本的な塗り方と選び方についてご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.アイシャドウを塗る前に知っておくべき3つのポイント

まずはアイシャドウを塗る前に「基本の塗るべき場所」・「役割」・「ツール」(道具)を正しく理解していきましょう。

1-1.基本の塗るべき場所(アイホール)を知る

アイシャドウ03_2
基本的にアイシャドウを塗る位置は、アイホールと呼ばれる「目頭」と「目尻」を半円状に囲んだ場所です。

自分のアイホールが良くわからない方は、眉の中央を上に引き上げてみましょう。

その時にくぼむ部分があるのですが、その部分までが眼球と骨の境目であり「アイホール」と呼ばれる場所です。

この範囲にアイシャドウを塗ると、アイメイクのバランスや仕上がりが格段に良くなります。

逆に塗る範囲が狭すぎたり広範囲すぎてしまうとメイク全体のバランスが崩れてアイメイクの良さが半減してしまうので、意識をしてアイシャドウを塗っていきましょう。

1-2.アイシャドウパレットの役割を知る

アイシャドウのパレットは、ただ単純に色が入っているわけではなく瞳の奥行き感を出すために必要な役割のカラーが入っています。

それぞれのカラーの役割を知り、最大限に活かせるようにしましょう。

アイシャドウ04

ハイライトカラー
まぶた全体に透明感を与えて目元に明るさとツヤを与える光沢感のあるカラーです。パレットの中にはハイライトカラーが2色入っていることもあります。

ミディアムカラー(中間色)
メインカラーよりも薄い色味でグラデーションを作るために必要です。

メインカラー(締め色)
目元を引き締めてくれる一番濃い色です。目の際や二重の幅に入れることで目を印象的にしてくれます。

1-3.アイシャドウを塗る際に必要なツールを知る

アイシャドウは専用のツール(道具)を使うことで、目の負担を減らしムラなく仕上げることができます。

ツールの種類によって色の発色やなじみ方も異なるので、正しく理解していきましょう。

チップ

アイシャドウブラシ(左からL/M/S)
アイシャドウをまぶたにのせる際に必要なブラシです。ソフトな感触で柔らかく色が入ります。

大きいタイプは上まぶたをのせる際に使い勝手が良く、小さいタイプは下まぶたにアイシャドウをのせる際に便利です。

チップ(一番右)
ブラシよりもしっかり発色させることができます。目の際などにしっかり色を入れたいときに便利です。

Pocket
LINEで送る