メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社リアルビューティーケア

【必見】見えなくしたい!シミそばかすをカバーするメイク技はこれ!

シミ メイク気がつくとまた増えている顔のシミやそばかす…なかったことにしたいけれど、一度できてしまったシミやそばかすは、残念ながら簡単になかったことにはできません。

ですが、シミやそばかすをメイクで隠すことは可能です。

シミやそばかすが気になりだした方へ肌らぶ編集部からぜひお伝えしたい、シミやそばかすをしっかり隠して、目立たなくするメイクの秘訣をご紹介します!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

POLA MUSELLE(ポーラ ミュゼル)
ノクターナル コンシーラー スティック

ミュゼル ノクターナル コンシーラースティック

赤と青の間に生じる光の反射に着目し、桜パールパウダーが肌悩みをカバーしつつもナチュラルに肌になじむ、スティックタイプのコンシーラーです。

保湿成分としてカミツレ花エキス、マカダミアナッツ種子油、高浸透コラーゲンを配合し、メイク中も肌をうるおし整えます。

L(ライト)とN(ナチュラル)の二色展開なのも、嬉しいところです。

公式HPはこちら(オレンジ)

1.シミやそばかすを隠すメイクのポイント

シミ隠し ファンデーション③
気になる部分が上手く隠せなかったり、隠した部分が逆に目立ってしまったり…シミやそばかすをメイクでキレイに隠すには、ちょっとしたコツが必要です。

肌らぶ編集部からおすすめしたい、自然にシミやそばかすを隠すメイクのポイントは、以下の4点です。

①クリームタイプのファンデーションを選ぶ
②部分的にコンシーラーを活用する
③メイクブラシで重ねる
④フェイスパウダーで仕上げる

続いて、それぞれのポイントについて、詳しくご紹介していきます。

①クリームタイプのファンデーションを選ぶ

肌悩みをカバーするため、肌にぴったり密着し、メイク崩れしにくいといわれるクリームタイプのファンデーションがおすすめです。

さらに、シミやそばかすの種類・原因は様々ですが、乾燥しがちでリズムが乱れた肌状態がシミやそばかすを作りやすくするため、保湿成分にも着目することが大切です。

その点から特におすすめしたいファンデーションは、美容液・保湿クリーム・ベースメイク・ファンデーション・日焼け止め等を1本で兼ね備えたオール・イン・ワンの「BBクリーム」です。

オイリーがちな肌で、油分の多いクリームタイプのファンデーションを避けているという方は、お手持ちのパウダータイプファンデーションに加えて部分的なコンシーラーの使用をおすすめします。

②部分的にコンシーラーを活用する

濃く目立つシミやそばかすには、ファンデーションに併せてコンシーラーを使用して効率的に隠しましょう。

広い範囲をカバーしたい方にはクリームタイプ、集中的にしっかりとカバーしたい方にはスティックタイプが適しています。

コンシーラーが浮いて悪目立ちしてしまわないように、ファンデーションよりやや暗い色を使用するとよいでしょう。

③メイクブラシで重ねる

ファンデーションまたはコンシーラーを重ねて塗る場合は、メイクブラシでのせてから、指先で押さえながら、なじませるようにしましょう。

肌にのせる量を整えながら、色ムラになることなく仕上げることができます。

また、細かな部分にも塗ることができるので、美しく塗ることができますよ。

④フェイスパウダーで仕上げる

ファンデーションやコンシーラーで気になる部分を隠した後は、フェイスパウダーで仕上げましょう。

上から抑えるようにのせることで、ファンデーションやコンシーラーをさらに肌と密着させてメイクの持ちを良くし、ムラをならして重ね塗り部分もより自然に見せることができます。

2.シミやそばかすを隠すメイクの方法

シミ メイクシミやそばかすを隠すためのメイクは、ポイントを押さえ正しい手順で行うことで自然な肌質感を演出することができます。

シミやそばかすをしっかり隠して美しく整った肌を目指すために、ムラなく綺麗に仕上がるクリームファンデーションとコンシーラーの使い方をご紹介します。

〈クリームファンデーションの手順〉

(1) クリームファンデーションをパール粒大の大きさで手の甲に取る
(適量はメーカーによって異なる場合有り)
⇒おすすめアイテムはこちら
(2)顔の5点(額・両目の下・あご先・鼻筋)にクリームファンデーションをのせる
(鼻筋は少量)
ファンデーション 塗り方 手順
(3)顔の中心から外側に向かって、あご先→額→鼻筋→両目の下の順にクリームファンデーションをのばしていく
化粧下地手順2
(4)隠したいシミなどの部分のみにブラシで再度ファンデーションをのせ、指先で押さえる
化粧下地手順3
(5)スポンジで押さえ、肌と密着させる
押さえる
(6)顔の中心から外側に向かって、フェイスパウダーを全体に広げる
⇒おすすめアイテムはこちら
(フェイスパウダーをのせることにより、持ちが良くなります)フェイスパウダー 塗り方

〈おすすめのBBクリーム〉

Grace&Lucere Simius(グレースアンドルケレ・シミウス)
パーフェクトBBクリーム

Grace&Lucere Simius(グレースアンドルケレ・シミウス) パーフェクトBBクリーム 販売会社:株式会社メビウス製薬
容量:30ml
価格:4,571円(税抜)

肌に重ねることで気になるシミ、くすみを自然にカバーしながら、透明感のある肌を演出するBBクリームです。

エイジングケア*にも着目し配合されたプラセンタ、ヒアルロン酸 セラミド2・3・6Ⅱなどの保湿成分が、肌をうるおしみずみずしいツヤを与えます。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

皮脂を吸収してテカリを抑えつつ、毛穴やシワなどの凹凸を目立たなくします。日本人の肌の色のために追究された薄いライトベージュ1色展開です。

公式HP

maNara(マナラ)
BBリキッドバー

リキッドマナラ リキッドBBバー販売会社:株式会社ランクアップ
容量:7g(約3~4ヶ月分)
価格:3,400円(税抜)

BBクリームの手軽さと、リキッドファンデーションの仕上がりを兼ね揃えた、便利なスティック状のファンデーションです。

肌にのせるとスルスルとろけてなめらかに広がり、ムラのない仕上がりが目指せます。

スーパーソフトフォーカス効果をもつパウダーが、日焼けによるシミ・ソバカスといった悩みを隠しながら、コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドといったうるおい成分が肌をうるおわせてくれます。

合成香料・鉱物油・タール系色素・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン不使用、紫外線吸収剤フリー、SPF35 PA+++です。

公式HP
☆「マナラ BBリキッドバー」を編集部で実際に試してみました!もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!

〈おすすめのルースパウダー〉

MAQuillAGE(マキアージュ)
フィニッシュパウダー

MAQuillAGE(マキアージュ) フィニッシュパウダー
販売会社:資生堂ジャパン株式会社
容量:10g
価格:3,500円(税抜)

白くならずに毛穴や凹凸をカバー、透明感とツヤのあるメイクを演出するルースパウダーです。
スルスルとなめらかに肌に広がり、フィットして、自然な美しさを印象付けます。

公式HP

〈コンシーラーの手順〉

コンシーラーは、クリームファンデーションの重ね塗りだけでは隠しきれないシミやそばかすがある場合や、パウダータイプのファンデーションを使用する場合におすすめです。

クリーム・リキッドタイプのファンデーションを使用する場合はファンデーション後に、パウダータイプのファンデーションを使用する場合はファンデーション前に肌に重ねましょう。

(1)コンシーラーをブラシで取り、手の甲で量を調整する⇒おすすめアイテムはこちら
(2)隠したい部分に2周りほど大きめにコンシーラーをのせる
コンシーラー使い方(3)境目を優しく馴染ませる
手でつける

〈おすすめのクリームタイプコンシーラー〉

POLA MUSELLE(ポーラ  ミュゼル)
スポッツコンシーラー

ミュゼル スポッツコンシーラー
販売会社:株式会社 ポーラ
容量:10g
価格:3,000円(税抜)

ビタミンC誘導体、メリッサエキスなどの保湿成分を配合、カバーしながらしっかり肌をうるおす美容液タイプのコンシーラーです。

日焼けによるシミや色ムラなどにぴったり密着してカバーします。

「光の三原色」を応用した設計採用で、カバーしたい部分を光で飛ばすことで、明るく自然に仕上げます。

公式HP

〈おすすめのスティックタイプコンシーラー〉

カクシーラーEX
カクシーラーEX
販売会社:株式会社ドリーム
容量:10g
価格:2,239円(税抜)

保湿成分としてスクワラン、マカデミアナッツ油配合で肌に良く広がりなじんで、日焼けによるシミ、乾燥によるくすみを隠すコンシーラーです。

肌にぴったり密着して、ヨレや化粧崩れを防ぎカバーします。

1.5cmの幅広ヘッドのスティックタイプでささっとスムーズに広範囲に塗れ、水や汗に強いのも特徴です。

公式HP

3.シミやそばかすをつくらないための対策

シミやそばかすを隠すだけではなく、これ以上シミやそばかすをつくらないための対策をとりましょう。

「すこやかな肌」を目指すために、以下でご紹介する対策も合わせて実践してみてください。

①日焼け止めを毎日塗る

シミ メイクシミやそばかすをこれ以上つくらないためには、日焼け止めでのUV対策を毎日の習慣にすることが大切です。日焼け止めを選ぶ際に、目安となる「SPF」「PA」といった数値をきちんと確認しましょう。

SPF=赤くなる日焼けの原因であるUV-B(紫外線B波)を抑制できる時間を表した値です。
PA=黒くなる日焼けの原因であるUV-A (紫外線A波)を抑制できる時間を表した値です。

通勤や買い物などのちょっとしたお出かけにはSPF 35・PA++程度、長時間のレジャーやスポーツにはSPF 50・PA+++以上など、シーンに合わせて選びましょう。

SPF PA 選び方

汗や皮脂の影響で落ちる可能性があるので、適量をムラなく全体にのばして使用し、2〜3時間毎に塗り直すことが大切です。

〈おすすめの日焼け止め〉

【医薬部外品】WHITISSIMO(ホワイティシモ)
UVブロック シールドホワイト(SPF50 PA++++)

【医薬部外品】WHITISSIMO(ホワイティシモ) UVブロック シールドホワイト(SPF50 PA++++)販売会社:株式会社 ポーラ
容量:50ml
価格:3,800円(税抜)

美白*有用成分「ビタミンC誘導体」や保湿成分「ブライトカプセル」「S-ヒアルロン酸」を配合、ハリある肌を保つ薬用美白*美容液です。

SPF50・PA++++、水にも負けず、肌を紫外線から守ります。

*日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

公式HP

〈おすすめの化粧下地〉

b.glen(ビーグレン)
ヌーディーヴェール(SPF36 PA++)

b.glen(ビーグレン) ヌーディーヴェール(SPF36 PA++)販売会社:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社
容量:20g
価格:4,700円(税抜)

保湿成分として知られるヒアルロン酸・コラーゲンを配合した、化粧下地です。

肌を明るく見せてくれる「シャイニングパール」と、肌にフィットしてメイク崩れを防止する「ストレッチヴェール」が、メイクしたての肌をキープします。

公式HP

②たっぷり保湿する

シミ メイク肌が乾燥してうるおいがなくなると角質層が硬く厚くなり、シミやそばかすの原因となるメラニン色素が肌に残りやすくなると言われています。

肌にたっぷりとうるおいを与えて、リズムが整ったすこやかな肌をつくることが大切です。

乾燥した肌をうるおすと同時にシミの予防もできる美白※化粧品の使用がおすすめです。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

〈おすすめの化粧水〉

【医薬部外品】saeru(サエル)
ホワイトニング ローション クリアリスト

【医薬部外品】サエル ホワイトニング ローション クリアリスト
販売会社:株式会社decencia
容量:125ml
価格:4,500円(税抜)定期:4,050円(税抜)

肌にうるおいを与える保湿成分「ウォータリーモイスチャー」、キメが整った肌に整える「白様雪®」配合で、みずみずしい肌へ導く薬用美白*化粧水です。

美白*有用成分アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)、グリチルリチン酸2K配合で、日焼けによるシミの予防におすすめです。

とろりとした手触りなのにすっと肌に入り込み、うるおいを実感させてくれます。
*日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

公式HP

【医薬部外品】ASTALIFT(アスタリフト)
ホワイト ローション

【医薬部外品】アスタリフト ホワイト ローション
販売会社:株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
容量:150ml
価格:3,800円(税抜)定期:3,419円(税抜)

独自開発の保湿成分ナノAMA(ツボクサエキス)に加え、美白*有用成分アルブチンと、保湿成分コラーゲン・トリペプチド Fや水溶性コラーゲン液、海藻エキスを配合した、日焼けによるシミを予防する美白*化粧水です。

高い香りを誇る「ダマスクローズ」という品種のバラの、濃厚な香りが心地よく広がります。
*日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

公式HP

③バランスのよい食事をとる

食事シミやそばかすの原因となるメラニン色素を肌に留めないよう、肌のリズムを整えるためにも、バランスのとれた食生活を意識しましょう。

特にビタミンCはメラニンの生成を抑える働きに加え、コラーゲンの生成を助け肌のリズムを整える働きもあると言われているので、積極的に摂るようにしましょう。

さらに肌の弾力やうるおいを保つ働きを持つコラーゲン、ポリフェノールを併せて摂取するのもおすすめです。

〈おすすめの食材〉

ビタミンA…鶏レバー、うなぎ蒲焼き、卵、牛乳、プロセスチーズなど
ビタミンC…小松菜、ピーマン、キウイ、イチゴ、レモン、カリフラワーなど
ビタミンE…かぼちゃ、うなぎ、大豆、ニラ、アーモンド、ごまなど
コラーゲン…鶏の皮、手羽先、豚バラ肉など
ポリフェノール…赤ワイン、緑茶、大豆、蕎麦、ブルーベリーなど

④しっかり睡眠をとる

睡眠睡眠が充分に取れていないと、肌や体調を整える成長ホルモンの分泌が滞り、シミやそばかすができやすい環境をつくってしまいます。

成長ホルモンが活発になりすこやかな肌がつくられると言われている23時から2時の時間帯には、ぐっすりと熟睡できるよう心がけましょう。

血行が悪くなることで、脳と身体の就寝準備がなかなか整わなくなります。

就寝前にゆっくりと湯船につかったり、足元を毛布で温めるなど、自分なりに改善策を作っておきましょう。

就寝1~2時間前にはパソコンを見ない、スマートフォンを使わないよう心がけましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
気になるシミ・そばかすを隠すには、メイクの力を借りましょう!

この記事を参考に、ムラなく魅力的な肌を演出して、自信溢れる毎日を送ってください。

この記事は2016年9月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

~関連商品~
フレキュレル(医薬部外品)

1フレキュレル

香料・着色料・タール系着色料・紫外線吸収剤・パラベン・鉱物油フリー。

美白*成分トラネキサム酸・グリチルレチン酸ステアリルを配合した、薬用クリームです。
しっとりやわらかいクリームが角質層に浸透し、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。

また、美白はもちろん、スキンケアの基本である『保湿』も重視しているのが特徴です。
シュガースクワラン、セラミド3、セラミド6、セラミド2、キウイエキスなど、複数の保湿成分を配合しています。

夜寝る前にもしっかり塗布することで、翌朝にはモチモチのうるおい肌を実感することができます。
肌なじみのよいクリームで、美白*のお手入れを始めてみませんか?
*メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと

公式HP


Pocket
LINEで送る