メニューを開く
提供:株式会社JIMOS

30代は抜け感意識のナチュラルメイク|方法&おすすめアイテム

30代 メイク
「30代になったらどんなメイクの仕方をすればいいの?」「30代のメイクには、どんな化粧品を使えばいいんだろう?」などと、お考えではないでしょうか。

20代と同じメイク方法や化粧品では良くない気もする…でも具体的にどうすればいいかわからないことも多いですよね。

今回は、30代の方に肌らぶ編集部がおすすめしたいメイクの方法や化粧品などを、「ベースメイク編」「ポイントメイク編」に分けてお伝えしていきます。

抜け感を意識したナチュラルメイクで、洗練された美人フェイスを目指しましょう!

うるおいながらシミ・シワ・毛穴悩みをしっかりカバーする美容液ファンデーション
『薬用クリアエステヴェール』はこちら>>>





マキアレイベル バナー

1. 30代のメイク方法【ベースメイク編】

シミ隠し ファンデーション①
まずは、30代の方におすすめしたいベースメイクの方法をお伝えします。

30代のベースメイクでは、「厚塗りを避けてナチュラルに仕上げること」が大切です。

かさつき・くすみ・毛穴悩み・シミなどの肌悩みが出ることも多い30代の肌ですが、肌悩みを気にして何度も重ねたり、使用量を守らなかったりすると、化粧崩れや厚塗りの原因になってしまいます。

気になる肌悩みはカバーしつつ、ナチュラルに仕上げましょう。

◆30代のベースメイク【用意するもの】

・化粧下地
・リキッドファンデーション
・フェイスパウダー
・大きめのリキッドファンデーション用スポンジ
・(必要に応じて)コンシーラー

◆30代のベースメイク【方法・手順】

①スキンケア後、化粧下地を顔のすみずみまでのばすように塗布する

【使用量】
1下地
使用量は商品ごとの説明が基本ですが、特にない場合はパール1粒大が目安量です。
ムラにならないように、適量をきちんと使いましょう。

②リキッドファンデーションを顔の中心部のみに塗る

ファンデ 顔の中心のみ
ファンデーションは顔全体に塗るのではなく、肌悩みが目立って見えやすい中心部だけに使いましょう。

フェイスラインに向かってファンデーションが薄くなることで、顔に立体感を演出しやすくなります。

顔の中心部から塗り始めて、輪郭にむかって外側にのばすようにします。
人差し指は力が入りやすいので使用せず、やさしい力加減でのばしましょう。

ポイント
・鼻は皮脂が多く崩れやすいので、量を控えめにします。細かい部分は指先を使って密着させましょう。

・下まぶたのキワは塗り忘れやすい部分なので、キワまでしっかり付けましょう。

・口もとは、ほうれい線をのばすようになじませます。厚塗りにしてしまうと逆に目立ってしまうので、薄くつけることを意識します。
ほうれい線 ファンデーション

③スポンジでなじませる

何もついていない大きめのスポンジで、顔全体を軽く押さえるようにしてなじませます。

④気になる肌悩みをコンシーラーでカバーする

この手順は必須ではありませんが、特にカバーしたい部分がある場合は、このタイミングでコンシーラーを使いましょう。

★コンシーラーの使い方について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください♪

⑤フェイスパウダーをパフでつける

パフにパウダーをとり、揉みこむようにしてしっかり含ませます。
フェイスパウダー パフ
パウダーを含ませたパフを、顔の中心から外側に向かってすべらせながら、かるく押さえるようにのせます。
小鼻などの細かい部分は、パフを半分に折ってつけましょう。

フェイスラインも確認し、首と顔の境目をしっかりぼかします。

⑥何もついていないブラシで余分な粉をはらう

何もついていないブラシで顔全体の余分な粉をはらうことで、ツヤとナチュラル感を演出することができます。

2. 肌らぶ編集部おすすめ!30代のベースメイクアイテム

肌らぶ編集部が選んだ、30代のベースメイクにおすすめしたい化粧下地・リキッドファンデーション・フェイスパウダーをご紹介します。

2-1. 肌らぶ編集部おすすめ!30代メイクの化粧下地

化粧下地を使うことで、メイクのりをよくしてファンデーションを密着しやすくし、化粧崩れを防ぎます。
さまざまな肌悩みが出やすい30代の肌には、適度なツヤとうるおいを与えられるものを選びました。

マキアージュ ピーチチェンジベース CC
マキアージュピーチチェンジベースCC

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分として「スーパーヒアルロン酸」「グリセリン」「水溶性コラーゲン」などを配合した、『マキアージュ』の化粧下地です。
乾燥が気になる肌にもしっとりと密着し、うるおいとハリを与えます。
マッサージをしながら肌になじませることで、白いクリームが桃色に変化。
血色感のある健康的な肌色を演出します。
気になる肌のくすみや色ムラ、毛穴なども丁寧に補正カバーし、なめらかな肌に整えてくれます。
肌の角層までうるおいで満たしながら日中の肌の乾燥を防ぎ、時間がたつにつれて起こりやすい化粧崩れを防ぐサポートとなるアイテムです。

公式HPはこちら(オレンジ)

2-2.肌らぶ編集部おすすめ! 30代メイクのリキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、肌にしっとりと密着しやすいのが特徴です。
肌がかさつきやすい30代の方には、肌にうるおいを与えて乾燥を防ぐリキッドファンデーションを選びました。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

【肌らぶ編集部コメント】
光のヴェールでツヤと透明感に満ちた肌を演出しながら、エイジングケア*1までできる優れもの!12年連続シリーズ累計売上NO.1*2、シリーズ販売累計760万本*3突破の美容液ファンデーションです。
「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「スクワラン」などの保湿成分を配合。
軽い付け心地で、気になるシミや乾燥によるくすみ、毛穴悩みなどを自然にしっとりとカバーします。
下地の役割も兼ねているので、手軽にメイクを仕上げたいときにも便利でしょう。
公式HPからの注文で、携帯用の保湿ジェルクリームが付いたクリアエステヴェールが、特別価格で購入できます。さらに今なら送料無料などの3大特典付きです!(毎月先着500セット限定、2017年5月時点)

*1 年齢に応じた保湿のお手入れのこと
*2 コラーゲン/コエンザイムQ10/ヒアルロン酸のいずれかの成分を配合かつ訴求し、本来のベースメイク機能に美容液効果を訴求したリキッド状またはクリーム状のファンデーションにおける2004年〜2015年売上実績。(総合企画センター大阪調べ)
*3 シリーズ累計とは、2016年7月末時点の「クリアエステヴェール」「薬用ホワイトニングファンデーション」「薬用クリアエステヴェール」の累計販売実績。
公式HPはこちら(オレンジ)

2-3. 肌らぶ編集部おすすめ!30代メイクのフェイスパウダー

ベースメイクの最後にフェイスパウダーを使うことで、メイク崩れを防ぎ、メイクしたての美しさを長続きさせると言われています。

またパウダーに含まれる細かい粒子が光を反射して、気になる肌悩みや凹凸をぼかすこともできます。

こちらではルースタイプのフェイスパウダーで、微細なパールが配合されていて肌にツヤを与えるものを選びました。

B.A ザ フィニッシングパウダー
BAザフィニッシングパウダー

【肌らぶ編集部コメント】
まるで粉雪のように細かいパウダーが、肌にふんわりと広がってなじむ『B.A』のフェイスパウダーです。
肌の上でパウダーが光を反射して拡散。肌の色ムラやくすみを補正カバーし、肌に透輝くようなツヤを与えます。
カプセル状の保湿成分「エッセンスインナノルートカプセル」を配合。
肌の乾燥を防ぎながら、薄いベールをかけたような透明感を演出します。
ケースの内部に弾力のあるネットが使用されていることにより、パフにパウダーを含ませやすく粉とびも気になりにくい仕様です。
仕上がりも使い心地の良さも実感できるアイテムでしょう。

公式HPはこちら(オレンジ)

3. 30代のメイク方法【ポイントメイク編】

病弱メイク道具
ベースメイクの次は、ポイントメイクのコツや肌らぶ編集部おすすめのアイテムをご紹介していきます。

30代の方のポイントメイクは「ツヤ感」「ナチュラル感」が大切です。
ここではパーツごとに、メイクの方法をご紹介していきます。

◆30代のポイントメイク【アイブロウ編】

顔の印象を左右する重要パーツである眉は、やや太めでなだらかに仕上げ、ナチュラルな垢抜け感を装いましょう。

アイブローパウダーは、髪の毛よりやや明るめカラーを使うと、簡単にこなれた印象を与えることができます。

①パウダーを含ませたブラシで、眉山→眉尻に向かって描く

眉 書き方
やや濃いめの色を使って、眉山はなだらかに、眉尻はやや高めになるように描きましょう。

②眉山→眉頭に向かって、だんだん薄くなるように描く

眉 書き方
眉山がいちばん濃くなるように、色味を調節しながら描きましょう。
眉頭から5mm程度の部分は、ブラシに残ったパウダーを軽く乗せる程度にしましょう。

③最後に毛流れを整えたら完成!

◆30代のポイントメイク【アイメイク編】

30代の目もとは、“引き算メイク”でシンプルに仕上げましょう。

ツヤのある明るめの単色アイシャドウを主役にすれば、気になるくすみなどもカモフラージュでき、目もとの印象がぐっと際立ちます。

アイライナーやマスカラなどが目立ちすぎることのないよう、“抜け感”のある瞳を目指しましょう。

①単色のアイシャドウを、ブラシや指でまぶた全体に広げる

3アイシャドウ

②ブラウンのアイライナーを細く引き、目尻側だけを綿棒などでぼかす

5アイライン

③アイラッシュカーラーでかるくまつ毛を上げ、マスカラを塗る

黒目 大きく アイライン3

ダマのない、長くセパレートしたまつ毛を目指しましょう。

◆30代のポイントメイク【チーク編】

30代の頬メイクでは、かわいらしさよりもナチュラルな血色感を演出したいものです。
チークを上手に活用して、上品なヘルシー肌をつくりましょう。

【チークを入れる位置】
黒目の下あたり(画像の部分)を起点にして、顔の外側に向かい、太めのブラシで軽くふんわりとのばします。
30代 チーク

※画像はわかりやすいように、濃いめに色を付けています。
実際は「ナチュラルすぎる」というくらいシアーに広げるのがポイントです。

◆30代のポイントメイク【リップ編】

30代の口もとには、リキッドルージュを活用するのがおすすめです。唇のかさつきや輪郭のぼやけをカバーしつつ、透明感を演出してくれますよ。

①チップを使い、唇の輪郭を取るようにして塗る

リキッドルージュ塗り方
口角から唇の中央部分に向かって付けていくと、輪郭がぶれにくくなります。

②全体的に塗った後、軽く唇の上下をこすり合わせる

あまり強くこすり過ぎると、唇の輪郭がぼやけてしまいます。
「軽く」唇を合わせる程度に、そっとこすり合わせるようにしましょう。

③最後に、唇の中央部分に少しルージュを重ねる

リキッドルージュ塗り方
唇の中央に立体感が出て、ふっくらと印象的な口もとを演出します。

4. 肌らぶ編集部おすすめ!30代のポイントメイクアイテム

肌らぶ編集部が選んだ、30代のポイントメイクにおすすめしたいアイテムをご紹介します。

4-1. 肌らぶ編集部おすすめ!30代メイクのアイブロウ

30代の眉は、アイブロウパウダーでやわらかく自然な仕上りを目指しましょう。

ふんわり眉を描きやすい、アイブロウブラシがセットになっているアイテムを選びました。

ミュゼル ノクターナル アイブロウパウダー
pola アイブロウパウダー

【肌らぶ編集部コメント】
細やかなパウダーがよく馴染み、ふんわりとやわらかい印象の眉を描けるアイブロウパウダーです。
明るさの違う3色のブラウンカラーを混ぜ合わせて使うことで、どんな髪色にもなじみやすく、立体感のある眉を演出します。
大小2つのサイズのアイブロウブラシがセットになっていて、ふわっと色をのせたい眉頭も、細く引き締めたい眉尻も簡単に描くことができます。
またコンパクトサイズなので、ポーチに入れてのもち運びにも便利!ふたの内側には鏡も付いていて、外出先でのメイク直しにも使いやすいでしょう。
ふんわりナチュラル眉を描くのにおすすめのアイテムです。

公式HPはこちら(オレンジ)

4-2. 肌らぶ編集部おすすめ!30代メイクのアイシャドウ

30代の目もとは、ツヤのある単色アイシャドウで、抜け感を演出しましょう。

明るめのベージュなど、肌になじみやすいカラーがおすすめです。

こちらではパールが含まれていて目元にツヤを与えるアイシャドウを選びました。

rms beautyアイポリッシュ(ルーナー)
rmsアイポリッシュルーナ―

【肌らぶ編集部コメント】
肌なじみがよく上品なシャンパンパールカラーのクリームアイシャドウです。
含まれているパールによって、目元に品のある光沢感を演出し、洗練された大人の女性のアイメイクに仕上げます。
「ホホバ種子油」などの保湿成分を配合。アイメイクをしながらうるおいを与え、乾燥やカサつきなどを防いでくれます。
指にとって直接まぶたにのばしていくので、難しいテクニックは必要無し。とんとんとそっとまぶたに重ねることで、自然になじませられるでしょう。
また『ルーナー』のカラー以外にも、肌なじみの良いブラウンカラーが揃えられています。その日の気分によって使い分けるのも楽しいですね。

公式HPはこちら(オレンジ)

4-3. 肌らぶ編集部おすすめ!30代メイクのチーク

30代の頬は、チークを上手に活用して、自然で健康的な表情を演出しましょう。

微細なパールが含まれたしっとりとした感触のチークは、ツヤ感があり上品に見えるのでおすすめです。

色は、肌に自然になじみやすいコーラル系やレッド系を選ぶと自然に仕上がります。
口紅の色と合わせると、より統一感のあるメイクに仕上がります。

こちらでは、パールが含まれていてツヤを与えるチークを選びました。

ミュゼル ノクターナル フェイスカラー 
ミュゼル ノクターナル フェイスカラー

【肌らぶ編集部コメント】
チークカラーとハイライトが、ひとつのコンパクトの中でセットになったフェイスカラーパレットです。
質感の異なる3色をブレンドして使うことで、肌に血色感と立体感を演出。
細やかなパールがナチュラルなツヤ感を与え、肌によくなじみ、華やかながらやさしげな顔立ちに見せてくれます。
汗や皮脂をはじくように加工されたパウダーによって、時間がたっても化粧崩れしにくいというのも、嬉しいポイントでしょう。
「コーラル」「ピンク」「ローズ」の、大人の女性にも使いやすい、上品なカラーバリエーションが揃っています。

公式HPはこちら(オレンジ)

4-4. 肌らぶ編集部おすすめ!30代メイクの口紅

30代の口もとには、リキッドルージュでナチュラルなツヤ感を与えましょう。

30代の方には、肌をきれいに見せてくれるレッド系のカラーがおすすめです。
また、チークと似た色味を選ぶと、よりきれいに仕上がります。

レッド系のカラーで、唇にツヤを与えるリキッドルージュを選びました。

資生堂マキアージュ エッセンスグラマラスルージュNEO 
マキアージュ エッセンスグラマラスルージュ NEORS554

【肌らぶ編集部コメント】
目立ちすぎない華やかなカラーで、かわいらしさと上品さをどちらも演出することができるリキッドルージュです。
美容液のようにとろりとしたルージュが、まるでリップマスクのように唇を包み込み、うるおいを与えてしっとりと密着。
ぷるんとしたみずみずしい立体感のある唇を演出します。
両面がカーブしたチップによって、きれいなリップラインも簡単に。
ツヤのある上品な仕上がりなので、ナチュラルさを重視したい30代のメイクにもぴったりです!
乾燥によるくすみやカサつきが気になる方にもおすすめです。

公式HPはこちら(オレンジ)

5. まとめ

毛穴 詰まり
30代の方におすすめしたいメイクの方法やおすすめのアイテムを、「ベースメイク編」「ポイントメイク編」に分けてお伝えしてきました。

30代の方のメイクは、“ナチュラルな抜け感”を意識した、引き算メイクで仕上げましょう!

今回お伝えしたメイク方法や肌らぶ編集部おすすめのアイテムを参考に、ぜひメイクをアップデートしてみてください。
きっとオトナの魅力あふれる、洗練された美人フェイスに近づけますよ!

この記事は2017年5月1日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

うるおいながらシミ・シワ・毛穴悩みをしっかりカバーする美容液ファンデーション
『薬用クリアエステヴェール』はこちら>>>


マキアレイベル バナー




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る