メニューを開く
提供:株式会社POLA

クレンジング全知識!タイプ別特徴と正しい使い方・選び方まとめ


Pocket
LINEで送る

クレンジング 女性

「何気なく使っているクレンジングだけど、どんな種類があるの?」「もっと自分に合ったクレンジングは?」「クレンジングはどう選ぶの?」と悩んでいませんか?

クレンジングは基本的に「メイクの濃さ」と「肌質」の両面から考えて選ぶことが望ましいのですが、値段や口コミ、何となく…で選んでいる方も多いのではないでしょうか?

アイシャドウや口紅などは実際に自分の肌にのせて試したり、色味を確認したり、丁寧に選ぶことがほとんどです。でもクレンジングを選ぶときにはさほど気にかけないのが現実なのかもしれません。
なので、今回は“知らないと損をする”クレンジング全7種類の特徴を始め、肌質ごとの選び方などもご紹介していきます。

特にお悩みではない方も《今、自分が使っているクレンジングが本当に自分に合っているの?》かを確認してみてはいかがでしょうか?

◆肌らぶ セレクション◆

モイスティシモ トライアル
モイスティシモ (2)
価格:3,200円(+税)
内容:約2週間分
・モイスティシモ クレンジングクリーム(メイク落とし)20g
・モイスティシモ ウォッシュ(洗顔料)20g
・モイスティシモ ローション(化粧水)20mL
・モイスティシモ ミルク(乳液)8mL
・モイスティシモ クリーム(クリーム)4g

モイスティシモシリーズには5つの商品がありますが(2016年5月現在)、そのすべてを約2週間試せるのが、この「モイスティシモ トライアルセット」です。

新しい化粧品を試すときは、しばらく使ってみないと肌に合うかわからないことも多いですよね。
モイスティシモのこのトライアルセットは、約2週間分というたっぷり容量なので、フルラインをじっくり試すことが出来ます。
モイスティシモ トライアル(ボタン)


1.クレンジングの大前提5カ条

クレンジングごとの特徴を知る前に、どの「クレンジング」にもあてはまる大前提を知っておきましょう。むずかしくはありません!

しっかりクレンジングの理解できていないと、どんなに自分に合ったクレンジングを選べても、クレンジングの必要性を引き出せないだけでなく、肌への負担にもなりかねません。

①メインのクレンジングはベースメイクに合わせる
まずはメイクを《落とす》ことが最優先です。
基本的に洗浄力と肌への負担は比例しているので、〈ベースメイクが濃い日〉と〈ベースメイクが薄い日〉でクレンジングを使い分けましょう!

②アイメイクとベースメイクは別だと考える
なかなか落ちない頑固なアイメイクを基準にクレンジングを選んでしまうのはNGです。
目元や口元などにメイクをしている場合は専用のポイントメイクリムーバーを使って落としましょう!

③落とす時、手のひらを使わない
手のひらでゴシゴシこすると自分で思っている以上に力が入っており、摩擦がかかります。
クレンジングは基本的に毎日のことなので、間違ったお手入れ方法で、ちょっとした摩擦を起こしてしまう場合があります。毎日積み重ねが、3年後・5年後・10年後の“シミ”や“しわ”などの原因をつくってしまうこともあるのです。特にポイントメイクリムーバーはコットンを使用し、優しくなでるように使用しましょう!

④30度前後のぬるま湯を使う
すすぐ時の水温は常温に近い状態がベストです!
熱いお湯でクレンジングを行うと、しっかりメイク汚れを落とせる気がしますが、必要な皮脂を落としてしまう傾向にあり、お肌の乾燥につながります。またお肌が乾燥した状態が続いてしまうと皮脂が過剰に分泌されてしまうこともあり、カサカサするのに脂っぽいなどということにもなりかねません。

また、冷たい水でのクレンジングは毛穴が引き締まるような気がしますが、クレンジングしてもメイク汚れが落ちにくくなり、洗い残しの汚れが、お肌の負担となることがあります。

⑤メイクは”その日のうち”に必ず落とす
メイクは必ず“その日のうち”に落としましょう!!
「今日くらいは平気」と思っていても、日中からメイク料がずっとお肌に乗った状態はお肌にとって理想的とは言えません。またメイク料には外気のホコリ、チリ、排気ガスなど、目に見えない汚れなども付着しますので、帰宅した時のお肌は〈たっぷりメイク汚れ〉となっている状態です。どんなにつらくても、面倒でも、帰宅したらすぐにクレンジングで〈たっぷりメイク汚れ〉を落としましょう!そして、ゆっくりおやすみください!

2.クレンジング全7種類の特徴とメリット・デメリット

クレンジングには、

①オイル
②リキッド
③ジェル
④クリーム
⑤ミルク
⑥シート
⑦アイメイクリムーバー
の7種類あり、それぞれクレンジングに配合されている「成分」や「テクスチャー」、「肌への負担度合い」が異なり、以下のように洗浄力のあるクレンジングほど、肌への負担が大きくなると言えます。

洗浄力・肌への刺激順番

また【1.クレンジングの大前提5カ条】でもご紹介した通り、クレンジング選びの基本は「ベースメイクの濃さ」に合わせる事は忘れないようにしてください。
次に「メイクの濃さ」と「クレンジングタイプ」を載せておきますのでチェックしてみてください!

メイクの濃さとオススメクレンジングタイプ

2-1.クレンジングオイル

クレンジングオイル

クレンジングオイルの正しい使い方やクレンジングオイルについて詳しく知りたい方は次の記事を読んで参考にしてください!
「意外と知らない!?クレンジングオイルの正しい使い方と活用法」をご覧ください。
「クレンジングオイルは乳化をするかどうかで変わる!」をご覧ください。

2-2.リキッドクレンジング

リキッドクレンジング

リキッドクレンジングの正しい使用方法やリキッドクレンジングについて詳しく知りたい方は次の記事を読んで参考にしてください!
「しっかりメイク×ニキビ・マツエクならリキッドクレンジング!」

2-3.クレンジングジェル

水

クレンジングジェルの正しい使用法やクレンジングジェルについて知りたい方は次の記事を読んで参考にしてください!
「ここを間違えるとメイクは落ちない!クレンジングジェルの選び方と使い方」

2-4.クレンジングクリーム

クレンジングクリーム

クレンジングクリームの正しい使用方法やクレンジングクリームついて詳しく知りたい方は次の記事を読んで参考にしてください!
「こちら」をご覧ください

2-5.クレンジングミルク

ミルククラウン

クレンジングミルクの正しい使用方法やクレンジングミルクについて詳しく知りたい方は次の記事を読んで参考にしてください!
「こちら」をご覧ください。

2-6.クレンジングシート

メイク落とし

クレンジングシートの正しい使用方法やクレンジングシートについて詳しく知りたい方は次の記事を読んで参考にしてください!
「こちら」をご覧ください。

2-7.アイメイクリムーバー

ポイントメイク落とし

アイメイクリムーバーの正しい使用方法やアイメイクリムーバーについて詳しく知りたい方は次の記事を読んで参考にしてください!
「こちら」をご覧ください!

3.肌質別クレンジングの選び方

一般的に分類されている肌質には

①乾燥肌
②オイリー肌(脂性肌)
③敏感肌
※さらに細かく分けると「普通肌」「混合肌」となります。

主に3種類があり、それぞれの肌の違いは「水分量」と「油分量」です。

また、それとは別に「まつ毛エクステ」をしている人はオイルクレンジングを使用すると、まつ毛エクステが取れてしまうことがあるので、クレンジング選びにお困りの方が多いのではないでしょうか?
ここでは、通常の肌質別だけでなく、まつ毛エクステをしている人のための選び方も合わせてご紹介していきます。

3-1.乾燥肌

乾燥肌タイプ向け・正しいクレンジングの使用方法や絶対NGなどをご紹介していますので読んで参考にしてください!
「こちら」をご覧ください。

3-2.オイリー肌

オイリー肌の人は基本的にはどのタイプのクレンジングでも合いやすいと言えます。

オイリー肌の場合、皮脂が多いからといって、クレンジングオイルを選びがちかもしれませんが、皮脂は”洗う”時に落としていくのでクレンジングの段階では、メイクが落ちるかどうかだけで判断するのが正しい選び方の基準となります。

目安としては「1分以内に自分のメイクがゴシゴシ擦らずに落とせる」ようであれば自分に合っているクレンジングと判断できます。

オイリー肌 クレンジング目安

3-3.敏感肌

敏感肌タイプ向け・正しいクレンジングの使用方法や絶対NGなどを紹介していますので、次の記事を読んで参考にしてください!
「こちら」をご覧ください。

3-4.まつ毛エクステを付けている

まつ毛エクステの人のための正しいクレンジング方法、絶対NGなどを紹介していますので、次の記事を読んで参考にしてください!
「こちら」をご覧ください。

4.まとめ

いかがでしたか?

クレンジングの基本はまず“落とす”ことです。
クレンジングをきちんと使用し、“落とす”ことでその後、使う化粧水や美容液などが肌に馴染みやすくし、お肌にとって足りないものを補ってあげることができます。

自分に合ったクレンジングを選び、正しく使うことから始めてみてはいかがでしょうか?
なお、お肌にかゆみや赤みなどが出た場合はすぐに水で洗い流してください。おさまらない場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

※この記事は2016年5月7日時点での情報になります。
※個人差がございますのでご理解、ご了承くださいませ。


肌らぶ編集部セレクション商品






Pocket
LINEで送る